転送

AppDNAライセンスは、AppDNAデータベースおよびAppDNAライセンスサービスがインストールされているマシンに関連付けられます。AppDNAライセンスサービスをあるマシンまたは環境から別のマシンまたは環境に移動する必要がある場合は、以下で説明するように、すべてのAppDNAデータベースのライセンスを転送する必要があります。

AppDNAライセンスサービスは、AppDNAサーバーの完全なインストール時に自動的にインストールされます。したがって、AppDNAサーバーのインストールを別のマシンに移動する必要がある場合は、データベースのライセンスを転送する必要があります。AppDNAライセンスサービスの移動は、通常、AppDNAサーバーの完全なインストールを新しいマシンにインストールするのと同じくらい簡単です。必要に応じて、スタンドアロンのAppDNAライセンスサービスインストールを利用できます。ただし、Citrix DNAライセンスサービスは、可能な限り、AppDNAサーバーマシンと同じマシン上に配置することをお勧めします。

注意:あるマシン上のSQL Serverインストールから別のマシン上のSQL Serverインストールにデータベースを移動するだけの場合は、ライセンスを転送する必要はありません。ただし、AppDNAライセンスサービスの場所は変更されません。

ライセンスの転送は、次の手順で行います。

  1. ライセンス転送トークンをエクスポートします。これにより、データベースからライセンス転送トークンがエクスポートされ、ファイルに保存されます。この手順では、新しいAppDNAライセンスサービスマシンの名前を入力する必要があります。トークンをエクスポートすると、インポート手順が完了するまで、データベースのライセンスは解除されます。
  2. ライセンス転送トークンをインポートします。AppDNAライセンスサービスが新しいマシンで設定されたら、この手順を実行します。この手順では、ライセンス転送トークン(データベースのロックを解除する)をインポートし、新しいAppDNAライセンスサービスに対してライセンスを再アクティブ化します。

AppDNAライセンスサービスの移動によって影響を受ける各AppDNAデータベースに対して、これらの2つの手順を実行する必要があります。これらの各手順については、以下の個別の見出しで説明します。

ライセンス転送トークンをエクスポートする

  1. AppDNAサーバーマシンのWindowsの「スタート」メニューから、「Citrix AppDNA」>「管理ツール」>「AppDNAの構成」の順に選択します。

  2. AppDNA環境の構成ウィザードの最初の手順で、「ライセンス」を選択し、「次へ」をクリックします。

  3. ライセンス管理のステップで、[転送] を選択し、[次へ] をクリックします。

  4. [ライセンスの転送] ステップで、ライセンスを転送するデータベースを選択します。

    ライセンスを転送するデータベースがデータベースの一覧に表示されない場合は、[一覧にデータベースを表示できません] をクリックして、[データベースの詳細の入力] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスの詳細については、ライセンスの移行を参照してください。

  5. [エクスポート] を選択し、[次へ] をクリックします。

  6. エクスポートするライセンス・トークン・ファイルの名前と場所を指定します。

  7. 新しいAppDNAライセンスサービスマシンの名前を指定します。

    エクスポートされたライセンストークンは、このマシンに関連付けられます。これを正しく指定しないと、データベースが永続的に使用できなくなります。AppDNAライセンスサーバーをインストールするマシンの名前がわからない場合は、ここでエクスポートをキャンセルし、マシン名が確認できたら再度エクスポートを開始します。

  8. [次へ] をクリックして、ライセンス転送トークンをエクスポートします。次に、新しいAppDNAライセンスサービス名を正しく指定したことを確認するメッセージが表示されます。

  9. エクスポートが完了したら、[閉じる] をクリックしてウィザードを終了します。

:ライセンスサーバーの移動の一環として、AppDNAデータベースを新しいSQL Serverインストールに移動する場合は、ライセンストークンをエクスポートした後にデータベースをバックアップする必要があります。

次に、ライセンス転送トークンをインポートし、必要に応じてライセンスを再度アクティブ化する必要があります。

ライセンス転送トークンをインポートする

AppDNAライセンスサービスを新しいマシンに移動した後、この手順を実行します。通常は、AppDNAサーバーの完全なインストールを新しいマシンにインストールします。

  1. AppDNAサーバーマシンのWindowsの「スタート」メニューから、「Citrix AppDNA」>「管理ツール」>「AppDNAの構成」の順に選択します。

  2. AppDNA環境の構成ウィザードの最初の手順で、「ライセンス」を選択し、「次へ」をクリックします。

  3. ライセンス管理のステップで、[転送] を選択し、[次へ] をクリックします。

  4. [ライセンスの転送] ステップで、ライセンスを転送するデータベースを選択します。

    ライセンスを転送するデータベースがデータベースの一覧に表示されない場合は、[一覧にデータベースを表示できません] をクリックして、[データベースの詳細の入力] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスの詳細については、ライセンスの移行を参照してください。

  5. [インポート] を選択し、[次へ] をクリックします。

  6. エクスポートするライセンス・トークン・ファイルの名前と場所を指定します。

  7. 新しいAppDNAライセンスサービスマシンの名前を指定します。これは、エクスポート手順の手順 7 で指定したものと同じである必要があります。

    通常、デフォルトのポート番号である 8079 をそのまま使用できます。詳細については、転送トークンをインポートしてデータベースのロックを解除するを参照してください。

  8. [次へ] をクリックして、ライセンス転送トークンをインポートし、データベースのロックを解除します。

  9. [次へ] をクリックして操作を完了します。

通常は、「既存のAppDNAデータベースの追加」の説明に従って、データベースをAppDNA Webサイトに追加する必要があります。ただし、AppDNAライセンスサービスのみを移動し、AppDNAサーバーを移動しなかった場合、これは不要です。