管理対象アプリケーションのインポート

このトピックでは、Active Directory または ConfigMgr で管理されるアプリケーションをインポートする手順について説明します。

  1. AppDNAサイドバーで、「インポートと分析」>「管理対象アプリケーション」を選択します。

  2. [管理対象アプリケーション] 画面で、インポートする管理対象アプリケーションを選択します。

    適切なインストールを選択するようにしてください (インストールを修復またはアンインストールしないでください)。パッケージに複数のインストールがある場合は、そのうちの 1 つだけを選択してください。できれば展開済みの (つまり、[ユーザー] 列または [コンピューター] 列の数が 0 より大きい)。

  3. ツールバーで必要なオプションを選択します。

    • 実行プロファイル — 実行プロファイルは、Install Captureのインポートにのみ使用されます。デフォルトの実行プロファイルはスナップショットです。詳しくは、「Install Captureオプション」を参照してください。
    • 直接の MSI インポートを使用する 」— ダイレクトインポートを使用して MSI パッケージをインポートする場合は、このチェックボックスをオンにします。これは推奨されます。MSIパッケージに直接インポートするのではなく、Install Captureを使用する場合は、このチェックボックスをオフにします。直接MSIインポートは、Install Captureよりも高速で複雑ではないため、これはお勧めできません。MSI以外のパッケージは、常にInstall Captureを使用してインポートされます。

    Install Capture用にシステムを設定する方法については、Install Captureを参照してください。

  4. ツールバーで、[リストをインポートするために追加] をクリックします。

    [アプリケーションのインポート] 画面が表示されます。インポート用に選択した MSI パッケージが [直接インポート] タブに表示されます。インポート用に選択した非 MSI パッケージは、[Install Capture] タブに一覧表示されます。

  5. アプリケーションをインポートする準備ができたら、ツールバーの [インポート] をクリックします。

    インポート処理の詳細については、「直接インポート」を参照してください。

管理対象アプリケーションのインポート