AppDNA

[グループ]

グループは、たとえば、ユーザーグループ、場所、アプリケーションの種類別にアプリケーションを整理するための便利な方法です。グループを使用すると、ポートフォリオの他の部分とは別に、グループ内のアプリケーションの確認とレポートを簡単に行うことができます。グループはグループ内にネストできます。

「≪グループの管理|Manage Groups|emdw≫」画面を使用して、アプリケーション・グループの作成と管理、選択したグループのアプリケーションの分析、および選択したグループのアプリケーションのレポートの表示を行います。グループは全体的なRAGステータスを持たず、アプリケーション・リストまたはレポート・ビューに個別のアイテムとして表示されません。

グループの作成

  1. AppDNAメニューから「管理」>「グループ」を選択します。
  2. 新しいグループを別のグループ内にネストするには、[Manage Groups] 画面の左側にあるツリービューでそのグループを選択します。
  3. ツールバーで、[作成] をクリックします。
  4. [グループを作成] ダイアログボックスで、[名前] と [説明] を入力します。
  5. ダイアログボックスの下部にある [追加] ボタンをクリックします。

これにより、新しいグループが作成され、画面の左側のツリービューに表示されます。これで、次に説明するように、グループにアプリケーションを追加できます。

注:使用しているエディションのAppDNAがActive Directory またはConfiguration Managerで管理されるアプリケーションをサポートしている場合は、それらのグループ構造に基づいてグループを作成することもできます。

グループへのアプリケーションの追加

  1. AppDNAメニューから「管理」>「グループ」を選択します。
  2. [Manage Groups] 画面の左側にあるツリー・ビューで、アプリケーションを追加するグループを選択します。
  3. ツールバーで、[追加] をクリックします。[アプリケーションの追加] ダイアログボックスが開きます。
  4. 必要に応じて、アプリケーションリストの説明に従って、列を基準にアプリケーションをソート、フィルタリング、グループ化できます。
  5. グループに追加するアプリケーションを選択し、[Add] をクリックします。

注意: 使用しているAppDNAエディションがWebアプリケーションをサポートしている場合、同じグループにデスクトップアプリケーションとWebアプリケーションを混在させることはできません。

注意: 「アプリケーションの インポート」画面でグループにアプリケーションを追加することもできます。

グループ内のアプリケーションを分析する

  1. AppDNAメニューから「管理」>「グループ」を選択します。
  2. [グループの管理] 画面で、分析するグループを選択します。
  3. ツールバーの [分析] をクリックします。
  4. 分析に含めるレポートを選択します。
  5. ツールバーの [次へ] をクリックします。解析が開始され、[処理タスク] ページが開き、進行状況が表示されます。(解析をキャンセルする必要がある場合は、ツールバーの [キャンセル] をクリックします)。
  6. プロセスが完了すると、詳細な結果が表示されます。今すぐレポートを表示する場合は、表示するレポートを選択し、[完了] をクリックします。または、後でレポートを表示することもできます。

グループ内のアプリケーションのレポートを表示する

  1. AppDNAメニューから「管理」>「グループ」を選択します。
  2. [グループの管理] 画面で、含めるグループを選択します。
  3. ツールバーで、表示するレポートを選択します。
  4. ツールバーの [レポートの表示] をクリックします。

グループの名前と説明を編集する

  1. AppDNAメニューから「管理」>「グループ」を選択します。
  2. [Manage Groups] 画面の左側で、詳細を編集するグループを選択します。
  3. ツールバーの [プロパティ] をクリックします。
  4. [グループのプロパティ] ダイアログボックスで、必要に応じて詳細を入力します。
  5. [保存] をクリックします。