vSphere

このトピックでは、Windows XPからWindows 7への移行時に、Install Captureで使用するVMware vSphere仮想マシンを(AppDNAが実行されているマシンとともに)セットアップする方法の例を示します。この例は、可能な方法の 1 つを示しています。一般的なセットアップ要件については、仮想マシンをセットアップするを参照してください。

前提条件

  • VMware vSphereは、AppDNAが実行されているマシンとは別のマシンにすでにインストールされ、構成されています。
  • Windows XP のクリーンビルドを持つ vSphere 仮想マシンは、Install Captureで使用するために既に存在します。vSphere 仮想マシンの作成の詳細については、VMware vSphere のドキュメントを参照してください。
  • 仮想マシンは、AppDNAを実行しているマシン(AppDNAマシン)と同じドメインに接続されています。
  • vSphere ホストサーバの IP アドレスまたは DNS 名がわかっていて、vSphere に接続して高度な仮想マシン操作を実行できるアカウントのユーザー名とパスワードがわかっていること。少なくとも、ユーザーアカウントには、仮想マシンのパワーオンとオフ、仮想マシンのリセットとサスペンド、およびスナップショットの作成と復帰を行う権限が必要です。
  • ゲスト OS の管理ユーザーアカウントのユーザー名とパスワードがあります。

この例では、仮想マシンがAppDNAマシン上の共有フォルダーにアクセスできるように、AppDNAマシン上のWindowsへのログオンに使用するドメインユーザーアカウントと同じドメインユーザーアカウントを使用して仮想マシンを自動的にログオンするように構成します。(これは、以下のドメインユーザーアカウントと呼ばれます)。

注:次の手順では、VMware vSphere クライアントでの仮想マシンのセットアップについて説明します。これにアクセスできない場合は、vSphere 管理者に仮想マシンに VMware Tools をインストールし、リモートデスクトップ接続を許可するように構成するように依頼する必要があります。AppDNA仮想マシン構成ウィザードでは、コンソールで仮想マシンを開くと、他のすべてのセットアップ手順を実行できます。

VMware vSphere クライアントで仮想マシンを開く

このセクションでは、仮想マシンをセットアップできるように、VMware vSphere Client のコンソールで仮想マシンにログオンする手順を説明します。

VMware vSphere クライアントのコンソールで仮想マシンを開くには、以下の手順を実行します。

  1. Windows の [スタート] メニューで、[すべてのプログラム] > [VMware] > [VMware vSphere クライアント] を選択します。プロンプトが表示されたら、接続の詳細を入力します。
  2. 左側のペインのツリーで、指定した仮想マシンを見つけます。
  3. 仮想マシンを右クリックし、ショートカットメニューから [コンソールを開く] を選択します。
  4. 必要に応じて、緑色の矢印ボタンをクリックして仮想マシンをパワーオンし、プロンプトが表示されたらログオンします。

これで、以下で説明する仮想マシンのセットアップタスクを実行する準備が整いました。

仮想マシンへの VMware ツールのインストール

Install Captureに vSphere 仮想マシンを使用するには、VMware Tools がインストールされている必要があります。VMware vSphere Client へのアクセス権がない場合は、vSphere 管理者にこのステップを実行するように依頼できます。

  1. VMware vSphere クライアントで仮想マシンにログオンします。
  2. VMware vSphere Client のメニューから、[インベントリ] > [仮想マシン] > [ゲスト] > [VMware Tools のインストール/アップグレード] を選択します。
  3. [VMware Tools のインストール] ダイアログボックスで、[OK] をクリックします。これにより、VMware Tools インストーラが起動します。
  4. VMware Tools をインストールし、[セットアップタイプ] ステップで [標準] または [完全] オプションを選択します。
  5. インストールが完了したら、仮想マシンを再起動します。

リモートデスクトップ接続を許可するように VM を構成する

Install Captureに vSphere 仮想マシンを使用するには、リモートデスクトップ接続を許可するように仮想マシンを構成する必要があります。VMware vSphere Client へのアクセス権がない場合は、vSphere 管理者にこのステップを実行するように依頼できます。

  1. VMware vSphere クライアントで仮想マシンにログオンします。
  2. [コントロールパネル] > [システム] を開きます。(必要に応じて、まずクラシック表示に切り替えます)。
  3. [システムのプロパティ] ダイアログボックスで、[リモート] タブをクリックします。
  4. [リモートデスクトップ] で、[このコンピューターへのリモート接続を許可する] チェックボックスをオンにします。
  5. [OK] をクリックして変更を保存します。

AppDNAマシンに共有フォルダーを作成する

以下の手順では、AppDNAマシン上にフォルダーを作成し、仮想マシンがそのフォルダーを読み書きできるように共有する方法について説明します。

  1. Install Captureの出力を保存するフォルダー(C:\AppDNAOutputなど)をAppDNAマシン上に作成します。
  2. フォルダを共有し、すべてのユーザーに読み取りと書き込みのアクセス許可を与えます。たとえば、次のようになります。
    1. エクスプローラーを開き、共有するフォルダーを見つけます。
    2. フォルダを右クリックし、ショートカットメニューから「共有」>「高度な共有」を選択します。
    3. [高度な共有] をクリックし、[高度な共有] ダイアログボックスで、[このフォルダを共有する] チェックボックスをオンにします。
    4. [アクセス許可] をクリックします。
    5. [アクセス許可] ダイアログボックスで [Everyone] をクリックし、[フルコントロール]、[変更]、[読み取り] で [許可] チェックボックスをオンにします。
    6. [OK] を 2 回クリックします。

注:仮想マシンは、入力ファイルの場所にもアクセスする必要があります。組織内にデプロイされたアプリケーションを含む既存の共有フォルダーを使用するには、仮想マシン内からアクセス可能であることを確認します。それ以外の場合は、これらの入力ファイルを出力と同じフォルダに保存するか、入力ファイル用に別の共有フォルダを作成できます。すべての場合において、仮想マシンは入力ファイルへの読み取りアクセス権を持っている必要があります。

VM の管理者としてドメインユーザーアカウントを追加する

注:ドメインユーザーアカウントが仮想マシンの管理ユーザーとして既にセットアップされている場合は、この手順を実行する必要はありません。

  1. 管理ユーザーアカウントを使用して、VMware vSphere Client の仮想マシンにログオンします。
  2. [コントロールパネル] > [管理ツール] > [コンピュータの管理] を開きます。(必要に応じて、まずクラシック表示に切り替えます)。
  3. 左側のペインのツリーで、[システムツール] > [ローカルユーザーとグループ] > [グループ] をクリックします。
  4. 右側のウィンドウで、[管理者] をダブルクリックします。
  5. [管理者のプロパティ] ダイアログボックスで、[追加] をクリックします。
  6. [ユーザー、コンピューター、またはグループの選択] ダイアログボックスで、[選択するオブジェクト名を入力してください] ボックスにドメイン修飾ユーザー名を入力します (たとえば、DomainUser)。
  7. [OK] をクリックして、[ユーザー、コンピュータ、またはグループの選択] ダイアログボックスを閉じます。
  8. [OK] をクリックして、[管理者のプロパティ] ダイアログボックスを閉じます。

仮想マシンを自動ログオン用に構成する

これは、Install Captureを高速化するオプションの手順です。この手順を実行しない場合は、仮想マシンが起動するたびに、ドメインユーザーアカウントを使用して仮想マシンに手動でログオンする必要があります。

仮想マシンで、http://support.microsoft.com/kb/315231の手順に従って、ドメインユーザー名で自動ログオンを設定します。

AppDNAと仮想マシンの簡易ファイル共有を無効にする

AppDNAマシンと仮想マシンの両方で以下の手順を実行します。

  1. Windows エクスプローラで、メニューから [ツール] > [フォルダオプション] を選択します。(Windows 8.1 では、エクスプローラの [整理] メニューから [フォルダと検索オプション] を選択します)。
  2. [フォルダオプション] ダイアログボックスで、[表示] タブをクリックします。
  3. [簡易ファイル共有を使用する (推奨)] チェックボックスをオフにします。(Windows 8.1 の場合は、[共有ウィザードを使用する (推奨)] チェックボックスをオフにします)。
  4. [ OK] をクリックします。

AppDNAマシンでのウイルス対策構成

Install Captureの出力フォルダと入力フォルダのオンアクセススキャンを無効にするには、AppDNAマシンでウイルス対策ソフトウェアを構成する必要があります。たとえば、Norton Anti-Virusの場合、AppDNAの出力フォルダと入力フォルダの自動保護オプションを無効にします。

共有フォルダへのアクセスを確認する

ここで、AppDNAマシン上で以前に作成した共有フォルダーに仮想マシンがアクセスできることを確認する必要があります。

仮想マシンで、Windows の [スタート] > [ファイル名を指定して実行] プロンプトに次のように入力します。

\\<AppDNA machine name>\AppDNAOutput

ここで <AppDNA machine name>、はAppDNAマシンの名前です。

これにより、AppDNAマシン上の共有フォルダが開くと、仮想マシンがその共有フォルダにアクセスできるかどうかが検証されます。トラブルシューティングのヒントについては、仮想マシンからの共有フォルダへのアクセスのトラブルシューティングを参照してください。

仮想マシンへのAppDNA VM構成MSIのインストール

これを行うには、インストーラー(Citrix AppDNA VM Configuration.msiと呼ばれる)が必要です。これにはAppDNAが付属しています。AppDNAをインストールすると、AppDNAインストールフォルダーのToolsサブフォルダーにコピーされます。デフォルトの場所は、C:\Program Files\Citrix\AppDNA\Tools(64ビットマシンでは C:\Program Files (x86)\Citrix\AppDNA\Tools)です。

  1. デフォルトのファイルの場所を受け入れ、仮想マシン内にCitrix AppDNA VM構成MSIをインストールします。
  2. 仮想マシンを再起動します。

重要:AppDNA VM構成MSIのバージョン番号が、使用しているAppDNAのバージョンと同じであることを確認してください。つまり、AppDNAをアップグレードするときに、仮想マシンの仮想マシン構成をアップグレードする必要があります。

仮想マシンのスナップショットの作成

  1. VMware vSphere クライアントで仮想マシンにログオンします。
  2. VMware vSphere Client のメニューから、[インベントリ] > [仮想マシン] > [スナップショット] > [スナップショットの作成] を選択します。
  3. [仮想マシンスナップショットの作成] ダイアログボックスで、スナップショットの名前と説明を入力し、[仮想マシンのメモリのスナップショットの作成] チェックボックスをオンにします。
  4. [ OK] をクリックします。

これで、AppDNA仮想マシン構成ウィザードを使用して、Install Captureで使用する仮想マシン構成をセットアップする準備が整いました。手順については、vSphere仮想マシンの構成を参照してください。