構成マネージャからデータを抽出

このトピックでは、スタンドアロンのAppDNA ADおよびConfigMgrデータ抽出ツールを実行して、AppDNAに読み込むためにConfiguration Managerからデータを抽出する手順について説明します。

このトピックでは、AppDNA管理者からADConfigMgrExportTool.zipパッケージを受け取り、ファイルシステム内の適切な場所に保存していることを前提としています。

重要:パッケージには、Configuration Manager データに対する最新の変更を識別するために使用される同期データも含まれています。そのため、1 つ以上のサイトから Configuration Manager データを抽出するたびに、新しいパッケージが必要になります。必要に応じて、AppDNA管理者に連絡して、新しいパッケージをリクエストします。

  1. エクスプローラで、ADConfigMgrExportTool.zip パッケージを探します。

  2. ADConfigMgrExportTool.zip パッケージを右クリックし、ショートカットメニューから [すべて抽出] を選択します。

  3. [圧縮 (zip 形式) フォルダの抽出] ダイアログボックスで、適切な場所を選択し、[抽出] をクリックします。

  4. 解凍が完了したら、エクスプローラで、解凍されたファイルが格納されているフォルダに移動します。

  5. ADSCCMExportTool.exe ファイルをダブルクリックします。

    ウィザードが起動します。

  6. ウィザードの [ソースの選択] 手順で、[System Center Configuration Manager (ConfigMgr)] を選択し、[次へ] をクリックします。

  7. [ConfigMgr 接続の詳細] ステップで、次のように詳細を入力します。

    オプション 説明
    [ サーバー] Configuration Managerサーバのホスト名または IP アドレスを入力します。
    サイト内情報 Configuration Managerのサイトコードを入力します。複数のサイトからデータを抽出する場合は、サイトごとにウィザードを実行する必要があります。
    ユーザー名 このツールをConfiguration Managerサーバーで実行している場合は、空白のままにします。それ以外の場合は、ログオンしている Windows ユーザーの資格情報を使用する場合は空白のままにするか、Configuration Manager サーバーへの接続に使用するユーザー名を指定します。通常、これは domainusername という形式のドメイン修飾ユーザー名です。
    [ パスワード] ユーザー名を入力した場合は、ここでパスワードを指定します。
  8. [次へ] をクリックします。

  9. [抽出モード] ステップで、次のいずれかのオプションを選択します。

    オプション 説明
    標準規格 前回のデータ抽出以降、関連するすべての Configuration Manager の変更を自動的に抽出する場合は、このオプションを選択します。
    [ 詳細設定] 展開する Configuration Manager パッケージとアプリケーションを手動で選択する場合は、このオプションを選択します。このオプションは、大規模な Configuration Manager サイトから初めてデータを抽出するときに使用します。つまり、パッケージとアプリケーションの合計が 5,000 を超えるサイト、ユーザーやコンピュータが 50,000 を超えるサイトです。次に、アプリケーションやパッケージを、たとえば 1,000 個のアプリケーションや 1,000 個のパッケージなどのバッチで抽出します。
  10. [次へ] をクリックします。

  11. 「詳細」オプションを選択した場合は、「詳細選択」ステップで、AppDNAにロードするために抽出するパッケージ、アプリケーション、またはパッケージとアプリケーションの両方を選択します(このステップについてConfiguration Managerの詳細選択を参照してください)。アプリケーションとパッケージは合計2,000個以下を選択することをお勧めします。次に、[次へ] をクリックします。

    (このステップは、[抽出モード] ステップで [標準] を選択した場合には表示されません)。

  12. [概要] ステップで詳細を確認し、[次へ] をクリックします。

  13. [名前を付けて保存] ダイアログボックスで、書き出しデータの適切な名前と場所を入力し、[保存] をクリックします。

    注:ファイルの拡張子が.sgz であることを確認してください。

    その後、ウィザードによってデータの抽出が開始され、進行状況を示す情報が表示されます。抽出するデータの量によっては、この処理にかなりの時間がかかることがあります (たとえば、数時間)。

  14. 進行状況ステップに操作が完了したことが示されたら、[完了] をクリックします。

  15. 別のバッチのデータ、または別の Configuration Manager サイトからデータを抽出する場合は、次のサイトについて手順 5 ~ 14 を繰り返します。

ここで、抽出されたデータを含むファイル(.sgz)をAppDNA管理者に送信して、AppDNAに読み込む必要があります。

構成マネージャからデータを抽出