既知の問題

次の警告は、レジストリエントリの変更を示唆する回避策に適用されます。

警告:

レジストリを誤って編集すると、深刻な問題が発生し、オペレーティングシステムの再インストールが必要になることがあります。Citrix は、レジストリエディタの誤った使用に起因する問題を解決できることを保証できません。レジストリエディタは、自己の責任において使用してください。レジストリを編集する前に、必ずレジストリをバックアップしてください。

  • IIS Web サーバーが Windows 認証を要求するように設定されている場合、OS スナップショットマネージャーの [ ダウンロード ] ボタンをクリックすると、「認証されていません」というメッセージが表示されます。

    この問題を回避するには、1) AppDNA WebサーバーからMSIを手動でコピーするか(C:\Program Files\Citrix\AppDNA\Server\Download\snapshotmanager.exe)、または2)インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーで匿名認証を一時的に許可します。 [AppDNA-1797]

  • AppDNAレポートでは、アプリケーションの展開メカニズムとして、XenAppおよびXenDesktopおよびCitrix Virtual Apps and Desktops の適合性が評価されます。ただし、レポートモジュール、ソリューション、およびアルゴリズム修復テキストは、XenAppおよびXenDesktop ktopのみを指します。同様に、ユーザーインターフェイスおよび製品ドキュメント全体にわたるさまざまな参照では、Citrix Virtual Apps and Desktops については言及していません。

  • App-V ソリューションの構成中に、[修正] オプションを使用して VM を修正すると、構成済みの組み込みシーケンサーを使用して Windows 10 ビルド 1703 の App-V Sequencer ステップのインストールでインストールが停止します。この問題を回避するには、「Microsoft Web サイトへ移動」アクションと警告をキャンセルします。これにより、仮想マシンの構成は正常に完了します。 [APPDNA-1685]

  • AppDNA Webサーバープロセスは、最小バージョンとして.NET 4.5.1に依存しています。Webサーバーに.NET 4.6以降がインストールされている場合、AppDNA IISプロセスが予期せず動作しなくなることがあります。この問題により、未処理の例外が発生し、インポートまたは分析タスクが失敗します。エラーメッセージには、w3wp.exe を参照するステートメントが含まれている可能性があります。たとえば、「DotNet フレームワーク例外エラー w3wp.exe[4520]」などです。

    この問題を解決するには、サーバー環境の Microsoft 更新プログラムをインストールします。

    https://support.microsoft.com/en-us/kb/3088955 (Windows Server 2012とWindows 8) https://support.microsoft.com/en-us/kb/3088956 (Windows Server 2012 R2 とWindows 8.1) https://support.microsoft.com/en-us/kb/3088957 (古いバージョン) [# APPDNA- 1475]

  • App-V ソリューションでは、Windows 10 AU (バージョン 1607 および 1703) または Windows サーバー 2016 のプラットフォームを使用して、App-V パッケージを作成することはできません。 [APPDNA-1636]

  • Windows XP SP3で指向スパイダーを起動すると、「DirectedSpider.exeは有効なWin32アプリケーションではありません」というエラーメッセージが表示されます。

    この問題を回避するには、古いバージョンのAppDNA(AppDNA 7.9以前)を使用します。 [APPDNA-1371]

  • インポートプロセスのクライアント側の部分の完了に異常に長い時間がかかる場合、キャンセル要求が適時に応答しないことがあります。

    この問題を回避するには、AppDNAを閉じます。これにより、インポートが停止します。 [AppDNA-432]

既知の問題