Active Directory とConfiguration Managerの問題

「アクセスが拒否されました」エラー

「アクセスが拒否されました」エラーは、Active Directory またはConfiguration Managerの接続の詳細を入力するとき、またはその接続を使用してデータを抽出するときに発生します。

通常、このエラーは、次のいずれかの理由で発生します。

  • オプション機能の要件の説明に従って、ユーザアカウントに必要な権限がありません。
  • Active Directory またはConfiguration Managerに接続しようとしているコンピューターで、分散 COM (DCOM) が有効になっていません。詳細については、DCOM を有効または無効にするを参照してください。

「ファイルの読み込みに失敗しました」エラー

Configuration Managerを使用して展開された管理対象アプリケーションをインポートする場合、AppDNAはインストールファイルにアクセスする必要があります。通常、これは UNC パスを使用して実現され、ファイルサーバー共有へのアクセスは Active Directory ドメイン認証によって行われます。インポートが失敗し、インポートログに次のようなメッセージが含まれる場合は、インストールファイルのパスを調べ、AppDNAからアクセスできることを確認します。Install Captureのインポートでは、Install Capture仮想マシンからインストールファイルにアクセスできる必要があります。

ファイルのロードに失敗しました:<MSI file name> エラーのため 、システムは指定されたデバイスまたはファイルを開くことができません。

ファイルの読み込みに失敗しました:<MSI file name> エラーのため アクセスが拒否されました。

この障害は、必要なネットワーク共有にアクセスできないWindowsユーザーアカウントでAppDNAを実行したことが原因である可能性があります。また、UNC パスではなく、ドライブ文字を使用してパスを表現した結果である場合もあります。インポートを成功させるには、必要なドライブ文字を正しいネットワーク共有にマップする必要があります。Install Captureを使用する場合は、仮想マシンでこれを行う必要があります。