スナップショットの選択

仮想マシンの構成ウィザードの [スナップショットの選択] 手順で、使用する XenServer 仮想マシンのスナップショットを選択します。

スナップショット — Install Captureのベーススナップショットとして使用する仮想マシンのスナップショットを選択します。必要に応じて、このウィザードの使用中に仮想マシンを変更できます。このウィザードの後の手順では、仮想マシンに加えた変更が保存されるように、新しいスナップショットを作成するオプションが提供されます。この新しいスナップショットは、Install Capture中に仮想マシンの基本状態としてここで選択したスナップショットを置き換えます。

Create — 仮想マシンにスナップショットがない場合は、このボタンをクリックして、仮想マシンの現在の状態に基づいてスナップショットを作成します。

[ 仮想マシンコンソールを表示しない ] — このウィザードの使用中に仮想マシンを変更できるように、コンソールに仮想マシンを表示する場合は、このチェックボックスをオフにします(デフォルト)。ウィザードで仮想マシンをコンソールに表示しない場合は、このチェックボックスをオンにします。

[Test ]:クリックすると、AppDNAが仮想マシンを制御できることを確認します。正常に終了すると、仮想マシンは選択したスナップショットに戻され、仮想マシンが起動され、選択したオプションに応じてコンソールに表示されます。このボタンをクリックしない場合、ウィザードは、[次へ] をクリックしたときにこれらの手順を実行します。

XenServer仮想マシンコンソール

コンソールに仮想マシンが表示されます。コンソールウィンドウの上部にあるオプションを次のように使用します。

  • Fit to window — 仮想マシンをコンソールウィンドウに合わせるには、このチェックボックスをオンにします。
  • Always on top :開いている他のすべてのウィンドウの上にコンソールウィンドウを保持するには、このチェックボックス (デフォルト) を選択します。他のウィンドウをコンソールウィンドウの前に表示する場合は、このチェックボックスをオフにします。これは、画面が小さい場合に便利です。
  • Ctrl-Alt-Delete — クリックすると、Ctrl+Alt+Delete キーの組み合わせが仮想マシンに送信されます(このキーの組み合わせを仮想マシンに送信する他の方法はありません)。
  • 再接続 — 再起動後に仮想マシンに再接続するときにクリックします。

スナップショットの選択