AppDNA

検出の設定

[設定] ダイアログボックスには、AppDNAの一般的なオプションがあります。設定ダイアログボックスを開くには、メニューから「編集」>「設定」を選択します。

[設定] ダイアログボックスの [検出] ページを使用して、Lakeside SysTrack データベースの接続の詳細を入力します。AppDNAは、SysTrack データベースを使用して、企業内で使用されるアプリケーションに関する情報を提供します。詳しくは、アプリケーションの検出を参照してください。

オプションは次のとおりです。

サーバー名 — SysTrack データベースをホストするサーバーを識別します。これを MachineInstance として入力します。ここで、マシンは SQL Server のインストールをホストするマシンの名前、インスタンスは SQL Server インスタンスが使用中の場合は SQL Server インスタンスです。名前付きインスタンスが使用されていない場合は、バックスラッシュ (\) を省略します。

データベース名 — SQL Server 内の SysTrack データベースの名前。

認証 」— SysTrack データベースへの接続に使用する認証のタイプを選択します。オプションは次のとおりです。

  • Windows 認証 — この種類の認証では、データベースに接続するときに、ログオンしている Windows ユーザーアカウントが使用されます。
  • SQL Server 認証 — このタイプの認証では、適切なユーザー名とパスワードを指定する必要があります。

ユーザー名 -上でSQL Server認証を選択した場合は、AppDNAがSysTrack データベースに接続するときに使用するユーザー名を入力します。Windows 認証の場合は空白のままにします。

パスワード — 上記の「SQL Server認証」を選択した場合は、AppDNAがSysTrack データベースに接続するときに使用するパスワードを入力します。Windows 認証の場合は空白のままにします。

「テスト」(Test )-クリックして接続をテストします。これが成功すると、AppDNAに「成功」と表示され、成功しなかった場合はエラーメッセージが表示されます。必要に応じて、エラーメッセージの情報を使用して問題を修正し、接続を再度テストします。

[保存] をクリックして変更を保存します。

検出の設定