AppDNA

是正アクションを追加する

各アルゴリズムには是正アクションが関連付けられています。このアクションは、アルゴリズムが特定する問題を修正するために必要な是正のタイプを定義します。アルゴリズムに関連付けられているアクションは、[アルゴリズムグループ] 画面で変更できます。ただし、指定されたデフォルトのアクションとアクションの詳細がプロジェクトの正確なニーズを満たしていない場合は、カスタム是正アクションを作成できることがあります。

  1. AppDNAメニューから、「構成」>「モジュール」>「モジュール」>「レポート」を選択します。「モジュールとレポート」はレポートを識別します。

  2. [アルゴリズムグループ] 画面で、ツールバーの [リスト表示に変更] をクリックします。

  3. 新しいアクションを追加するアルゴリズムを見つけ、[アクション] 列の下矢印をクリックします。

    アクションの追加ステップ 1

  4. ドロップダウンボックスで、[アクション] 列ヘッダーの右側にある [+] ボタンをクリックします。

  5. [アルゴリズムへのアクションの割り当て] ダイアログボックスで、[アクション名] の右側にある青い [+] ボタンをクリックします。

  6. [Add Action] ダイアログボックスで、新しいアクションの名前と説明を入力し、アクションの作業の複雑さ、およびアクション RAG を設定します。

    名前は、次の規則に従わなければなりません。

    • 最初の文字はラテン文字 (a ~ z、A ~ Z) である必要があります。
    • 後続の文字には、ラテン文字または数字 (0 ~ 9 の数字) を使用できます。
    • 名前は SQL Server の予約語であってはなりません。これらの完全なリストについては、「http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa238507(SQL.80).aspx」を参照してください。
    • 名前には、最大 40 文字までのスペースを使用できます。
  7. [OK] をクリックして、[アクションの追加] ダイアログボックスを閉じます。

  8. 新しいアクションを使用するには、アクションの詳細を少なくとも 1 つ作成する必要があります。[アルゴリズムへのアクションの割り当て] ダイアログボックスで、[アクションの詳細] の右側にある青い + 記号をクリックします。

  9. [アクションの詳細の追加] ダイアログボックスで、詳細を入力し、[OK] をクリックします。

    名前は、上記と同じ規則に従う必要があります。

  10. [アルゴリズムへのアクションの割り当て] ダイアログボックスのツリービューで、新しいアクションを関連付けるモジュール、レポート、およびアルゴリズムの横にあるチェックボックスをオンにします。

  11. [OK] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

  12. ツールバーの [保存] をクリックします。

是正アクションを追加する