ウェブアプリケーション

WebアプリケーションのCitrix Secure Web、Internet ExplorerまたはFirefoxの互換性をテストするには、まずそれらをAppDNAにインポートする必要があります。

Web アプリのインポート

Web アプリケーションをインポートするには、次の 2 つの方法を使用するか、両方の組み合わせを使用します。

  1. AppDNA指向スパイダーを使用してランタイムHTMLページをクロールし、MSIにキャプチャしてAppDNAにインポートします。
  2. WebソースファイルをMSIファイルにキャプチャして、AppDNAにインポートします。
  3. これらの両方のアプローチを組み合わせて使用します。

これらのすべての機能は、AppDNA内で「Webアプリケーションのインポート」画面で実行できます。または、スタンドアロンのWebアプリケーションキャプチャツールを使用してこれらの機能を実行し、生成されたMSIをAppDNAにインポートすることもできます。

「Webアプリケーションのインポート」画面を開くには、次の手順に従います。

  • AppDNAサイドバーで、「インポートと分析」>「Webアプリケーション」を選択します。

「Web アプリケーションのインポート」には、次の 2 つのタブがあります。

  • Web キャプチャのインポート. このタブを使用して、Web アプリケーションを MSI にキャプチャし、1 回の操作でインポートします。Web アプリケーションのランタイム HTML ファイルまたはソースファイル、またはその両方をキャプチャして、最も包括的な分析を行うことができます。ランタイムHTMLページをキャプチャすると、AppDNAダイレクトスパイダーが開きます。
  • Web 直接インポート. このタブは、スタンドアロン Web アプリケーションキャプチャツールを使用して MSI ファイルにキャプチャされた Web アプリケーションをインポートする場合に使用します。AppDNAには、2つのスタンドアロンのWebアプリケーションキャプチャツールが付属しています。これらは、AppDNAがインストールされていないマシンで実行できます。

注:スパイダーは、ウェブページをクロールし、リンクをたどり、訪問したすべてのページのコピーを作成するプログラムの総称です。

ウェブアプリケーション