セルフプロビジョニングの監視

セルフプロビジョニングクライアントを使用してアプリケーションをキャプチャしている場合は、いつでも処理のログを表示できます。進行状況とログの表示を展開するには、ウィンドウの右側にある緑色の矢印をクリックします。ログを閉じるには、ログの上にある緑色の矢印をクリックします。

エラー:ディレクトリ名が無効です

最初の手順でこのエラーが発生した場合、通常、セルフプロビジョニングクライアントでAppDNA VM構成ツールが見つからないことを意味します。

AppDNA管理者は、セルフプロビジョニング設定の「置き換え可能」タブを使用して、AppToolsFolder置き換え可能を適切なフォルダを指すように設定する必要があります。次に、管理者は、セルフプロビジョニングの管理の説明に従って、アプリケーションを再パブリッシュまたは再エクスポートする必要があります。

セルフプロビジョニングの監視