Web アプリケーションのキャプチャ

  1. Windowsの[スタート]メニューから[Citrix AppDNA]>[Webアプリケーションキャプチャ]を選択します。
  2. [一般設定] タブと [スパイダーの設定] タブを使用して、使用するオプションを設定します。詳しくは、スタンドアロンの指向スパイダーを参照してください。
  3. キャプチャする Web アプリケーションの URL を [URL] ボックスに入力するか、貼り付けます。
  4. [URL の追加] をクリックして、キャプチャする URL のリストに URL を追加します。
  5. 複数の Web アプリケーションをキャプチャする場合は、手順 3 と 4 を繰り返します。
  6. スパイダーを手動モードで実行する場合は、[手動キャプチャ] チェックボックスをオンにします。スパイダーを自動モードで実行する場合は、チェックボックスをオフにします。
    • 手動モード。関連するリンクをたどって、Web アプリケーションを手動で調べる場合は、このオプションを使用します。このモードは、JavaScript および関連技術 (AJAX など) を大量に使用して、ページの読み込み後にページを変更したり、複雑なシングルサインオン (SSO) シナリオがある場合に、Web アプリケーションに使用します。たとえば、SSO および AJAX ページをキャプチャした後で、自動モードに切り替えることができます。
    • 自動モード。スパイダーが Web アプリケーションを自動的にウォークスルーし、選択した設定オプションに応じて、入力フォームまたはダイアログボックスに遭遇したときにのみ停止する場合は、このオプションを使用します (デフォルト)。
  7. [キャプチャの開始] をクリックします。次に、一覧の最初のURLがInternet Explorerのブラウザウィンドウで開きます。行われる処理の詳細については、「Webキャプチャ処理」を参照してください。
  8. すべてのキャプチャが完了したら、右上隅の [X] をクリックしてウィンドウを閉じます。

出力

出力は、スタンドアロンのスパイダーウィンドウの [一般設定] タブで指定されたフォルダにあります。各アプリケーションの出力は、URL と日付と時刻のスタンプから名前が付けられた別のフォルダーに格納されます。

MSI を生成しないことを選択した場合、Web アプリケーションのフォルダーには Rendered サブフォルダーが含まれます。このサブフォルダーには、キャプチャされたすべてのデータが含まれます。スタンドアロンMSI変換ツールを使用して、これをMSIに変換してAppDNAにインポートできます。

MSI が生成された場合は、出力フォルダに格納されます。[Webアプリケーションのインポート] 画面の [Webダイレクトインポート] タブで、このMSIをAppDNAに直接インポートできます。詳しくは、Web 直接インポートを参照してください。

注意:AppDNA内からAppDNAダイレクトスパイダーを実行すると、MSIファイルが常に生成され、AppDNAにインポートされます。

Web アプリケーションのキャプチャ