VMware ワークステーション VM の構成

このトピックでは、仮想マシン構成ウィザードを使用して VMware Workstation 仮想マシンの仮想マシン構成をセットアップする手順の例を示します。この例では、で説明されているように、仮想マシンとホストマシンがすでにセットアップされていることを前提としていますInstall Capture用の VMware ワークステーション VM のセットアップ

  1. AppDNAを起動します。

  2. メニューから、編集/設定を選択します。

  3. [設定] ダイアログボックスの左側で、[Install Capture] をクリックします。

  4. [仮想マシン] タブで、[新規] をクリックし、[次へ] をクリックします。

  5. [仮想マシンの構成の詳細ステップ] で、仮想マシン構成の名前と説明を入力し、[VMware Workstation] を選択します。

  6. VMware Workstation 仮想マシンステップで、仮想マシンの VMX ファイルへのパスを指定します。

  7. 仮想マシンのスナップショットステップで、仮想マシンのセットアップ時に作成したスナップショットを選択し、[次へ] をクリックします。仮想マシンがコンソール内で開かれ、ウィザードによって一連のチェックが実行されます。

  8. [仮想マシンの接続] ステップで、仮想マシンの IP アドレスを入力します。通常、リモート管理 TCP ポートを変更する必要はありません。

  9. 「出力場所のキャプチャ」ステップで、「結果をネットワーク共有にコピー(高速)」を選択し、AppDNAマシンで作成した出力フォルダーを指定します。必ずUNCパスを使用し、クライアントまたはサーバーマシンをホスト名またはIPアドレスで識別します(例:AppDNAMachineAppDNAOutputなど)。

  10. 仮想マシンの状態ステップで、[パワーオフしてスナップショットを撮る (推奨)] を選択し、[次へ] をクリックし、[完了] をクリックします。

    [設定]ダイアログ・ボックスの[Install Capture]ページには、仮想マシンの構成が表示されます。

  11. [保存] をクリックします。

仮想マシンの構成は、[アプリケーションのインポート] 画面の [Install Capture] タブの仮想マシン構成のリストに表示されます。

VMware ワークステーション VM の構成