AppDNA

管理対象アプリケーションのインポート

Active Directory またはConfiguration Managerを介して展開するために使用されたインストールメディアを使用して、管理対象アプリケーションをAppDNAにインポートできます。

管理対象アプリケーションをインポートするには

  1. AppDNAサイドバーで、「インポートと分析」>「管理対象アプリケーション」を選択します。

  2. [管理対象アプリケーション] 画面で、インポートするデプロイ済み管理対象アプリケーションをリストから選択します。

    適切なインストールを選択するようにしてください (インストールを修復またはアンインストールしないでください)。パッケージに複数のインストールがある場合は、そのうちの 1 つだけを選択してください。できれば展開済みの (つまり、[ユーザー] 列または [コンピューター] 列の数が 0 より大きい)。

  3. 必要に応じて、ツールバーオプションを選択します。

    実行プロファイルは、Install Captureのインポートにのみ使用されます。MSIパッケージの場合は、直接MSIインポートCitrix。これは、Install Captureよりも高速で複雑ではありません。MSI以外のパッケージは、常にInstall Captureを使用してインポートされます。

  4. ツールバーで、[リストをインポートするために追加] をクリックします。

    「アプリケーションのインポート」画面が開きます。インポート用に選択した MSI パッケージが [直接インポート] タブに表示されます。インポート用に選択した非 MSI パッケージは、[Install Capture] タブに一覧表示されます。

  5. アプリケーションをインポートする準備ができたら、「インポート」をクリックします。

アプリケーションをグループ化するには

インストールに標準名 (「Per-system attended」など) がある場合は、インストールごとにリストをグループ化すると便利です。これを行うには、[インストール] 列を [ここに列ヘッダーをドラッグ] にドラッグして、リストの上にある列領域でグループ化します。これにより、リストがインストール名でグループ化されます。

インストール内のパッケージを表示するには、グループを展開します。次に、使用するインストールの種類を選択できます。一部のパッケージは、システムごとの無人やユーザーごとの無人など、複数のインストールを使用して展開できることに注意してください。

インストールの種類別にアプリケーションをグループ化して選択したら、「パッケージ」列でグループ化して、複数のインストールが選択されている項目がないことを確認します。直接インポートでインポートされたアプリケーションは、選択したインストールの数に関係なく、一度だけインポートされます。ただし、Install Captureを使用してインポートされたアプリケーションでは、インストールごとに個別にインポートされます。

管理対象アプリケーションのインポート