データのロード

管理対象アプリケーションのステータスを部門別または部門別に表示する「組織レポート」機能を使用するには、まずActive Directory(AD)およびSystem Center構成マネージャーのデータをAppDNAに読み込む必要があります。

AppDNAのADおよびConfigMgrデータのロードウィザードには、ADおよび構成マネージャーから直接または間接的にデータをロードするオプションがあります。間接オプションでは、AppDNAからリモートで実行できるツールをダウンロードします。たとえば、Configuration Manager管理者がConfiguration Managerサーバーで実行できます。これは、AppDNAマシンからこれを行うために必要な資格情報がない場合に便利です。

AppDNAは、読み取り専用APIを使用してADおよび構成マネージャーのデータを抽出します。つまり、ADまたは構成マネージャーのデータは変更されません。

Active Directory からデータを抽出するときは、AppDNAに読み込む組織単位を選択します。AppDNAは、関連するすべてのADグループ、ユーザー、コンピューター、およびそれらのエンティティにADを介して展開されたすべてのアプリケーションの展開情報を自動的に抽出し、その後AppDNAデータベースにロードします。複数のドメイン (フォレストに属するすべてのドメインなど) からデータを抽出する場合は、各ドメインに対してウィザードを実行する必要があります。

Configuration Manager からデータを抽出する場合、最後の抽出以降のすべての関連する変更を自動的に抽出するか、ロードするパッケージとアプリケーションを (個別に、またはバッチで) 選択するかを選択できます。これにより、選択したパッケージとアプリケーション、および関連付けられているすべての Configuration Manager コレクション、ユーザー、およびコンピューター、および展開情報が抽出されて読み込まれます。削除されたパッケージまたはアプリケーションが含まれている場合、対応するConfiguration ManagerデータがAppDNAデータベースから削除されます。ただし、関連付けられたアプリケーションがAppDNAにインポートされている場合、AppDNAはそのまま保持され、削除されたConfiguration Managerエンティティへのリンクは削除されます。

注:

  • 最良の結果を得るには、Active Directory とConfiguration Managerの両方のデータをAppDNAにロードします。通常、Active Directory は組織構造に関する豊富なデータを提供し、Configuration Manager は集中管理されるアプリケーションに関するデータを提供します。
  • 大規模な Configuration Manager サイトからデータを抽出すると、かなりの時間がかかる場合があります。ユーザーやデバイスが多いほど、プロセスにかかる時間は長くなります。大規模なConfiguration Managerサイトからデータを抽出する場合は、2,000個のアプリケーションまたはパッケージ(または両方の混合)のバッチでデータを抽出し、夜間に抽出を実行することをお勧めします。(この場合、大規模な Configuration Manager サイトとは、合計で 5,000 を超えるパッケージとアプリケーション、または 50,000 を超えるユーザーまたはコンピューターがあるサイトです)。

データのロード