AppDNA

標準の修復アクション

標準アクション

次の表に、AppDNAに組み込まれている標準の修復アクションの一覧を示します。各アクションには、1 つ以上のアクションの詳細が関連付けられています。「是正アクションの追加」で説明されているように、アルゴリズムに関連付けられたアクションとアクションの詳細を変更できます。また、独自のカスタムアクションとアクションの詳細を追加することもできます。

アクション 努力 アクションRAG 説明
追加のテストが必要 ハード 琥珀色 追加のテストが必要です
追加のXenAppテストが必要 ミディアム 追加のXenAppテストが必要
アプリケーションの仮想化 落ち着け アプリケーション仮想化テクノロジを使用して展開します。
App-V 5.0 落ち着け APP-V 5.0を使用する
App-V 管理コンソールの変更 落ち着け App-v管理コンソールで変更が必要です。
[自動] 落ち着け 自動修正を使用する
GPO の変更 落ち着け グループポリシーの変更
ハードウェアの変更 ハード ハードウェアの変更
OSの変更 ミディアム オペレーティングシステムのビルドを変更する
ソフトウェアの変更 ミディアム 琥珀色 ソフトウェアの変更
デスクトップ仮想化 落ち着け デスクトップ仮想化テクノロジを使用した導入
OSDファイルの編集 落ち着け OSDファイルの編集が必要です
例外です ハード 修復は不可能(アプリケーションの再開発または廃止が必要な場合があります)
Firefox 社内で再開発が必要 ミディアム この問題を解決するには、Web アプリケーションを再開発する必要があります。
Firefox の再開発が必要です ハード この問題を解決するには、Web アプリケーションを再開発する必要があります。
Firefox の修正機能 落ち着け Web ページを期待どおりに動作させるには、Firefox の修正が必要です。
IE インフラストラクチャの変更 ミディアム 琥珀色 環境インフラストラクチャの変更が必要
IE社内での再開発が必要 ミディアム この問題を解決するには、Webアプリケーションを再開発する必要があります。
IE の再開発が必要 ハード アプリケーションを再開発する必要があります
IE の修復 落ち着け Web ページを期待どおりに動作させるための修復
修復は不要 落ち着け 修復は不要です。
再開発が必要 ハード 問題を修復するには、アプリケーションを再開発する必要があります。
再梱包します 落ち着け 問題を修復するには、アプリケーションを再パッケージ化するか、MSI を編集する必要があります。
シーケンス 落ち着け 順序付けの手順に従う必要があります
シーケンス ハード 順序付けの手順に従う必要があります
高度なシーケンス ミディアム 高度なシーケンシング手順に従う必要があります
シム ミディアム 問題を修復するために、アプリケーションにシムが適用されます。
未定義 未定義 未定義 修復のためのアクションが定義されていません
仮想化例外 ハード 修復できない可能性があります
Secure Web 社内の再開発が必要 ミディアム この問題を解決するには、Webアプリケーションを再開発する必要があります。
Secure Web の再開発が必要 ミディアム この問題を解決するには、Webアプリケーションを再開発する必要があります。
Secure Web 修復 落ち着け Web ページを期待どおりに動作させるには、Secure Web 修復が必要です。
XenApp 落ち着け XenAppの手順に従う必要があります

標準アクションの詳細

このセクションでは、各標準アクションで使用できるアクションの詳細をリストします。

追加のテストが必要

アクションの詳細 説明
アプリケーションには機能テストが必要 アプリケーションには機能テストが必要
アプリケーションのセキュリティリスクの評価 アプリケーションのセキュリティリスクの評価
ドライバ互換性テストが必要です ドライバ互換性テストが必要です
ドライバコンポーネントにはさらにテストが必要 ドライバコンポーネントにはさらにテストが必要
アプリケーションの発行元が信頼できることを確認する アプリケーションの発行元が信頼できることを確認する

追加のXenAppテストが必要

アクションの詳細 説明
追加のテストが必要な場合があります。 追加のテストが必要な場合があります。

アプリケーションの仮想化

アクションの詳細 説明
App-V などのアプリケーション仮想化テクノロジを使用してアプリケーションを展開する App-V などのアプリケーション仮想化テクノロジを使用してアプリケーションを展開する

App-V 5.0

アクションの詳細 説明
Office 2010 のシーケンシングに関するMicrosoftの規範的なガイダンス Office 2010 アプリケーションの順序付けに関するMicrosoftの規範的なガイダンスに従います。
APP-V 5.0を使用する APP-V 5.0を使用する

App-v 管理コンソールの変更

アクションの詳細 説明
グローバルFTAの作成 グローバルFTAの作成
FTAプロバイダにする1つのアプリケーションを選択し、他のアプリケーションの動詞を変更してください FTAプロバイダにする1つのアプリケーションを選択し、他のアプリケーションの動詞を変更してください

[自動]

アクションの詳細 説明
AppDNAによって提供される自動修正を使用する アプリケーションには、AppDNAによって提供される自動修正が必要です。

GPO の変更

アクションの詳細 説明
対応するグループポリシーの変更 対応するグループポリシーの変更

ハードウェアの変更

アクションの詳細 説明
基盤となるハードウェアの交換 基盤となるハードウェアの交換

OSの変更

アクションの詳細 説明
証明書の信頼済みリストの追加 証明書の信頼済みリストの追加
サポートされていないコンポーネントを OS に追加する サポートされていないコンポーネントを OS に追加する
再配布可能ファイルをOSに追加 OSビルドにはこの依存関係が含まれている必要があります。再配布可能な
ビルドのレジストリキーを変更する ビルドのレジストリキーを変更する
コアアプリケーションをOSにデプロイする コアアプリケーションをOSにデプロイする
仮想化に適さないアプリケーションをOSに導入 仮想化に適さないアプリケーションをOSに導入
OS で Dep NX 保護を無効にする OS で Dep NX 保護を無効にする
匿名の RPC を許可し、ファイアウォールでポート 135 を許可するように GPO を編集します。 匿名の RPC を許可し、ファイアウォールでポート 135 を許可するように GPO を編集します。
レジストリを編集して、GINA チェーンを修復します。 Windows Server 2003 で GINA チェーンを修復するためにレジストリを編集し、サーバー 2008 以降で別のアクションを選択します。
IP v4 のみを有効にする インストールされているネットワークアダプタのビルドで IP v4 のみを有効にします。
16 ビットサブシステムの有効化 16 ビットサブシステムの有効化
ポートを開いて通信を許可する ポートを開いて通信を許可する
ローカルイントラネットゾーンのアクセス許可を緩和する ローカルイントラネットゾーンのアクセス許可を緩和する
64 ビット OS でアプリケーションを実行する 64 ビット OS でアプリケーションを実行する
対話型サービス検出サービスの実行 対話型サーバー検出サービスは、OS ビルドで有効にする必要があります。

ソフトウェアの変更

アクションの詳細 説明
ベンダーソフトウェアの置き換えまたは更新 ベンダーソフトウェアの置き換えまたは更新

デスクトップ仮想化

アクションの詳細 説明
Med-V などのデスクトップ仮想化テクノロジを使用してアプリケーションをデプロイする Med-V などのデスクトップ仮想化テクノロジを使用してアプリケーションをデプロイする

OSDファイルの編集

アクションの詳細 説明
FTA セクションを編集 FTA セクションを編集
LOCAL_INTERACTION_ALLOWEDポリシーを有効にする LOCAL_INTERACTION_ALLOWEDポリシーを有効にする
アプリケーションを分割し、DSCを使用してパッケージ間の依存関係を作成する アプリケーションを分割し、DSCを使用してパッケージ間の依存関係を作成する
DSC を使用してパッケージ間の依存関係を作成する DSC を使用してパッケージ間の依存関係を作成する

例外です

アクションの詳細 説明
修復できません このアプリケーションに使用できる修復はありません

Firefox 社内で再開発が必要

アクションの詳細 説明
出力がHTML解析ルール:に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします 出力がHTML解析ルール:に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします
標準化された XSL 名前空間に移行します。 標準化された XSL 名前空間に移行します。
Firefox でテーブルオブジェクトモデルの変更を調整するためにページを再開発する Firefox でテーブルオブジェクトモデルの変更を調整するためにページを再開発する
ページを再開発して、必要な箇所で空白をトリミングします。 ページを再開発して、必要な箇所で空白をトリミングします。
従来のプロパティを使用しないようにサイトを再開発する 従来のプロパティを使用しないようにサイトを再開発する
eval メソッドが直接呼び出されるようにサイトを再開発する eval メソッドが直接呼び出されるようにサイトを再開発する
キャッシュされたポインタを使用してメソッドを呼び出さずにサイトを再開発する キャッシュされたポインタを使用してメソッドを呼び出さずにサイトを再開発する
標準化された xmlスタイルシート処理命令を使用して、XSLT: <?xml-stylesheet type=”text/xsl” href=”my.xslt”?> 標準化された xmlスタイルシート処理命令を使用して、XSLT: <?xml-stylesheet type=”text/xsl” href=”my.xslt”?>

Firefox の再開発が必要です

アクションの詳細 説明
BASE要素は、ドキュメントのHEAD内に移動する必要があります BASE要素は、ドキュメントのHEAD内に移動する必要があります
要素を作成し、setAttribute API を使用して個別に属性を追加するか、親 要素を作成し、setAttribute API を使用して個別に属性を追加するか、innerHTML API を使用して親要素内に要素を作成します。
ページにこれらのフィルタが含まれている場合は、削除または置換してください ページにこれらのフィルタが含まれている場合は、削除または置換してください
ネストされたオブジェクトを移動して、最も外側のオブジェクトになるようにします。 ネストされたオブジェクトを移動して、最も外側のオブジェクトになるようにします。
サポートされている DHTML ビヘイビアを使用するようにページを再開発する サポートされている DHTML ビヘイビアを使用するようにページを再開発する
ドキュメントフラグメントを介してドキュメント API を使用しないようにページを再開発する ドキュメントフラグメントを介してドキュメント API を使用しないようにページを再開発する
getElementsByTagName の呼び出し中に完全なタグ名を使用するようにページを再開発します。 getElementsByTagName の呼び出し中に完全なタグ名を使用するようにページを再開発します。
Javascriptプロトコルでreturn文を使用しないようにページを再開発する Javascriptプロトコルでreturn文を使用しないようにページを再開発する
条件付きコメントを使用しないようにサイトを再開発する 条件付きコメントを使用しないようにサイトを再開発する
名前空間を使用しないようにサイトを再開発する 名前空間を使用しないようにサイトを再開発する
XML データアイランドを使用しないようにサイトを再開発する XML データアイランドを使用しないようにサイトを再開発する
IFrames の固定高さを使用してサイトを再開発する IFrames の固定高さを使用してサイトを再開発する
引数を指定せずにサイトを再開発します。caller プロパティ 引数を指定せずにサイトを再開発します。caller プロパティ
外部ドメインへの参照を削除する スクリプトタグの src 属性を使用して外部ドメインへの参照を削除する
gopher および telnet リソースへの URL パスを削除する gopher および telnet リソースへの URL パスを削除する
XMB イメージを削除し、代替イメージ形式を使用する XMB イメージを削除し、.png などの代替イメージ形式を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。
API 呼び出しを準拠の 廃止された、またはサポートされていない API 呼び出しは、新しいまたはサポートされている API 呼び出しに置き換える必要があります。
CDFを新しいRSSフィードに置き換える CDFを新しいRSSフィードに置き換えるためにアプリケーションを再開発する必要があります
Firefox でサポートされていない ActiveX コンポーネントの機能を置き換える Firefox でサポートされていない ActiveX コンポーネントの機能を置き換える
必要な場所にドキュメント上のウィンドウを置換 必要な場所にドキュメント上のウィンドウを置換
代わりにドキュメント.documentElementに要素を追加するには、ページをリワークします 代わりにドキュメント.documentElementに要素を追加するには、ページをリワークします
アプリケーションを再開発して、ファイルが Web サーバー上に作成され、クリック可能なリンクが Webサーバー上にファイルが作成され、ファイルをダウンロードするためのクリック可能なリンクがユーザーに提供されるように、アプリケーションを再開発する必要があります
準拠した命名規則を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。 準拠した命名規則を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。
スタイルシートの正しい拡張子を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。 スタイルシートの正しい拡張子を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。

Firefox の修正機能

アクションの詳細 説明
Firefox で混合コンテンツの表示を無効にする Firefox で混合コンテンツの表示を無効にする
Firefox でサポートされていない COM コンポーネントは使用しないでください。 Firefox でサポートされていない COM コンポーネントは使用しないでください。
ビルドにコンポーネントをプレインストールする ビルドにコンポーネントをプレインストールする
スタイルシートに正しい拡張子を使用する スタイルシートに正しい拡張子を使用する
IE8 Ax GPO でこれらのクラス ID をホワイトリストに入力 IE8 Ax GPO でこれらのクラス ID をホワイトリストに入力

IE インフラストラクチャの変更

アクションの詳細 説明
Webページ/ IISヘッダーにX-UA互換ヘッダーを追加して、IE7標準モードで実行するようにする Webページ/ IISヘッダーにX-UA互換ヘッダーを追加して、IE7標準モードで実行するようにする
あなたのWebページ/ IISヘッダーにX-UA互換ヘッダーを追加して、IE8標準モードで実行するように強制する あなたのWebページ/ IISヘッダーにX-UA互換ヘッダーを追加して、IE8標準モードで実行するように強制する
仮想化技術を使用してIE6でWebサイトをネイティブに実行 仮想化技術を使用してIE6でWebサイトをネイティブに実行
仮想化技術を使用してIE7でWebサイトをネイティブに実行 仮想化技術を使用してIE7でWebサイトをネイティブに実行
仮想化技術を使用してIE8でWebサイトをネイティブに実行 仮想化技術を使用してIE8でWebサイトをネイティブに実行
Web サーバーでカスタムヘッダーを使用して IE8 標準ドキュメントの互換モードを設定する Web サーバーでカスタムヘッダーを使用して IE8 標準ドキュメントの互換モードを設定する
Web サーバーでカスタムヘッダーを使用して IE9 標準ドキュメントの互換モードを設定する Web サーバーでカスタムヘッダーを使用して IE9 標準ドキュメントの互換モードを設定する
GPO を使用して Web ページを IE7 互換モードで実行する GPO を使用して Web ページを IE7 互換モードで実行する

IE社内での再開発が必要

アクションの詳細 説明
代わりにスタイルシートを含むリンク要素またはスタイル要素のtitle属性を変更する 代わりにスタイルシートを含むリンク要素またはスタイル要素のtitle属性を変更する
出力がHTML解析ルール:に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします 出力がHTML解析ルール:に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします
標準化された XSL 名前空間に移行します。 標準化された XSL 名前空間に移行します。
IE9でテーブルオブジェクトモデルへの変更を調整するためにページを再開発する IE9でテーブルオブジェクトモデルへの変更を調整するためにページを再開発する
削除されたiframeを調整するためにページを再開発する 削除されたiframeを調整するためにページを再開発する
ページを再開発して、必要な箇所で空白をトリミングします。 ページを再開発して、必要な箇所で空白をトリミングします。
getAttribute API を使用してユーザー定義のコンテンツ属性の値を取得するようにページを再開発する getAttribute API を使用してユーザー定義のコンテンツ属性の値を取得するようにページを再開発する
従来のプロパティを使用しないようにサイトを再開発する 従来のプロパティを使用しないようにサイトを再開発する
DX フィルタではなく CCS3、SVG、その他の広くサポートされている標準を使用するようにサイトを再開発する DX フィルタではなく CCS3、SVG、その他の広くサポートされている標準を使用するようにサイトを再開発する
eval メソッドが直接呼び出されるようにサイトを再開発する eval メソッドが直接呼び出されるようにサイトを再開発する
キャッシュされたポインタを使用してメソッドを呼び出さずにサイトを再開発する キャッシュされたポインタを使用してメソッドを呼び出さずにサイトを再開発する
Web ページに埋め込まれている管理 DLL および OCX を削除する Web ページに埋め込まれている管理 DLL および OCX を削除する
標準化された xmlスタイルシート処理命令を使用して、XSLT: <?xml-stylesheet type=”text/xsl” href=”my.xslt”?> 標準化された xmlスタイルシート処理命令を使用して、XSLT: <?xml-stylesheet type=”text/xsl” href=”my.xslt”?>

IE の再開発が必要

アクションの詳細 説明
基本要素は、ドキュメントのHEAD内に移動する必要があります 基本要素は、ドキュメントのHEAD内に移動する必要があります
ウィンドウを閉じる関数にwindow.open((‘’, ‘_self’)を追加することにより、ウィンドウを閉じるプロンプトをバイパスします ウィンドウを閉じる関数にwindow.open((‘’, ‘_self’)を追加することにより、ウィンドウを閉じるプロンプトをバイパスします
ファイルタイプをイメージファイルからプレーンテキストに変更する ファイルタイプをイメージファイルからプレーンテキストに変更する
COM コンポーネントの 64 ビットバージョンを作成する COM コンポーネントの 64 ビットバージョンを作成する
要素を作成し、setAttribute API を使用して個別に属性を追加するか、親要素内に要素を作成します。 要素を作成し、setAttribute API を使用して個別に属性を追加するか、innerHTML API を使用して親要素内に要素を作成します。
ページにこれらのフィルタが含まれている場合は、削除または置換してください ページにこれらのフィルタが含まれている場合は、削除または置換してください
ネストされたオブジェクトを移動して、最も外側のオブジェクトになるようにします。 ネストされたオブジェクトを移動して、最も外側のオブジェクトになるようにします。
サポートされている DHTML ビヘイビアを使用するようにページを再開発する サポートされている DHTML ビヘイビアを使用するようにページを再開発する
ドキュメントフラグメントを介してドキュメント API を使用しないようにページを再開発する ドキュメントフラグメントを介してドキュメント API を使用しないようにページを再開発する
getElementsByTagName の呼び出し中に完全なタグ名を使用するようにページを再開発します。 getElementsByTagName の呼び出し中に完全なタグ名を使用するようにページを再開発します。
JavaScriptプロトコルでreturn文を使用しないようにページを再開発する JavaScriptプロトコルでreturn文を使用しないようにページを再開発する
ページを再開発して手動バインディングを削除します。古いバージョンのサポートが必要な場合は、バージョン条件付きバインディングの追加を使用します ページを再開発して手動バインディングを削除します。古いバージョンのサポートが必要な場合は、バージョン条件付きバインディングの追加を使用します
Windows のジャーナルフック関数を公開する COM コントロールを使用しないようにサイトを再開発する Windows のジャーナルフック関数を公開する COM コントロールを使用しないようにサイトを再開発する
条件付きコメントを使用しないようにサイトを再開発する 条件付きコメントを使用しないようにサイトを再開発する
名前空間を使用しないようにサイトを再開発する 名前空間を使用しないようにサイトを再開発する
XML データアイランドを使用しないようにサイトを再開発する XML データアイランドを使用しないようにサイトを再開発する
保護された場所に書き込まないようにサイトを再開発する 保護された場所に書き込まないようにサイトを再開発する
VMLの代わりにSVG、Raphael JavaScriptライブラリ、およびその他の広くサポートされている標準を使用するようにサイトを再開発する VMLの代わりにSVG、Raphael JavaScriptライブラリ、およびその他の広くサポートされている標準を使用するようにサイトを再開発する
ネイティブ XML オブジェクトと MSXML オブジェクトが混在しないようにサイトを再開発する ネイティブ XML オブジェクトと MSXML オブジェクトが混在しないようにサイトを再開発する
サイトを再開発して DEP を認識させる サイトを再開発して DEP を認識させる
IFrames の固定高さを使用してサイトを再開発する IFrames の固定高さを使用してサイトを再開発する
引数を指定せずにサイトを再開発します。caller プロパティ 引数を指定せずにサイトを再開発します。caller プロパティ
別の技術で直接アニメーションを削除する ダイレクトアニメーションを他のサポート技術に置き換えるには、アプリケーションを再開発する必要があります。
外部ドメインへの参照を削除する スクリプトタグの src 属性を使用して外部ドメインへの参照を削除する
gopher および telnet リソースへの URL パスを削除する gopher および telnet リソースへの URL パスを削除する
XMB イメージを削除し、代替イメージ形式を使用する XMB イメージを削除し、.png などの代替イメージ形式を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。
API 呼び出しを準拠の 廃止された、またはサポートされていない API 呼び出しは、新しいまたはサポートされている API 呼び出しに置き換える必要があります。
CDFを新しいRSSフィードに置き換える CDFを新しいRSSフィードに置き換えるためにアプリケーションを再開発する必要があります
必要な場所にドキュメント上のウィンドウを置換 必要な場所にドキュメント上のウィンドウを置換
代わりにドキュメント.documentElementに要素を追加するには、ページをリワークします 代わりにドキュメント.documentElementに要素を追加するには、ページをリワークします
アプリケーションを再開発して、ファイルが Web サーバー上に作成され、クリック可能なリンクが Webサーバー上にファイルが作成され、ファイルをダウンロードするためのクリック可能なリンクがユーザーに提供されるように、アプリケーションを再開発する必要があります
属性の存在がチェックされるように、アプリケーションを再開発する必要があります。 属性の存在がチェックされるように、アプリケーションを再開発する必要があります。
準拠した命名規則を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。 準拠した命名規則を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。
スタイルシートの正しい拡張子を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。 スタイルシートの正しい拡張子を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。
スクリプトを実行する必要がある場合は、UTF-7以外の文字セットを使用する スクリプトを実行する必要がある場合は、UTF-7以外の文字セットを使用する
大文字と小文字を区別して一致させる 正しいケースとマッチングを使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります

IE の修復

アクションの詳細 説明
サイトを信頼ゾーンに追加する ActiveX インストーラサービスを使用し、ActiveX コントロール用の承認済みインストールサイトまたは信頼ゾーン内のサイト用の ActiveX インストールポリシーのいずれかを使用してポリシー設定を構成する
IEでDEPを無効にする IEでDEPを無効にする
IEで混合コンテンツの表示を無効にする IEで混合コンテンツの表示を無効にする
レジストリを編集してリピートと古いバージョンを削除する レジストリを編集してリピートと古いバージョンを削除する
ASP.NETサーバーにパッチを適用する ASP.NETサーバーにパッチを適用する
ビルドにコンポーネントをプレインストールする ビルドにコンポーネントをプレインストールする
インターネットセキュリティ設定を緩和する セキュリティのリスクが軽減される場合は、ActiveX のインターネットセキュリティ設定を緩和します。
スクリプトレットを有効にしてインターネットセキュリティ設定を緩和する スクリプトレットを有効にしてインターネットセキュリティ設定を緩和する
インターネットセキュリティ設定を緩和してステータスバーの更新を有効にする インターネットセキュリティ設定を緩和してステータスバーの更新を有効にする
キルビットを削除 unkill レジストリキーを作成して、Kill ビットを削除します。
[スクリプト作成に安全] および [初期化に安全] の値を設定します。 ActiveX コントロールの CLSID を使用して、レジストリキーの [スクリプト作成の安全性] および [初期化の安全性] の値を設定します。
新機能に関するユーザーのトレーニング 新機能に関するユーザーのトレーニング
インターネットセキュリティ設定のブロックを解除する [スクリプトを実行しても安全とマークされている ActiveX コントロールのスクリプト] インターネットセキュリティ設定のブロックを解除する [スクリプトを実行しても安全とマークされている ActiveX コントロールのスクリプト]
現在のJavaScriptフレームワークを最新バージョンに更新する 現在のJavaScriptフレームワークを最新バージョンに更新する
32ビット版のIEを使用する 32ビット版のIEを使用する
IE8 Ax GPOでこれらのクラス ID をホワイトリストに入力 IE8 Ax GPOでこれらのクラス ID をホワイトリストに入力

修復は不要

アクションの詳細 説明
管理者権限のインストール インストールユーザーに管理者権限があることを確認する
是正不要 是正不要

再開発が必要

アクションの詳細 説明
この問題を解決するには、アプリケーションを再開発する必要があります。 再開発サブアクションの説明

再梱包します

アクションの詳細 説明
必要なカスタマイズの追加 必要なカスタマイズの追加
既定のインストールパスを変更する MST (Microsoft トランスフォーム) を使用してインストールパスを変更するか、手動で変更します。
構成要素をコンディショナー これらのリソースをインストールするコンポーネントを条件付けする
共有リソースのマージモジュールの作成 共有リソースのマージモジュールの作成
MSI を使用して DEP を無効にする MSI を使用して DEP を無効にする
カスタムアクションを編集する カスタムアクションを編集する
MSI の編集 MSI の編集
MSI によって呼び出されたスクリプトファイルを編集します。 MSI によって呼び出されたスクリプトファイルを編集します。
カスタムアクションを昇格する カスタムアクションを昇格する
この前提条件のインストール この前提条件のインストール
Windows インストーラを使用してアプリケーションをパッケージ化し、デスクトップに展開する Windows インストーラを使用してアプリケーションをパッケージ化し、デスクトップに展開する
代替テクノロジーの提供 代替テクノロジーの提供
不足しているリソースを提供する 不足しているリソースを提供するか、再頒布可能コンポーネントをインストールしてください
ローカルマシンのアクセス許可を緩和する たとえば、LockPermissionを使用してローカルマシン上の権限を緩和する
ロック権限の削除 ロック権限の削除
この条件を削除 この条件を削除
セットアップの名前を Setup.EXE に変更します。 セットアップの名前を Setup.EXE に変更します。
再起動を抑制 再起動を抑制
コンポーネントの GUID を同期する コンポーネントの GUID を同期する
MSIを変換してALLUSERSを変更する MSIを変換してALLUSERSを変更する
MSI 値の変換 MSIの値を新しい正しいパスに変更する

シーケンス### (簡単労力)

アクションの詳細 説明
INI ファイルにプレースホルダを追加する INI ファイルにプレースホルダを追加する
シーケンスに関係リンクを追加する シーケンスに関係リンクを追加する
SFT ファイルを圧縮する SFT ファイルを圧縮する
シーケンサワークステーションにダミーの ODBC エントリを作成する シーケンサワークステーションにダミーの ODBC エントリを作成する
シーケンスに欠落したファイルを含める シーケンスに欠落したファイルを含める
実行可能ファイルを修正するためのショートカットを手動で作成する 実行可能ファイルを修正するためのショートカットを手動で作成する
[スタート] メニューのスタートアップフォルダーにショートカットを公開する [スタート] メニューのスタートアップフォルダーにショートカットを公開する
インストール関連のショートカットを解決し、シーケンスから削除する インストール関連のショートカットを解決し、シーケンスから削除する
必要なサービスとシーケンスアプリケーション 必要なサービスとシーケンスアプリケーション
それに依存するアプリケーションとのシーケンス それに依存するアプリケーションとのシーケンス
アプリケーションを分割する アプリケーションを分割する
ダイナミックスイートのコンポジションを使用 動的スイートコンポジションを使用してアプリケーションを依存関係に関連付ける

シーケンス### (ハードエフォート)

アクションの詳細 説明
App-V パッケージとは別にサービスを展開する 動的スイートコンポジションを使用してアプリケーションを依存関係に関連付ける

高度なシーケンス

アクションの詳細 説明
環境変数の変更を構成する 環境変数の変更を構成する
アクティブセットアップを使用せずに、シーケンス内でインストールされるユーザー固有のデータを構成する アクティブセットアップを使用せずに、シーケンス内でインストールされるユーザー固有のデータを構成する
さらに調査が必要で、可能な場合は順序 さらに調査が必要で、可能な場合は順序
Office 展開ツールを使用する Office 展開ツールを使用して App-V パッケージを作成する

シム

アクションの詳細 説明
正しいファイルパスシムの適用 アプリケーションには正しいファイルパスシムが適用されている必要がある
無効化NXシムの適用 アプリケーションには、DisableNX シムを適用する必要があります。
非表示カーソルシムを適用 アプリケーションは、HideCursor シムを適用する必要があります。
無視するメッセージボックスシムを適用 アプリケーションは、IgnoreMessageBox シムを適用する必要があります。
管理者シムに実行を適用 アプリケーションは、HideCursor シムを適用する必要があります。
管理者として実行または実行呼び出し者シムの適用 アプリケーションは、それが本質的に管理されているかどうかに応じて、RunAsAdminまたはRunAsInvokerシムが含まれている必要があります
実行呼び出し者シムを適用 アプリケーションには RunAsInvoker シムが適用される必要があります。
セッションシムシムの適用 アプリケーションには、SessionShim を適用する必要があります。
仮想レジストリシムの適用 アプリケーションは、VirtualRegistryを適用する必要があります
WRPDllを適用シムを登録 アプリケーションには、WRPDllレジスタシムを適用する必要があります。
WRP軽減レイヤーシムの適用 アプリケーションには、WRPMitigation シムを適用する必要があります。
WRPReg削除キーシムの適用 アプリケーションには、WRPRegDeleteKey シムを適用する必要があります。

未定義

アクションの詳細 説明
未定義 未定義

仮想化例外

アクションの詳細 説明
コンポーネントをOSに分割すると修復が可能 コンポーネントをOSに分割すると修復が可能
広範なテストで修復が可能 広範なテストで修復が可能

Secure Web 社内の再開発が必要

アクションの詳細 説明
出力がHTML解析ルール:に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします 出力がHTML解析ルール:に依存する場合、XSLTのHTML解析に明示的にオプトインします
標準化された XSL 名前空間に移行します。 標準化された XSL 名前空間に移行します。
Secure Webで表オブジェクトモデルに対する変更を調整するためにページを再開発する Secure Webで表オブジェクトモデルに対する変更を調整するためにページを再開発する
ページを再開発して、必要な箇所で空白をトリミングします。 ページを再開発して、必要な箇所で空白をトリミングします。
従来のプロパティを使用しないようにサイトを再開発する 従来のプロパティを使用しないようにサイトを再開発する
eval メソッドが直接呼び出されるようにサイトを再開発する eval メソッドが直接呼び出されるようにサイトを再開発する
キャッシュされたポインタを使用してメソッドを呼び出さずにサイトを再開発する キャッシュされたポインタを使用してメソッドを呼び出さずにサイトを再開発する
標準化された xmlスタイルシート処理命令を使用して、XSLT: <?xml-stylesheet type=”text/xsl” href=”my.xslt”?> 標準化された xmlスタイルシート処理命令を使用して、XSLT: <?xml-stylesheet type=”text/xsl” href=”my.xslt”?>

Secure Web の再開発が必要

アクションの詳細 説明
基本要素は、ドキュメントのHEAD内に移動する必要があります 基本要素は、ドキュメントのHEAD内に移動する必要があります
要素を作成し、setAttribute API を使用して個別に属性を追加するか、親要素内に要素を作成します。 要素を作成し、setAttribute API を使用して個別に属性を追加するか、innerHTML API を使用して親要素内に要素を作成します。
ページにこれらのフィルタが含まれている場合は、削除または置換してください ページにこれらのフィルタが含まれている場合は、削除または置換してください
ネストされたオブジェクトを移動して、最も外側のオブジェクトになるようにします。 ネストされたオブジェクトを移動して、最も外側のオブジェクトになるようにします。
サポートされている DHTML ビヘイビアを使用するようにページを再開発する サポートされている DHTML ビヘイビアを使用するようにページを再開発する
ドキュメントフラグメントを介してドキュメント API を使用しないようにページを再開発する ドキュメントフラグメントを介してドキュメント API を使用しないようにページを再開発する
getElementsByTagName の呼び出し中に完全なタグ名を使用するようにページを再開発します。 getElementsByTagName の呼び出し中に完全なタグ名を使用するようにページを再開発します。
JavaScriptプロトコルでreturn文を使用しないようにページを再開発する JavaScriptプロトコルでreturn文を使用しないようにページを再開発する
条件付きコメントを使用しないようにサイトを再開発する 条件付きコメントを使用しないようにサイトを再開発する
名前空間を使用しないようにサイトを再開発する 名前空間を使用しないようにサイトを再開発する
XML データアイランドを使用しないようにサイトを再開発する XML データアイランドを使用しないようにサイトを再開発する
VMLの代わりにSVG、Raphael JavaScriptライブラリ、およびその他の広くサポートされている標準を使用するようにサイトを再開発する VMLの代わりにSVG、Raphael JavaScriptライブラリ、およびその他の広くサポートされている標準を使用するようにサイトを再開発する
IFrames の固定高さを使用してサイトを再開発する IFrames の固定高さを使用してサイトを再開発する
引数を指定せずにサイトを再開発します。caller プロパティ 引数を指定せずにサイトを再開発します。caller プロパティ
外部ドメインへの参照を削除する スクリプトタグの src 属性を使用して外部ドメインへの参照を削除する
gopher および telnet リソースへの URL パスを削除する gopher および telnet リソースへの URL パスを削除する
XMB イメージを削除し、代替イメージ形式を使用する XMB イメージを削除し、.png などの代替イメージ形式を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。
API 呼び出しを準拠の 廃止された、またはサポートされていない API 呼び出しは、新しいまたはサポートされている API 呼び出しに置き換える必要があります。
CDFを新しいRSSフィードに置き換える CDFを新しいRSSフィードに置き換えるためにアプリケーションを再開発する必要があります
Secure Web でサポートされていない ActiveX コンポーネントの機能を置き換える Secure Web でサポートされていない ActiveX コンポーネントの機能を置き換える
必要な場所にドキュメント上のウィンドウを置換 必要な場所にドキュメント上のウィンドウを置換
代わりにドキュメント.documentElementに要素を追加するには、ページをリワークします 代わりにドキュメント.documentElementに要素を追加するには、ページをリワークします
Webサーバー上にファイルが作成され、ファイルをダウンロードするためのクリック可能なリンクがユーザーに提供されるように、アプリケーションを再開発する必要があります Webサーバー上にファイルが作成され、ファイルをダウンロードするためのクリック可能なリンクがユーザーに提供されるように、アプリケーションを再開発する必要があります
準拠した命名規則を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。 準拠した命名規則を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。
スタイルシートの正しい拡張子を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。 スタイルシートの正しい拡張子を使用するには、アプリケーションを再開発する必要があります。
スクリプトを実行する必要がある場合は、UTF-7以外の文字セットを使用する スクリプトを実行する必要がある場合は、UTF-7以外の文字セットを使用する

Secure Web 修復

アクションの詳細 説明
Secure Webでの混在コンテンツの表示を無効にする Secure Webでの混在コンテンツの表示を無効にする
Secure WebでサポートされていないCOMコンポーネントは使用しないでください Secure WebでサポートされていないCOMコンポーネントは使用しないでください
ビルドにコンポーネントをプレインストールする ビルドにコンポーネントをプレインストールする
スタイルシートに正しい拡張子を使用する スタイルシートに正しい拡張子を使用する
IE8 Ax GPOでこれらのクラス ID をホワイトリストに入力 IE8 Ax GPOでこれらのクラス ID をホワイトリストに入力

XenApp

アクションの詳細 説明
サイロプランの作成 サイロプランの作成
公開アプリケーションの仮想 IP を有効にする 公開アプリケーションの仮想 IP を有効にする
パスワードマネージャエージェントがシステムに最後にインストールされたGINAであることを確認します パスワードマネージャエージェントがシステムに最後にインストールされたGINAであることを確認します
ローカルマシンのレジストリキーに書き込まれたデータの分離/リダイレクト ローカルマシンのレジストリキーに書き込まれたデータの分離/リダイレクト
ユニバーサルプリンタードライバーを使用して印刷を管理する ユニバーサルプリンタードライバーを使用して印刷を管理する

標準の修復アクション