AppDNA 1906

データベースのアップグレード

注意:複数のデータベースがある場合は、各データベースに対して次の構成手順を実行します。

  1. データベースソフトウェアがシステム要件を満たしていない場合は、アップグレードします。

  2. 構成ウィザードを実行する前に、AppDNAクライアントを停止します。

    必要に応じて、アップグレードによって IIS のリセットが実行されます。IISをリセットすると、AppDNA Webサイトとデータベースの両方をホストするWebサーバーに接続している実行中のAppDNAクライアントでのインポートセッションと分析セッションが終了します。

  3. AppDNA環境の構成ウィザードがまだ開いていない場合は、Windowsの「スタート」メニューから「Citrix AppDNA」>「管理ツール」>「AppDNAの構成」の順に選択します。

  4. [アップグレードインストール] を選択します。

  5. [データベースの選択] ページで、アップグレードするデータベースを選択し、必要に応じて [バックアップ] を選択し、[次へ] をクリックします。

    ライセンスを検証するために、AppDNAはPlatinumライセンスの有効期限とSubscription Advantage 保守契約の両方をチェックします。Subscription Advantage の有効期限が切れている場合、AppDNA構成ウィザードは、最初にAppDNAをアクティブ化するために使用されたCitrix ライセンスサーバーに接続し、ライセンスを更新します。

  6. [次へ] をクリックして、システムチェックを開始します。システムチェックが失敗した場合は、システムチェックの問題を参照してください。

  7. [Upgrade] をクリックして、データベースのアップグレードを開始します。これには時間がかかります。

データベースのアップグレード