AppDNA

アプリケーションのフィルタ

アプリケーションリストのフィルタリングは、アプリケーションポートフォリオが大きい場合に特に役立ちます。フィルタをファイルに保存し、後でファイルをインポートすると、フィルタに保存された条件に基づいてアプリケーションのリストをただちにフィルタ処理できます。

フィルタの作成

  1. [アプリケーションリスト] で、アプリケーションをフィルタする値が含まれている列の見出しの下にあるテキストボックスをクリックします。

  2. フィルタを適用する値を選択または入力します。

    フィルタアプリケーション-ドロップダウンリストから値を選択します。

    複数のフィルタを指定して、リストをさらに制限できます。

  3. 値と一致 しない アプリケーションにアプリケーションを制限するには、値を入力または選択し、テキスト・ボックスの左側にあるアイコンをクリックし、ドロップダウン・リストから使用するオプションを選択します。

    アプリケーションのフィルタ-オプション

  4. フィルタをクリアするには、フィルタの横にある [フィルタをクリア] アイコンをクリックします。

    フィルタをクリア

再利用のためにフィルタを保存する

フィルタを XML ファイルとして保存して、再利用することができます。

  1. フィルタを作成します。
  2. ツールバーの [フィルタをエクスポート] をクリックします。
  3. [名前を付けて保存] ダイアログボックスで、フィルタの識別に役立つ名前を入力し、場所を選択してから、[保存] をクリックします。

保存したフィルタをインポートする

  1. ツールバーの [フィルタのインポート] をクリックします。
  2. [開く] ダイアログボックスで、保存したフィルタ XML ファイルに移動し、[開く] をクリックします。

これにより、インポートされたフィルタファイルの条件に従って、アプリケーションのリストが自動的かつすぐにフィルタリングされます。

アプリケーションのフィルタ