アプリケーションのキャプチャ

このトピックでは、セルフプロビジョニングクライアントを使用してアプリケーションをキャプチャする方法について説明します。

  1. セルフプロビジョニングクライアントを起動するには、Windowsの「スタート」画面またはメニューから「Citrix AppDNA」>「AppCapture」の順に選択します。

  2. 管理者から提供されたファイルを入力するか、参照します。ファイルの名前は appcapture.desc であるか、ファイル拡張子が appcapture_pkg のパッケージである可能性があります。

  3. アプリケーション・キャプチャ・プロセスを開始するには、緑色の矢印をクリックします。

    [Before Snapshot] ステップを実行すると、コマンドウィンドウが開き、進行状況メッセージが表示されます。

  4. オプションで、install コマンドを編集します。次に、緑色の矢印をクリックしてインストールを開始します。

  5. 通常、アプリケーションを手動でインストールして構成する必要があります。

  6. キャプチャの構成方法 (特にどの実行プロファイルが使用されているか) によっては、ScrnCap という画面キャプチャユーティリティが起動することがあります。画面の右下隅に表示されます。ユーティリティは、クリックしたすべてのインストールおよび構成ウィンドウのスクリーンショットを取得します。インストールまたは構成手順を説明するコメントを追加するには、[スナップ] ボタンをクリックします。

    インストールでコンピュータの再起動が必要な場合は、[後でコンピュータを再起動する] (または同等のもの) オプションを選択します。取得プロセス中にマシンを再起動すると、取得が成功しないことがあります。

    インストールが完了すると、ウィザードによってAppDNAにインポートするためのMSIファイルが生成され、出力ファイルの場所を指定するように求められる場合があります。

出力

アプリケーションキャプチャの出力は、使用される実行プロファイルによって異なります。通常、次の内容が含まれます。

  • 生成された MSI ファイル

  • 外部ソースファイル

  • ログファイル

    進行状況ログの表示については、セルフプロビジョニングの監視を参照してください。

  • ScrnCap を使用した場合のインストールと構成のスクリーンショット

出力が格納される場所は、ファイルの名前によって異なります。

  • ファイル名が appcapture.desc の場合、セルフプロビジョニングクライアントはこのファイルと同じ場所に出力を保存します。
  • ファイルの拡張子がappcapture_pkgのパッケージの場合、セルフプロビジョニングクライアントは最後の手順で指定した場所に出力ファイルを作成します。この出力ファイルの名前は、インストーラ.exe.appcapture_pkg.result という形式です。ここで、はインストールファイルの名前です。AppDNAにインポートするには、出力ファイルをAppDNA管理者に提供する必要があります。

アプリケーションのキャプチャ