機能の構成

警告

レジストリエディターの編集を誤ると、深刻な問題が発生する可能性があり、Windowsの再インストールが必要になる場合もあります。レジストリエディターの誤用による障害に対して、Citrixでは一切責任を負いません。レジストリエディターは、お客様の責任と判断の範囲でご使用ください。また、レジストリファイルのバックアップを作成してから、レジストリを編集してください。

RealTime Connectorの機能

フォールバックモードおよびシステム通知バルーンを有効または無効にするには、次のいずれかのレジストリ設定を変更します。HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\HDXRTConnector または

HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HDXRTConnector。

フォールバックモード

次のレジストリ設定を変更して、フォールバックモードを制御します。

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\HDXRTConnector

または

HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HDXRTConnector

名前:DisableFallback

値:DWORD

0または値がない - フォールバックモードが有効

1 - フォールバックモードが無効

2 - フォールバックモードのビデオが無効

通知バルーン

次のレジストリ設定を変更して、システム通知バルーンを有効または無効にします。

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\HDXRTConnector

または

HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HDXRTConnector

名前:DisableStatusBalloons

値:DWORD

0または値がない - 通知バルーンが有効

1 - 接続されたバルーンが無効。フォールバックおよび接続が切断されたバルーンが有効

2 - すべての状態通知バルーンが無効

バージョン不一致の警告の無効化または有効化

次のレジストリ設定を変更して、バージョン不一致の警告を有効または無効にします。

キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Citrix\HDXRTConnector

または

HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HDXRTConnector

名前:DisableVersionWarning

値:DWORD

0または値がない - 警告のアイコンとテキストが有効

1 - 警告のアイコンとテキストが状態通知アイコンおよび[バージョン情報]ダイアログで無効

Windows Management Instrumentation(WMI)のサポート

WMIは、すべてのOptimization Pack接続で、接続状態、通話状態、デバイスの状態の情報を提供します。

以下は、名前空間およびクラスです。C:\Program Files (x86)\Citrix\HDX RealTime Connector\wmirtc.ps1に、すべてのオブジェクトデータを取得するサンプルPowerShellスクリプトがあります。

名前空間

ROOT\Citrix\hdx\RTOptPack

クラス

Citrix_HDXRTConnector

Citrix_HDXRTConnector_Call

Citrix_HDXRTConnector_Device

WMI呼び出し

管理者権限のあるアカウントでこれらの呼び出しを実行します。

get-wmiobject -namespace root\citrix\hdx\RTOptPack -class Citrix_HDXRTConnector_Call

get-wmiobject -namespace root\citrix\hdx\RTOptPack -class Citrix_HDXRTConnector_Device

get-wmiobject -namespace root\citrix\hdx\RTOptPack -class Citrix_HDXRTConnector

または、このサンプルPowerShellスクリプトを使用します。

C:\Program Files (x86)\Citrix\HDX RealTime Connector\wmirtc.ps1のサンプルPowerShellスクリプト:

構文: wmirtc.ps1 [Skype for Businessログイン名]

  • ユーザー名が指定されていない場合、すべてのユーザーのすべてのクラスにオブジェクトを返します。
  • ユーザー名が指定されている場合、そのユーザーのみにオブジェクトを返します。

RealTime ConnectorおよびRealTime Media Engineの機能

ログの無効化

ログはデフォルトで有効になっています。以下のレジストリキーを使用して、サーバー側およびクライアント側のログを無効にできます。

RealTime Connectorのログ

キー:HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HDXRTConnector

名前:DisableFileLogging

値:DWORD

データ:

0または値がない - ログが有効

1 - ログが無効

RealTime Media Engineのログ

キー:HKEY_CURRENT_USER\Software\Citrix\HDXRTConnector\MediaEngine

名前:DisableFileLogging

値:DWORD

データ:

0または値がない - ログが有効

1 - RealTime Media Engineはファイルにログを書き込みませんが、ログをRealTime Connectorに送信します。

RealTime Media Engineサービスのログ

キー: HKEY_USERS\.DEFAULT\Software\Citrix\HDXRTConnector

名前:DisableFileLogging

値:DWORD

データ:

0または値がない - ログが有効

1 - ログが無効

機能の構成