処理

このトピックでは、AppDNA誘導スパイダーを使用してWebアプリケーションをキャプチャする方法について説明します。このトピックでは、Web キャプチャのインポートまたはスタンドアロンのスパイダーを使用してWebアプリケーションをキャプチャするで説明されているように、指示スパイダーをすでに開始していることを前提としています。

AppDNA指向スパイダー

指定したURLがInternet Explorer(IE)ブラウザウィンドウで開きます。次に何が起こるかは、手動モードと自動モードのどちらを使用しているかによって異なります。

スパイダーが1つのWebアプリケーションを終了すると、リストに別のものがある場合は、次のWebアプリケーションに移動します。

手動モード

手動モードでは、手動でWebアプリケーションをウォークスルーし、キャプチャするすべてのページにアクセスする必要があります。重複したページをキャプチャするオプションを選択した場合、設定可能なしきい値を超えた場合(指定したキャプチャ数を超えていない場合)、スパイダーはページを自動的にキャプチャします。

必要に応じて、リンクを右クリックし、[新しいタブで開く] を選択することもできます。その後、スパイダーは新しいウィンドウでリンクを開きます。スパイダーは、追跡している各ウィンドウに一意のインデックス番号を与え、スパイダーウィンドウの右側にすべてのアクティブなウィンドウをリストします。ページのキャプチャを強制するには、このリストでウィンドウを右クリックし、「ページのキャプチャ」を選択します。

必要に応じて、スパイダーウィンドウで「自動実行」(Go Automatic) をクリックして、自動モードに切り替えます。次に、スパイダーは2番目以降のウィンドウを閉じて、最初のウィンドウ(インデックスが0のウィンドウ)を使用して自動モードで続行します。

終了したら、ブラウザウィンドウを閉じます。これにより、Web アプリケーションのキャプチャが終了します。

自動モード

自動モードでは、スパイダーは、選択した設定オプションに従って、リンクをたどるウェブアプリケーションのページを自動的にクロールします。

[フォームユーザーの操作] 設定を選択した場合、Web ページ上でフォームが検出されると、[検出したフォーム] ダイアログボックスが開きます。可能な場合、スパイダーは入力ボックスを黄色でハイライトします。ただし、入力ボックスがグラデーションを使用してカスタマイズされている場合などは、この方法ができない場合があります。

スパイダーは、次のいずれかのボタンをクリックするまで20秒間待機します。

  • 続行します。このボタンをクリックすると、ダイアログ・ボックスが閉じ、Webキャプチャ・プロセスが続行されます。
  • [ 無視]。このページの入力フィールドと、Web アプリケーションの 1 ページおきに同じ入力フィールドをスキップする場合は、これをクリックします。これは、たとえば、すべてのページに検索フォームがあり、スパイダーはそれを無視したい場合に便利です。このページの入力フィールドのみをスキップする場合は、[Continue] をクリックします。
  • すべて無視。このページ上のフォームと、Web アプリケーションでスパイダーが遭遇する後続のすべてのページ上のすべてのフォームをスキップする場合は、これをクリックします。
  • 待機フォームに入力して送信する場合は、これをクリックします。その後、スパイダーは [続行] をクリックするまで待機します。

20 秒以内に応答しない場合、スパイダーはフォームをスキップして続行します。

処理