オプション

このトピックでは、「アプリケーションのインポート」画面の[Install Capture]タブ のツールバーと、Install Captureプロセス中にアプリケーションに適用できるその他のオプションについて説明します。Install Captureを使用して、.msi、.appv、または.sftファイルが利用できないアプリケーションをインポートします。

[Install Capture]タブのツールバー

[アプリケーションのインポート] 画面の [Install Capture] タブのツールバーには、次のオプションがあります。

[ 自動クリック] を使用します。選択したアプリケーションのキャプチャでオートクリッカーを使用する場合は、このチェックボックスをオンにします。(これは、選択した実行プロファイルがオートクリッカーをサポートしている場合にのみ適用されます)。 選択したアプリケーションでオートクリッカーを使用しない場合は、このチェックボックスをオフにします。詳しくは、オートクリッカーを参照してください。

注:[自動クリック を使用] チェックボックスが無効になっていて、その理由が不思議な場合は、一覧にアプリケーションがあるかどうかによって異なります。リストが空の場合、デフォルトの実行プロファイルがオートクリッカーをサポートしていないか、 UseAutoClick 置き換え可能が含まれていない場合、チェックボックスは無効になります。リストにアプリケーションがいくつかあると、そのアプリケーション用に選択された実行プロファイルがオートクリッカーをサポートしていないか、 UseAutoClick 置き換え可能が含まれていない場合、そのアプリケーションのチェックボックスは無効になります。実行プロファイルの詳細は以下のとおりです。

埋め込み MSI を抽出します。MSI 以外のインストーラの中には、.msi ファイルが埋め込まれているものがあります。抽出するには、このボタンを選択します。次に、抽出された.msiファイルがアプリケーションとともに一覧表示されます。

[VM 構成 ] (ドロップダウンボックス)。使用する仮想マシン構成を選択します。このドロップダウンボックスには、Install Capture設定で設定された仮想マシン構成が一覧表示されます。

構成。Install Capture設定をクリックして開きます。

アプリケーションごとのオプション

[アプリケーションのインポート] 画面の [Install Capture] タブで、アプリケーションごとに次のオプションを個別に設定できます。オプションが表示されていない場合は、アプリケーション名の左側にある [+] をクリックして、アプリケーションのオプションパネルを開きます。

Install Captureオプション

実行プロファイル (最初のドロップダウンボックス):キャプチャプロセス中に仮想マシンで実行されるタスクとリソースを制御します。リストから実行プロファイルを選択すると、現在のアプリケーションのコピーが作成されます。このコピーには、名前にアスタリスク (*) が付加されています。つまり、このアプリケーションに対してのみ実行プロファイルをカスタマイズできます (後述の「カスタマイズ」を参照)。変更をデフォルトに戻すには、このドロップダウンリストから対応するベース実行プロファイル(アスタリスクなし)を選択します。これにより、現在のアプリケーションの実行プロファイルの新しいコピーが作成されます。

AppDNAを初めてインストールすると、デフォルトの実行プロファイルはスナップショットと呼ばれます。これには主に次の 3 つの手順があります。

  1. スナップショットの前。完全なファイルシステムとレジストリエントリを含む、仮想マシンの状態の分析を実行します。
  2. コマンドを起動します。アプリケーションの非 MSI インストーラーを実行します。
  3. スナップショットの後。完全なファイルシステムとレジストリエントリを含む、仮想マシンの状態の 2 番目の分析を実行します。

スナップショットの前後の仮想マシンの状態の違いは、アプリケーションのインストールによる変更を表します。キャプチャプロセスでは、この情報を使用してAppDNAにインポートするための.msiファイルが生成され、仮想マシンの状態がインストール前の状態にリセットされます。

他の実行プロファイルも使用可能で、別の実行プロファイルをデフォルトとして設定できます。(AppDNAに付属している実行プロファイルのリストとそのアクティブ化方法については、実行プロファイルを参照してください)。

[ カスタマイズ]。クリックすると、「実行プロファイルの編集」ダイアログ・ボックスが開き、現在のアプリケーション専用の実行プロファイルを編集できます。たとえば、置き換え可能 (プレースホルダ) と編集オプションを設定できます。その後デフォルト設定に戻す場合は、ドロップダウンリストで元の実行プロファイル(アスタリスクなし)を選択します。

[ 自動]: デフォルトでは、このチェック・ボックスはオンになっており、取得プロセスは自動化されており、成功していれば、必要に応じて手動インストール・オプションを選択する以外のユーザー操作は必要ありません。アプリケーションにインストールする必要のある前提条件がある場合は、このチェックボックスをオフにします。Install Captureは手動モードで実行され、各ステップを制御できます。

入力ファイルをロードします。このチェックボックスは、MSI 以外のインストーラーから抽出された.msi ファイルをインポートするか、Install Capture によって作成された.msi をインポートするかを制御します。インストーラから抽出した.msi をロードするには、このチェックボックスをオンにします。ただし、一部のインストーラには複数の.msiファイルが含まれていますが、AppDNAに読み込むことができるのは1つしかないため、生成された.msiを使用する方が一般的には安全です。

クイック編集パラメータ。これは、ドロップダウンリストとテキストボックスで構成されます。ドロップダウンリストの値は、実行プロファイルで使用される置き換え可能(プレースホルダ)です。これらの置き換え可能な値はAppDNAによって自動的に提供されるため、通常は編集する必要はありません。ただし、インストールがサイレントモードで実行されるように、install コマンドにスイッチを追加する必要がある場合があります。このボックスに置き換え可能に入力した値は、実行プロファイルまたは仮想マシン構成でその置き換え可能に保管されている対応する値を上書きします。

ドロップダウンリストの置き換え可能値は、実行プロファイルによって異なりますが、通常は以下が含まれます。

  • App:InstallCommand. アプリケーションのインストールを起動するコマンド。Active Directory または ConfigMgr を使用してアプリケーションを管理する場合、テキストボックスの値は Active Directory または ConfigMgr から取得されます。それ以外の場合、.msiファイルの場合はmsiexec /i「input_file」、その他のインストールファイルの場合は「input_file」という形式のコマンドが作成されます。インストーラーが受け入れるその他のコマンドラインオプションを指定できます。たとえば、サイレントスイッチを追加し、.msi ファイルの場合は、変換またはログオプションを指定できます。
  • App:InstallDriveLetter. Active Directory または ConfigMgr で管理されているアプリケーションをインポートする場合にのみ関連します。これは、インストールディレクトリの\\ server\ share 部分をドライブ文字にマップするために使用されるマップされたドライブ文字を表します。
  • App:InstallWrkDir. Active Directory または ConfigMgr で管理されているアプリケーションをインポートする場合にのみ関連します。これは、インストールコマンドで使用される作業ディレクトリを表します。
  • [自動クリック] を使用します。オートクリッカーをオンにしてキャプチャを実行する場合は、これを —use-autoclick に設定します。(これには、実行プロファイルがオートクリッカーをサポートする必要があります)。 オートクリッカーをオフにする場合は、空の文字列に設定します。詳しくは、オートクリッカーを参照してください。上のドロップダウンボックスで実行プロファイルを変更すると、この値に加えた変更は失われます。