AppDNA

アルゴリズムグループの構成

[Algorithm Groups] 画面を使用して、AppDNAレポートを構成するアルゴリズムグループとアルゴリズムの表示、アルゴリズムのバージョン履歴の表示、アルゴリズムとアルゴリズムグループのオン/オフの切り替え、カスタムRAGの設定、特定のアルゴリズムの修復アクションの変更、新しい修復アクションの追加を行うことができます。

アルゴリズムグループ画面には、リストビューと詳細ビューの2つのビューがあります。ツールバーのオプションを使用して、2 つのビューを切り替えることができます。リストビューには、内部にネストされたアルゴリズムを含むアルゴリズムグループがリストされます。アルゴリズムの表示と非表示を切り替えるには、ツールバーの [展開] [折りたたみ] をクリックします。アルゴリズムが非表示になっている場合は、グループ名の左にある [+] をクリックすると、特定のグループ内のアルゴリズムを表示できます。

この画面で変更を行った後、変更を保存するには、ツールバーの [保存] をクリックする必要があります。[Export] をクリックして、現在のレポートのすべてのアルゴリズムとアルゴリズムグループと、カスタム RAG に対して行ったカスタマイズの XML 表現をダウンロードします。これは、他のAppDNAインストールにレポートテンプレートを提供する場合に便利です。[インポート] をクリックして、以前にエクスポートしたテンプレートを読み込みます。

注意:アルゴリズムまたはアルゴリズムグループをオンまたはオフにした後、変更がレポートに反映されるように、アプリケーションを再分析する必要があります。カスタムRAGを変更するか、アクションをカスタマイズするだけの場合は、再解析は必要ありません。

「アルゴリズムグループ」画面を開くには、次の手順に従います。

次のいずれかを実行します。

  1. AppDNAメニューから、「構成」>「モジュール」>「管理」を選択します。
  2. [モジュール管理] 画面で、アルゴリズムを表示またはカスタマイズするレポートを探し、レポートのロゴの下にある [View Module] ボタンをクリックします。

または:

  • AppDNAメニューから「構成」>「モジュール」>「モジュール」>「レポート名」を選択します。ここで、「モジュールとレポート名」は、アルゴリズムを表示またはカスタマイズするレポートを識別します。

カスタムRAG

各アルゴリズムにはカスタムRAGがあります。最初は、アルゴリズムに組み込まれている標準RAGと同じです。ただし、組織の特定のニーズに応じて、オレンジのステータスを赤にしたり、緑に下げたりする場合があります。これを行うには、[カスタム RAG] 列のドロップダウンリストを使用します。

「是正」

アクション

AppDNAには、アルゴリズムごとにデフォルトの修復アクションがあります。ただし、この操作は、[アクション] 列のドロップダウンリストを使用して変更できます。各アクションには次のものがあります。

  • アクションの詳細。より多くの修復情報を提供します。
  • 労力の複雑さインジケータ。修復の実行がどれほど難しいかを示します。指定できる値は、[簡単]、[中]、[ハード] です。
  • アクションRAGは、是正アクションの実装後にアプリケーションのRAGステータスを示します。

たとえば、赤いカスタムRAGを持つアルゴリズムを考えてみましょう。修復アクションで特定された問題を簡単に修正できる場合、そのアクションRAGは緑色になります。ただし、アプリケーションを再開発するか、例外と見なすだけの修復オプションである場合は、アクションRAGは赤色になります。したがって、アクションRAGを使用すると、中~低レベルの労力で社内で固定できるアプリケーションや、より複雑な開発や交換が必要なアプリケーションを迅速に特定できます。

前述のように、各アクションには 1 つ以上のアクションの詳細が定義されています。「アクションの詳細」列のドロップダウンリストを使用して、是正アクションを絞り込むことができます。ドロップダウンリストの [Sug] 列でグレーのチェックマークが付いているため、アルゴリズムによって特定された問題に対して推奨されるアクションの詳細を確認できます。この操作は、別のアクションの詳細を選択しても変更されません。

指定されたデフォルトのアクションとアクションの詳細がプロジェクトの正確なニーズを満たしていない場合は、カスタム是正アクションを作成できます。詳しくは、是正アクションを追加するを参照してください。

アクションのカスタマイズが完了したら、ツールバーの [保存] をクリックして変更を保存します。

Windows 7アルゴリズムOBS7_MISSING_001は、ターゲットOSイメージまたはポートフォリオ内の他のアプリケーションによって提供されていないファイルに依存するアプリケーションを識別します。その結果、Windows 7でアプリケーションが失敗したり、正しく動作しないことがあります。

環境内で必要なものに応じて、この問題に対処するための解決策がいくつかあります。このアルゴリズムの標準RAGは黄色で、デフォルトのアクションでは、不足しているファイルをアプリケーションにパッケージ化します。アクションRAGは緑色で、アクションの実行後に問題が解決される可能性が高いことを示します。ただし、OSビルドに不足しているファイルをインストールするか、App-Vを使用してアプリケーションとともにファイルを展開することで、この問題を解決することもできます。これらの方法のいずれかを使用したい場合は、それに応じてデフォルトのアクションを変更することができます。これらのアクションのいずれも適切ではないと感じて、実際にアプリケーションを再開発または置き換える必要があると思われる場合は、アクションを「再開発が必要」に変更し、カスタムRAGを赤に変更できます。「再開発が必要」には、複雑な開発および/または交換が必要であることを示す赤いアクションRAGがあります。次の表に、これらのアクションとそのアクションの詳細とアクションRAGおよび推奨されるカスタムRAG設定を示します。

アクション アクションの詳細 カスタムRAG アクションRAG
パッケージ 不足しているリソースを提供する 琥珀色
OSの変更 再頒布可能ファイルをOSに追加 琥珀色
アプリケーションの仮想化 App-V などの仮想化テクノロジを使用してアプリケーションを展開する 琥珀色
再開発が必要 この問題を解決するには、アプリケーションを再開発する必要があります。

詳細については、アルゴリズムの構成を参照してください

アルゴリズムグループの構成