Product Documentation

HDX RealTime Connector for Microsoft LyncのサーバーおよびVDAへのインストール

Feb 04, 2016

HDX RealTime Connector for Microsoft Lyncにより、ビデオ会議の処理が最適化されます。XenAppおよびXenDesktop環境のユーザーがHDX RealTime Connector for Microsoft Lyncを実行できるようにするには、XenAppサーバーやXenDesktopの仮想デスクトップ上にHDX RealTime Connector for Microsoft Lyncをインストールします。

XenDesktop環境にインストールするには

ユーザーが使用するXenDesktop仮想デスクトップに、HDX RealTime Connector for Microsoft Lyncをインストールします。インストールする前に、XenDesktop仮想デスクトップでMicrosoft Lyncが動作していないことを確認します。

HDX RealTime Connector for Microsoft Lyncをインストールするには、次の手順に従います。

  1. XenDesktop仮想デスクトップを起動して管理者としてログオンします。
  2. 仮想デスクトップでインストーラーのHDX RealTime Connector LC 2013.msiを実行して、画面の指示に従います。
  3. 仮想デスクトップを再起動します。

XenApp環境にインストールするには

XenAppファームの各サーバーに、HDX RealTime Connector for Microsoft Lyncをインストールします。インストールの前に、サーバー上のどのセッションでもMicrosoft Lyncが動作していないことを確認します。

  1. XenAppサーバーに管理者としてログオンします。
  2. インストーラーのHDX RealTime Connector LC 2013.msiを実行して、画面の指示に従います。
  3. XenAppサーバーを再起動します。