検出されたアプリケーションのインポート

デスクトップアプリケーションをAppDNAにインポートするには、そのインストールまたはApp-V(.sftまたは.appv)パッケージファイルが必要です。インストールパッケージは、Windows インストーラパッケージ (.msi ファイル) または別の種類のインストールパッケージの形式にすることができます。Active Directory または Configuration Manager で管理されるアプリケーションについては、検出されたアプリケーションを管理対象アプリケーションと照合し、Active Directory または Configuration Manager の展開情報を使用してインポートするだけです。管理対象外のアプリケーションについては、インストールパッケージを見つけ、[アプリケーションのインポート]画面でそのパッケージを指定する必要があります。これを行う最も簡単な方法を以下に説明します。

検出されたアプリケーションを管理対象としてインポートする

注:インポートできるのは、以下に説明するように MSI パッケージを使用してインストールされた管理対象アプリケーションのみです。その他のタイプのインストーラの場合は、 管理対象アプリケーション画面を使用してAppDNAにインポートします。

  1. サイドバーから「インポートと分析」>「Discover Applications」を選択します。

  2. 検出および管理対象アプリケーションのリンクの説明に従って、検出された管理対象アプリケーションをリンクします。

  3. [Discover Applications]画面のツールバーで、[インポートするリストの追加]をクリックします。

    [アプリケーションのインポート] 画面が表示され、まだインポートされていない選択したアプリケーションが [直接インポート] タブに表示されます。これを行う方法については、「直接インポート」を参照してください。

  4. [アプリケーションのインポート] 画面のツールバーで、[インポート] をクリックします。

管理対象外の検出されたアプリケーションをインポートする

  1. AppDNAサイドバーで、「インポートと分析」>「Discover Applications」を選択します。

  2. インポートするアプリケーションと一致するように、検出されたアプリケーションのリストをフィルタリングします。リストのフィルタリングについては、検出されたアプリケーションのフィルタリングを参照してください。

  3. 「Discover Applications」画面のツールバーで、「エクスポート」>「アプリケーションのインポートリスト」を選択します。

  4. [名前を付けて保存] ダイアログボックスで、エクスポートファイルの適切な名前と場所を指定し、[保存] をクリックします。

    これにより、アプリケーションのリストが CSV ファイルに保存されます。このファイルは、[アプリケーションのインポート] 画面のインポートリストとして使用できます。読み込みリストの使用の詳細については、「リストからインポート」を参照してください。

  5. ファイルを Excel で開きます。

  6. 「ファイル名」列に、各アプリケーションのインストール・パッケージの名前と場所(serverfolderfilename.msiなど)を入力します。.msi、.sft、または.appv ファイルの場合は、[実行プロファイル] 列は空白のままにします。インストールパッケージが他の形式の場合は、使用する実行プロファイルの名前を入力します。

  7. 必要に応じて、「サイレントスイッチ」列に/s、アプリケーションをインポートするグループの名前を「グループ」列に入力します。

  8. 詳細の追加が完了したら、ファイルを CSV 形式で保存します。

  9. AppDNAサイドバーで、「インポートと分析」>「アプリケーションのインポート」を選択します。

  10. [アプリケーションのインポート] 画面のツールバーで、[一覧からインポート] をクリックし、手順 8 で保存したファイルを選択して、[インポート] をクリックします。

    画面にアプリケーションが一覧表示されます。これで、通常の方法でアプリケーションをインポートできます。