AppDNA

Windows デスクトップレポートのアルゴリズムを構成する

モジュールの構成ウィザードは、選択内容に基づいて、Windows 8/8.1 および 7 レポートのアルゴリズムの基本構成を自動的に実行します。このトピックでは、考慮する必要があるオプションの詳細設定について説明します。

質問だ 回答が「はい」の場合の推奨構成
IPv6はお客様の環境に導入されていますか。 W8_NET_002またはW7_NET_002アルゴリズムのカスタムRAG状態を赤に、デフォルトのアクションを「再開発が必要」に設定します。
ヘルプはアプリケーションの重要な部分であると考えていますか? W8_DEP_009またはW7_DEP_009アルゴリズムのカスタムRAGステータスを黄色に設定し、デフォルトのアクションとアクションの詳細の組み合わせを「OSの変更:この前提条件をインストールする」に設定します。
64 ビットエディションの Windows デスクトップに展開する予定はありますか。 W8_DRV_001またはW7_DRV_001アルゴリズムのカスタムRAGステータスを黄色に設定し、デフォルトのアクションを目的の修復アプローチを反映するように変更します。
署名されていないドライバを許可しないグループポリシーがありますか。 W8_DRV_001またはW7_DRV_001アルゴリズムのカスタムRAGステータスを黄色に設定し、デフォルトのアクションを目的の修復アプローチを反映するように変更します。
環境はロックダウンされていますか。 W8_BP_001またはW7_BP_001およびW8_BP_003アルゴリズムまたはW7_BP_003アルゴリズムのカスタムRAGステータスを黄色に設定し、デフォルトのアクションを目的の是正アプローチを反映するように変更します。
ファイアウォールはTCP/IPトラフィックをブロックしていますか? W8_WSK_00 または W7_WSK_00 アルゴリズムのカスタムRAGステータスを黄色に設定し、デフォルトのアクションを目的の修復アプローチを反映するように変更します。
マップされたドライブやUNCパスの変更など、環境の変更を計画していますか。 「ハードコードされたパス」アルゴリズムグループのすべてのアルゴリズムを構成して、カスタムRAGステータスが黄色になり、デフォルトのアクションが目的の修復アプローチを反映するようにします。
通常、Microsoft System Center Configuration Managerなどのツールを使用して、システムごとにアプリケーションを展開しますか。 「Deployment Issues」アルゴリズムグループのすべてのアルゴリズムを構成して、カスタムRAGステータスが黄色になり、デフォルトのアクションが目的の修復アプローチを反映するようにします。
全英語環境で作業しているが、「グローバリゼーションの問題」グループのアルゴリズムによって検出されたベストプラクティスの問題のいくつかに興味がありますか? 「グローバリゼーションの問題」グループのアルゴリズムを構成して、カスタムRAGステータスが黄色になり、デフォルトのアクションが目的の修復アプローチを反映するようにすることを検討してください。
アプリケーションが古いバージョンの Office に依存している場合に警告を表示しますか。 カスタムRAGステータスが黄色で、デフォルトのアクションが目的の修復アプローチを反映するように、「Office dependencies」グループのアルゴリズムを構成することを検討してください。

アルゴリズムを設定する方法については、アルゴリズムグループの構成およびアルゴリズムの構成を参照してください。

Windows デスクトップレポートのアルゴリズムを構成する