AppDNA

[インポート]

AppDNAは、AppDNAにインポートされる方法によって、アプリケーションをWebアプリケーションまたはデスクトップアプリケーションとして識別します。「Web アプリケーションのインポート」画面でインポートされたアプリケーションは、Web アプリケーションと見なされます。他のすべてのアプリケーションは、デスクトップアプリケーションと見なされます。

デスクトップ・アプリケーション

インストールパッケージを使用して Windows デスクトップアプリケーションをインポートします。これらは、.msi またはその他のタイプのインストールパッケージです。または、App-V (.sft または.appv) パッケージを使用できます。アプリケーションインストールパッケージを見つけたら、[アプリケーションのインポート] 画面に移動してインポートします。

次のいずれかの方法を使用して、デスクトップアプリケーションをインポートします。

  • Direct import. Windows インストーラー (.msi) または App-V (.sft または.appv) パッケージがあるアプリケーションをインポートするために使用します。これは、アプリケーションDNAをデータベースに取り込む最も簡単な方法です。
  • Install Capture. Windows インストーラー (.msi) または App-V (.sft または.appv) パッケージがないアプリケーションをインポートするために使用します。Install Captureは、仮想マシンを使用して、アプリケーションのインストールと構成の詳細をMSIにキャプチャし、インポートします。
  • Self-Provisioning. セルフプロビジョニングの管理に使用します。セルフプロビジョニングは、AppDNAにインポートするデスクトップアプリケーションをキャプチャするための代替メカニズムを提供します。キャプチャは、AppDNAとは別のマシンで実行されます。これには、任意のタイプのマシン(仮想、物理、VDI)を使用できます。セルフプロビジョニングを使用すると、アプリケーションをキャプチャしてパッケージ化する責任をエンドユーザーに委任できます。

管理対象アプリケーション。Active Directory または Microsoft System Center Configuration Manager ( Configuration Manager) を使用してアプリケーションを展開する場合は、展開されたインストールを使用してアプリケーションをインポートできます。まず、Active Directory とConfiguration ManagerのデータをAppDNAデータベースにロードします。Active Directory と Configuration Manager のデータには、組織単位、グループ、コレクション、ユーザー、コンピューター、および展開されたアプリケーションのインストール操作が含まれます。

Active Directory データおよびConfiguration ManagerのデータがAppDNAデータベースに格納されると、[管理対象アプリケーション]画面に、Active Directoryおよび構成マネージャーを介して展開されたすべてのアプリケーションが一覧表示されます。インポートするアプリケーションを選択すると、AppDNAがアプリケーションのインポート画面に転送し、通常の方法でAppDNAにインポートできます。

この方法でActive Directory と Configuration Managerのデータを操作すると、組織レポートが作成されます。これらは、Active Directory または Configuration Manager で定義されているグループおよび組織単位内のユーザーとコンピューターに展開されている管理対象アプリケーションの状態の概要を提供します。

詳しくは、「Active Directory とConfiguration Managerのデータを統合する」を参照してください。

検出と合理化。企業全体で使用されているWindowsアプリケーションを確認するには、[Discover Applications]画面を使用します。これは、Lakeside SysTrackと統合され、これに依存しています。Lakeside SysTrack は、企業内でのアプリケーションの実際の使用を監査および追跡します。[Discover Applications] 画面では、SysTrack データベースからアプリケーション監査情報を取得し、組織全体で使用中のアプリケーションを一覧表示します。これにより、アプリケーションの合理化や、新しいプラットフォームに移行するアプリケーションの決定などに役立ちます。その後、これらのアプリケーションをAppDNAにインポートできます。

詳しくは、「アプリケーションの検出」を参照してください。

ウェブアプリケーション

WebアプリケーションをAppDNAにインポートするには、2つの異なる方法、またはその両方の組み合わせを使用します。

  1. AppDNA指定スパイダーを使用して、実行時のHTMLページをクロールし、AppDNAにインポートするためにキャプチャします。
  2. Web アプリケーションのソースファイルをインポートします。
  3. 指示スパイダーからの出力を Web アプリケーションのソースファイルと結合します。

どちらのアプローチも、AppDNA内から、またはスタンドアロンのAppDNA Webアプリケーションキャプチャツールを使用して実行できます。

詳しくは、「Web アプリケーションのインポート」を参照してください。

[インポート]