AppDNA

Web アプリケーションの修復

Web アプリケーション互換性修復レポートビューには、Web アプリケーションコードを修正して特定された問題を解決する方法に関する詳細情報が表示されます。このトピックでは、ソースコードにアクセスできない場合など、使用できるその他の修復オプションについて説明します。ただし、これらのオプションは、通常、Web アプリケーションを再開発できるようになるまで、短期的なソリューションと見なす必要があります。

Internet Explorerドキュメントの互換性

Internet Explorer 8 以降では、いくつかの互換モードがあります。これらの互換モードは、Web ページの解釈と表示方法を決定します。Web アプリケーションがターゲットバージョンの Internet Explorer と互換性がない場合は、必要に応じて、適切な互換モードを使用するように Web アプリケーションを設定できます。互換モードを設定するには、いくつかの方法があります。

  • グループポリシーオブジェクト (GPO) の使用 — Web アプリケーションを次のいずれかのグループポリシーに追加して、それぞれ IE7 標準モードまたは Quirks ドキュメントモードでレンダリングできます。この方法は、Web アプリケーションが外部でホストされていて、ソースコードにアクセスできない場合に便利です。

Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Compatibility View\Use Policy List of Internet Explorer 7 sites Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Compatibility View\Use Policy List of Quirks Mode sites

詳しくは、http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc985351.aspxを参照してください。

  • ページヘッダーでのメタタグの使用 — Webアプリケーションのソースコードにアクセスできる場合は、ページヘッダーでメタタグを使用して、ページが次のような特定のモードで実行されるように指定できます。
    <head>
      <meta http-equiv="x-ua-compatible" content="IE=Value">
      <title>My page</title>
    </head>

ここで、Value は、次の表の値のいずれかです。

説明
5 Internet Explorer が Quirks ドキュメントモードで実行されているかのようにページをレンダリングします。これは、コンテンツが Internet Explorer 5 でレンダリングされた方法に似ています。
7 DocType が存在する場合は無視し、Internet Explorer 7 が IE7 標準ドキュメントモードで実行されているかのようにページをレンダリングします。
8 DocType が存在する場合は無視し、Internet Explorer 8 が IE8 標準ドキュメントモードで実行されているかのようにページをレンダリングします。
9 DocType が存在する場合は無視し、Internet Explorer 9 が IE9 標準ドキュメントモードで実行されているかのようにページをレンダリングします。
EmulateIE7 DocType を尊重し、Internet Explorer 7 が IE7 標準モードまたは Quirks ドキュメントモードで実行されているかのようにページをレンダリングします。
EmulateIE8 DocType を尊重し、Internet Explorer 8 が IE8 標準またはQuirks ドキュメントモードで実行されているかのようにページをレンダリングします。
EmulateIE9 DocType を尊重し、Internet Explorer 9 が IE9 標準モードまたは Quirks ドキュメントモードで実行されているかのようにページをレンダリングします。
Edge 利用可能な最も高いモードを使用してください。本番環境では推奨されません。

詳しくは、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/jj676915(v=vs.85).aspxを参照してください。

  • Web サーバーでのカスタムヘッダーの使用 — Web アプリケーションが内部でホストされている場合、Web サーバーの HTTP ヘッダーでメタタグを使用して、サイト全体が特定のモードで実行されるように指定できます。これを行う方法の詳細は、Webサーバーの種類(IISかApacheかなど)によって異なります。ただし、ページヘッダーでメタタグを使用する場合のオプションは、上記と同じです。

たとえば、IISサーバーの場合、web.configファイルにセクションを追加して、HTTPヘッダーにメタタグを提供できます。

```
<configuration>
<system.webServer>
<httpProtocol>
<customHeaders>
<add name="X-UA-Compatible" value="IE=8" />
</customHeaders>
</httpProtocol>
</system.webServer>
</configuration>
```

詳しくは、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/jj676913(v=vs.85).aspxを参照してください。

仮想ブラウザ環境の使用

他のオプションによって問題が解決されない場合は、Med-V や Citrix Terminal Server などの仮想化テクノロジを使用して提供される、サポートされているバージョンのブラウザーで Web アプリケーションをネイティブに実行することを検討してください。

Web アプリケーションの修復