AppDNA

Windows デスクトップおよびサーバーアプリケーションの移行

以下の手順では、AppDNAを使用した移行計画を最初から最後まで実行します。これらの手順には、アプリケーションの移行に関するベストプラクティスと、移行計画の一部としてAppDNAソフトウェアを使用するための詳細情報が含まれます。

ステップ1。環境で使用するアプリケーションの決定

あなたのアプリケーションを発見します。移行計画で予期しない遅延が発生しないようにするには、環境で使用されているアプリケーションを検出する必要があります。

Lakeside SysTrack などのツールを使用して、これらの Windows アプリケーションのインベントリと合理化を実行します 。四半期および/または年末に6週間から2ヶ月にわたって環境を監視することが重要です。これにより、ビジネスにとって重要な管理対象外のアプリケーションが特定されるだけでなく、現在使用されているアプリケーションや、重複する機能を持つ重複するアプリケーションがあるかどうかもわかります。

ステップ 2。AppDNAを使用してLakeside SysTrack データベースと統合する(オプション)

アプリケーションの検出画面を使用して、Lakeside SysTrack と統合するようにAppDNAを構成します。

ステップ 3. 検出されたアプリケーションの合理化

検出されたアプリケーションに関するデータが完了したら、次の手順ではAppDNAのDiscover Applications画面検出されたアプリケーションの合理化に関連しています。このコンテキストでは、合理化には、アプリケーションのインベントリを調べ、保持するアプリケーションの決定と、AppDNAにインポートするアプリケーションの決定が含まれます。[Discover Applications] 画面には、Lakeside SysTrack によって追跡された Windows アプリケーションの未処理インベントリが表示されます。

注意:重複するアプリケーション、インストール、使用状況の統計については、「検出されたアプリケーション」をクリックしてください。

ステップ 4. 検出結果の追跡

最適な形式を使用して、検出結果を追跡 します。Excelスプレッドシートを使用するか、Lakeside SysTrack を使用している場合は、AppDNAソフトウェアと統合します。統合により、次のことが可能になります。

  • 合理化ステータスをレビューから移行または廃止に変更します。
  • 重複するアプリケーションをフィルタリングして、保持するバージョンを簡単に決定できます。
  • インストールと使用状況の統計を確認します。
  • Microsoft Active Directory (AD) または Microsoft System Center Configuration Manager (Configuration Manager) を使用している場合は、検出されたアプリケーションを対応する管理対象アプリケーションとリンクします。

ステップ5。ADおよびConfiguration ManagerのデータをAppDNAにインポートする(オプション)

管理対象アプリケーションをADまたはConfiguration Managerで展開するために使用されたインストールメディアを使用してインポートするには、まずADおよびConfiguration Managerデータのロード・ウィザード

データを直接ロードするか、間接的にロードするかを決定します。ADとConfiguration Managerのデータを間接的にロードするオプションがあり、AppDNAとは別にADドメインController またはConfiguration Managerサーバーでデータを抽出できます。そのため、AppDNAユーザーは、ADおよびConfiguration Managerデータへの管理者アクセスを要求する必要はなく、ADドメインおよびConfiguration Manager管理者はAppDNAをインストールする必要はありません。

注:最良の結果を得るには、AD データと Configuration Manager データの両方をインポートします。通常、AD は組織構造に関する豊富なデータを提供し、Configuration Manager は集中管理されるアプリケーションに関するデータを提供します。

ステップ6。アプリケーション検出情報をレビュー用に配布し、アプリケーション・リストを合理化する

アプリケーションの検出結果を企業内のアプリケーション所有者と確認し 、合理化プロセスを実行します。どのアプリケーションを保持、統合、または廃棄するかを決定する必要があります。

最適なフォーマット、シンプルなスプレッドシート、またはAppDNA内を使用して、決定を追跡します。

ステップ7。管理対象外のアプリケーションのインストールソースファイルの検索を開始する

AD または Configuration Manager で管理されていないアプリケーションのインストールソースファイルを探 します。この作業には、ほとんどの企業が予想するよりも時間がかかり、移行計画に深刻な影響を与える可能性があります。

  1. AppDNAで提供されるテンプレートファイルを使用して、インポートするアプリケーションのリストを定義します。
  2. アプリケーションのバッチをインポートするためのテンプレートファイルをダウンロードするには、次の手順に従います。
    1. サイドメニューバーから「インポート」>「アプリケーション」を選択します。
    2. [アプリケーションのインポート] 画面のツールバーで、[リストからインポート] をクリックします。 テンプレートのインポートリストファイルは、AppDNAにインポートするアプリケーションのリストを定義するために使用されるカンマ区切り値(.csv)ファイルです。

ステップ 8. カスタムOSイメージをAppDNAにインポートする

環境で使用されている独自のカスタムオペレーティングシステム (OS) イメージをインポートします。AppDNAには独自のデフォルトOSイメージセットが付属していますが、独自のイメージをインポートすると、環境で使用するイメージに基づいて分析できるため、より正確な結果が得られるという利点があります。

ステップ9。重要度またはビジネス・ユニット別にアプリケーションをグループ化

アプリケーションを重要度またはビジネスユニット別にグループ化 して、移行計画が組織内で最も重要なものに焦点を当てていることを確認し、ポートフォリオの他の部分とは別に、グループ内のアプリケーションの確認とレポート作成を容易にします。

AppDNAのグループの管理画面を使用して、アプリケーショングループの作成と管理、選択したグループのアプリケーションの分析、選択したグループのアプリケーションのレポートの表示を行います。

ステップ10。管理対象外(MSI、SFT、APPV)アプリケーションをAppDNAにインポートする

管理対象外のアプリケーションを、最も重要なアプリケーションからインポートするか、最初にアプリケーションのインポート画面で展開する予定の部署からインポートします。

注:このプロセスでは、アプリケーションのDNAと呼ぶもののみがAppDNAデータベースにインポートされます。特定のプラットフォームに対するアプリケーションの互換性をチェックするには、次のステップでは、一連のヒューリスティックアルゴリズムに対してデータを分析します。 「アプリケーションのインポート」画面では、次のタブを使用します。

直接インポート。Windows インストーラー (MSI) または App-V (SFT または APPV) パッケージがあるアプリケーションをインポート するために使用します。これは、アプリケーションDNAをデータベースに取り込む最も簡単な方法です。

Install Capture。Windows インストーラー (MSI) または App-V (SFT または APPV) パッケージがないアプリケーションをインポートするために使用します。Install Captureは、仮想マシンを使用して、アプリケーションのインストールと構成の詳細をMSIにキャプチャし、インポートします。

ヒント:AppDNAでは、アプリケーションデータのインポートとデータの分析が2つのプロセスに分割されます。通常の勤務時間内にアプリケーションをインポートし、ネットワーク上のトラフィックが少ない夕方に分析を開始することをお勧めします。また、一度に実行できる解析は 1 つだけで、解析中にレポートを生成することはできません。

ステップ11。管理対象外のアプリケーション(セットアップ実行ファイル、スクリプト、ファイルのコピー)をAppDNAにインポートする

[Install Capture] タブを使用して、MSI、SFT、または APPV ファイルが利用できない管理対象外のアプリケーションをインポートします。最も重要なものから、または最初に展開する予定のビジネスユニットから開始します。Install Captureは、仮想マシン内にアプリケーションをインストールし、MSIファイルを作成してAppDNAにインポートします。 注:Install Captureを使用してアプリケーションをインポートする前に、適切な仮想化テクノロジにアクセスする必要があります。AppDNAクライアントと通信できる仮想マシンをセットアップして構成する必要があります。詳しくは、「Install Captureの構成」を参照してください。 ヒント:Install Captureのインストールでコンピュータの再起動が必要な場合は、[後でコンピュータを再起動する](または同等のもの)オプションを選択します。Install Captureプロセス中に仮想マシンを再起動すると、Install Captureは失敗します。

ステップ 12. 管理対象アプリケーションをAppDNAにインポートする

管理対象アプリケーションのインポートをAppDNAに保持することを決定しました。アプリケーションは、AD または Configuration Manager を介して展開するために使用されたインストールメディアを使用してインストールされます。アプリケーション ‘DNA’ をインポートすると、Lakeside SysTrack を使用して検出されたアプリケーションと、インポートされた管理対象アプリケーションをリンクできます。 注:適切なインストールを選択するようにしてください(インストールを修復またはアンインストールしないでください)。パッケージに複数のインストールがある場合は、そのうちの 1 つだけを選択してください。できれば展開済みの 1 つ (つまり、[ユーザー] 列または [コンピューター] 列の数が 0 より大きい) を選択してください。

ステップ 13. 管理対象アプリケーションのリンク

ADまたはConfiguration Managerのデータをインポートする前にアプリケーションをAppDNAにインポートしている場合は、管理対象アプリケーションのリンク画面を使用して、ADとConfiguration Managerで管理されているアプリケーションをAppDNAにすでにインポートされているアプリケーションです。 注:これは、AD およびConfiguration Managerデータの構成における重要なステップです。これにより、AppDNAは、ADおよびConfiguration Managerユーザー、コンピューター、グループ、および組織単位に展開されたアプリケーションのRAG状態に関するレポートを作成できます。[管理対象アプリケーション] および [Discover Applications] 画面でインポートした管理対象アプリケーションは、自動的にリンクされます。

ステップ 14。プラットフォームに対するアプリケーションの互換性をチェックし、アプリケーション間の相互運用性をチェックする

アプリケーションをインポートした後、次の手順は、互換性をチェックするプラットフォームに対してアプリケーションを分析するすることです。相互運用性ソリューションを使用して、アプリケーション間の競合をチェックします。

ステップ 15. 分析レポートのオプション

分析の結果は、一連のレポートビューに表示されます。レポート・ビューには、サイド・バーの「レポート:アプリケーション」セクションからアクセスできます。モジュール名が太字で表示され、その後にレポート名が続きます。レポート名をクリックすると、すべてのレポートで同じレポートビューオプションが表示されます。各レポートビューは、結果に対して異なるビューを提供します。

レポートについて理解し、データを確認するさまざまなレベルのチームに最適な形式を決定します。

選択したアプリケーションのレポートを表示するには、次の手順に従います。

  1. AppDNAサイドバーで、「選択」>「すべてのアプリケーション」を選択します。
  2. 「アプリケーション・リスト」画面で、レポートに含めるアプリケーションを選択します。
  3. [アプリケーションリスト] のツールバーで、表示するレポートをドロップダウンリストから選択し、[レポートの表示] をクリックします。または、AppDNAサイドバーで、「レポート」>「アプリケーション」>「モジュール」>「レポート」>「レポートビュー」の順に選択します。ここで、表示するレポートビューは、モジュール、レポート、およびレポートビューを識別します。

レポートビューとその対象読者の説明については、次の表の「 レポートビュー」を参照してください。

ステップ 16。RAG/重要度に基づいてアプリケーションの優先順位を付け

返されたRAGステータスとビジネス・ニーズの組み合わせに基づいて、アプリケーションに優先順位 を付けます。アプリケーションを適切にグループ化した場合は、グループ・フィルタを使用して同じグループに属するアプリケーションのレポートを表示します。これにより、最も重要なアプリケーションに集中し、各グループ内のRAGステータスに基づいて優先順位を付けることができます。

必要な修復の種類、つまりDeveloperやPackagerなど、問題の修復に必要な専門分野(RAGステータス別)も判断できるため、目的のオペレーティングシステムの問題ビューレポートを使用してアプリケーションの優先順位を設定することをお勧めします。

  • 赤。赤いアプリケーションは、回避策のないアプリケーションであり、廃止し、置き換え、再開発、または必要なレガシーオペレーティングシステムを実行する仮想デスクトップ上でホストする必要があります。個々のアプリケーションのアプリケーション問題レポートを確認します(アプリケーション名をクリックすると、詳細な修復レポートが表示されます)。アプリケーションが赤とマークされている可能性がありますが、環境で使用されないコンポーネントに問題がある可能性があります。アプリケーション所有者と緊密に協力して、最善の行動方針を決定し、次に進む方法を計画します。交換と再開発が移行のタイムスケール内で発生する可能性がない場合は、レガシーOSを実行している仮想デスクトップでアプリケーションをホストするなど、レガシー代替案を探します。

  • **琥珀色 **琥珀色のアプリケーションでは、シミング、OS ビルドの変更、再パッケージングなど、何らかの回避策が必要です。個々のアプリケーションのアプリケーション問題レポートを確認します。アプリケーション名をクリックすると、詳細な修復レポートが表示されます。

  • グリーン。グリーンアプリケーションは、ユーザー受け入れテスト(UAT)の準備ができています。

アプリケーションを本番環境にプッシュする前に、アプリケーションの所有者がすぐにアプリケーションのテストを開始するように手配します。アプリケーションに問題がある場合は、個々のアプリケーションのレポートに戻り、トリガーされた内容を確認します。RAGが緑色であるアプリケーションはアルゴリズムをトリガーできますが、これらは主にハードコードされたパスなどのベストプラクティス違反に関連しています。アプリケーションがUATに進む前に対処する必要がある環境の問題であることに気付いた場合は、アルゴリズムに関連付けられたRAGを変更するすることができます。

ステップ17。是正アクションの割り当て

特定のプラットフォームのレポートデータを確認 して、組織内のアプリケーションで発生する問題の種類を把握します。その後、アプリケーションに割り当てる修復のタイプを決定できます。

これは、OSのビルドを変更するか、個々のアプリケーションを修正するかをより費用対効果が高いかどうかを判断するのに便利です。たとえば、発生する一般的な問題は、セッション 0 の分離です。影響を受けるアプリケーションとアプリケーションの数を即座に確認できるため、修復オプションについて正しい判断を下すことができます。

ステップ 18. アプリケーションの修復に必要な個人またはグループの決定

アプリケーションの修復に必要な個人またはグループを決定します。Issue Viewレポートを使用して、社内の開発者、パッケージャ、IT管理者(OSビルドの変更など)、またはISVによる交換によるアプリケーションの修復が必要かどうかを判断します。アプリケーションの「是正ビュー」レポートを適切なチームまたは個人に送信します。「是正」ビューを表示するには、「アプリケーションの問題」ビューに移動し、アプリケーション名のリンクをクリックします。

是正レポートは、Word、PDF、HTML、または MHT 形式で送信できます。

ステップ 19. UATにアプリケーションを送る

機能テストが必要な緑色またはオレンジ色のRAGがある場合、または修復後にアプリケーションをテストする準備ができたら、アプリケーションをUATに送信します。UATプロセス中にエキスパートユーザーが関与していることを確認します。

ステップ20。アプリケーションのデプロイ

UAT が成功した場合は、互換性のあるオペレーティングシステムにアプリケーションを展開します。

レポートビュー

報告書 説明 使用者
アプリケーションの問題 発生した問題について、選択したアプリケーションのステータスの概要。アプリケーション名をクリックして、アプリケーションの修復レポートビューにドリルダウンします。このビューには、問題の修正方法に関する詳細情報が表示されます。 IT管理者、開発者、パッケージャー、シーケンサ
是正ビュー 特定のアプリケーションで発生した問題の詳細ビュー、問題に関する情報、および推奨される修復オプション。 IT管理者、開発者、パッケージャー、シーケンサ
アプリケーションアクション 選択したアプリケーションのステータスの概要。問題の修正のために実行するアクションの種類を示します。アプリケーション名をクリックして、アプリケーションの修復レポートビューにドリルダウンします。 IT管理者、IT管理
懸案事項ビュー 発生したさまざまな問題の概要。このレポートビューには、問題ごとに、影響を受けるアプリケーションのリストが表示されます。アプリケーション名をクリックして、アプリケーションの修復レポートビューにドリルダウンします。 IT管理者、IT管理
[アクション] ビュー 発生した問題を修正するために実装する必要があるさまざまな是正アクションタイプの概要。このレポートビューには、アクションの種類ごとに、影響を受けるアプリケーションのリストが表示されます。アプリケーション名をクリックして、アプリケーションの修復レポートビューにドリルダウンします。 IT管理者、IT管理

Windows デスクトップおよびサーバーアプリケーションの移行

この記事の概要