Product Documentation

このリリースについて

Feb 04, 2016

 

XenAppおよびXenDesktopからMicrosoft Lyncクライアントを配信するには、以下の2つの方法があります。

  • Citrix Receiver for WindowsでフルサポートされるMicrosoft Lync 2013 VDIプラグイン(メディアエンジン)を使用する。
  • Citrix HDX RealTime Optimization Pack for Microsoft Lyncを使用する。

Microsoft Lync 2013 VDI Plug-inは、Windowsデバイス(Windows 7、WES 7、Windows 8)でLync 2013を排他的に使用して、完全な仮想デスクトップの一部としてLyncクライアントを配信するカスタマーに適しています。XenDesktop 7.1以降およびCitrix Receiver 4.1.02以降に対しては、Microsoftによりこの解決策は適しているとされています。この解決策について詳しくは、https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj204683.aspxおよびhttp://support.citrix.com/article/CTX138408を参照してください。

Citrix HDX RealTime Optimization Pack for Microsoft Lyncでは、XenDesktopおよびXenApp環境でMicrosoft Lyncのリアルタイムオーディオ/ビデオ会議やUSBまたはボイスオーバーIPの企業向け電話に対応する高度にスケーラブルなソリューションをLinuxおよびWindowデバイスのユーザーに提供します。HDX RealTime Optimization Packは既存のMicrosoft Lyncインフラストラクチャを活用し、デバイスでネイティブに動作するほかのMicrosoft Lyncエンドポイントと連動します。

HDX RealTime Optimization Packには、クライアント用のコンポーネントとサーバー用のコンポーネントが含まれています。

  • クライアントコンポーネントのCitrix HDX RealTime Media Engineはエンドポイントデバイス上のCitrix Receiverと統合され、シグナルやメディアのすべての処理をユーザーデバイス側で実行します。これにより、サーバーの負荷を軽減してスケーラビリティを最大化し、ネットワーク帯域幅の消費を最小化してオーディオ/ビデオ品質を最適化します。
  • サーバー(および仮想デスクトップ)コンポーネントのCitrix HDX RealTime Connector for Microsoft LyncはMicrosoft Lyncクライアントのコネクタで、エンドポイントのRealTime Media Engineを駆動します。このRealTime Connectorは仮想サーバー環境でMicrosoft Lyncと一緒に動作し、ユーザーデバイス上で動作するRealTime Media EngineとCitrix ICA仮想チャネルを介してシグナル情報を通信します。

 

新機能

HDX RealTime Connector for Microsoft Lync 2013 1.7.100

  • ログ情報へのワンボタンアクセス:[バージョン情報]画面のボタンにより、ログファイルが収集され、zip圧縮され、ファイルブラウザーでユーザーに表示されます。このブラウザーを使って、ユーザーはzipファイルを表示したり操作したり操作したりできます。

HDX RealTime Connector for Microsoft Lync 2013 1.7

  • (32ビットに加えて)64ビットのMicrosoft Lync 2013クライアントと互換性があります。
  • コールパークおよびピックアップ:ユーザーはアクティブな通話をパーキングに転送し、転送先で通話に出ることができます。また、アクセスアドレス(オービット)をほかのLyncユーザーに転送して、通話させることもできます。
  • キーパッドダイヤル:キーパッドを使って電話番号、内線、およびメインLyncウィンドウのコールパークオービットアドレスにダイヤルできます。
  • Lync入力バーダイヤル:電話番号をLyncバーに入力して、Enterキーを押すことができます。
  • 着信の転送および同時呼び出しの制御:かかってきた電話を受け損なわないようにするため、着信の転送および同時呼び出しをセットアップします。転送規則をセットアップして、着信を転送します。着信の同時呼び出しをセットアップして、自分の電話およびほかの電話番号先も呼び出します。
  • 取次通話の転送:通話の転送の取次転送手法をサポートします。これは、ユーザーが1つ目の通話を保留にしてほかのユーザーとの通話を行い、転送される通話があることを取り次いで2つ目の通話で取次転送を完了させます。
  • 改善されたログ記録:LyncMonitorがログファイルを作成します。
  • リダイレクト通話オプション:ユーザーIDが割り当てられたほかの電話番号先に着信をリダイレクトできます。
  • ドラッグアンドドロップによる参加者の追加:Lync連絡先リストからオーディオまたはビデオセッションに連絡先をドラッグアンドドロップして、選択したユーザーを電話会議に追加できます。

注意

このリリースは、Lync 2010とは完全な互換性がありません。HDX RealTime Optimization Pack 1.6 for Microsoft Lyncを使っている場合は、「既知の問題」を参照してバージョン1.7へのアップグレードが自分に合っているかどうか判断してください。