CEIP

Citrix カスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)は、AppDNAから匿名の構成および使用状況データを収集し、そのデータをCitrixに自動的に送信します。CEIPの詳細については、Citrix.comの「Citrix カスタマー改善プログラム(CEIP)について」とXenAppおよびXenDesktopドキュメントのCitrix Insight Servicesを参照してください。

また、Google Analytics を使用して、AppDNA上の匿名の使用状況データを収集します。データはHTTPS経由でGoogle Analytics サーバーに送信されます。Analyticsコレクションは、Citrix プライバシーポリシーに準拠しています。

Citrix CEIPとGoogle Analytics データは、AppDNAの品質、信頼性、パフォーマンスを向上させるのに役立ちます。参加は任意です。

AppDNAをインストールまたはアップグレードすると、Citrix CEIPおよびGoogle Analytics がデフォルトで有効になります。参加を変更するには、** [編集]** >** [設定]> **[CEIP ] の順に選択します。

ローカライズされた画像

AppDNAから収集されたCEIPデータ

次の表に、収集される匿名情報の種類の例を示します。データには、お客様を特定する詳細情報は含まれていません。

アプリケーション数 AppDNAに存在するさまざまな種類のアプリケーションの数。たとえば、Install Capture、セルフプロビジョニング、Webアプリケーション、App-V、MSIなどです。
クライアントOS AppDNAクライアントが実行されているOSバージョンを識別する文字列。
サーバーOS AppDNA Webサイトが実行されているOSバージョンを識別する文字列。
SQL サーバーのバージョン AppDNAデータベースをホストしているSQL Serverのバージョンを識別する文字列。
カスタムOSイメージ数 提供されるデフォルトのスナップショットに加えて、存在する OS スナップショットの数を指定するカウンタ。
アカウントの種類 データベースへのアクセスに使用されたユーザーまたはアカウントの種類ごとの数をカウントします。たとえば、AD リンク、標準、ユーザー、管理者、カスタム。
機能の使用 アクセスされた機能を示す文字列のリスト。
レポートの使用状況 アクセスされたレポートを示す文字列のリスト。
ソリューション ソリューションの作成に使用されたソリューションテンプレートを示す文字列のリスト。
アプリケーションDNAのバージョン 使用されているAppDNAのバージョン番号。