アップグレード

RealTime Optimization Pack 2.3の機能を利用するには、Skype for Business 2015を2016年6月のPU(15.0.4833.1001)以降にするか、またはOptimization Pack 1.xをバージョン2.3にアップグレードする必要があります。

Optimization Pack 2.xから2.3へのアップグレード

Optimization Packは、Optimization Pack 2.xからこのバージョンへの柔軟なアップグレードをサポートします。Optimization Pack 2.xから2.3にアップグレードするには、次のことに注意します。

  • Optimization Packを2.2にアップグレードするには、Skype for Business 2015を更新プログラム15.0.4833.1001以降にアップグレードするか、Skype for Business 2016を更新プログラム16.0.7341.2032(Click-to-Run)以降(英語版)にアップグレードする必要があります。
  • RealTime Media Engine 2.xをすぐにエンドポイントでアップグレードせずに、RealTime Connectorを2.xから2.3にアップグレードできます。すべての新機能および既知の問題の修正を利用するには、RealTime Media Engineを更新する必要があります。これは、メジャーリリース、マイナーリリース、パッチリリースのすべてに適用されます。
  • RealTime ConnectorおよびSkype for Businessは個別にアップグレードできます。
    • RealTime Connector 2.xを2.3にアップグレードしてから、 Skype for Business 2015を2016年6月の更新プログラム15.0.4833.1001以降にアップグレードします。Skype for Business 2016は、更新プログラム16.0.7341.2032以降(英語版)にアップグレードする必要があります。

      または

    • Skype for Business 2015を2016年6月の更新プログラム、またはそれ以降にアップグレードします。次に、RealTime Connector 2.0.xまたは2.1を2.3にアップグレードします。Skype for Business 2016は、更新プログラム16.0.7341.2032以降(英語版)にアップグレードする必要があります。

  • マイナーまたはメジャーリリースの段階的なアップグレードを行う場合(2.0から2.3など)、RealTime Media Engineの前にまずRealTime Connectorをアップグレードする必要があります。そうしない場合、最適化された動作ではなくフォールバック動作が発生します。
  • パッチリリースへのアップグレードの場合(2.xから2.x.100など)は、どちらを先にアップグレードしても問題ありません。

重要

1.xをアップグレードする場合、最適な操作を続けるためにはRealTime ConnectorおよびRealTime Media Engineの両方をアップグレードする必要があります。

Linuxのアップグレード要件

32ビット版Linux向けCitrix Workspaceアプリおよび32ビット版RealTime Media Engineを64ビットシステムで実行している場合、32ビット版のRealTime Media Engineパッケージを使用してアップグレードする必要があります。

64ビットバージョンのRealTime Media Engineを利用するには、最初に32ビットバージョンのLinux向けCitrix WorkspaceアプリとRealTime Media Engineの両方をアンインストールします。次に、64ビットバージョンのLinux向けCitrix Workspaceアプリ1808またはCitrix Receiver for Linuxのバージョン13.2以降および64ビットバージョンのRealTime Media Engineをインストールします。

Optimization Pack 1.xから2.x

2015年、CitrixとMicrosoftは仮想環境でSkype for Businessを配信する新しいインフラストラクチャを共同開発しました。この新しいインフラストラクチャによって、2.xリリースから次のリリースへのアップグレードが円滑になります。すべてのユーザーデバイスでRealTime Media Engineをアップグレードする前に、XenAppおよびXenDesktopサーバー上のRealTime Connectorをアップグレードできるようになります。RealTime Media Engineの1.xバージョンはRealTime Connector 2.xと互換性がないため、従来の1.xから2.xへのアップグレードは難しくなります。そのため、ユーザーデバイスでRealTime ConnectorのアップグレードからRealTime Media Engineのアップグレードまでの間、Skype for Businessクライアントの配信を最適化することはできません。

アップグレードをより円滑に行うためには、Electronic Software Deliveryを使用して、ユーザーデバイスでRealTime ConnectorおよびRealTime Media Engineを更新することをお勧めします。アップグレードは可能な限り同時に近いタイミングで実行してください。ユーザーがSkype for Businessオーディオ/ビデオサービスを使用する必要があり、RealTime ConnectorとRealTime Media Engineのバージョンが一致していない場合、RealTime Connectorはサーバーの負荷を管理するために、フォールバック制御を提供します。これによって、管理者はRealTime Media Engineが2.xにアップグレードされるまでオーディオ/ビデオサービスを完全に拒否するか、オーディオのみを許可するか、オーディオとビデオの両方を許可するかを構成できます。サーバー側のビデオ処理はCPUの使用やサーバーのスケーラビリティに深刻な影響を与えます。

Microsoft Lync VDIプラグインからOptimization Packへの移行

CitrixとMicrosoftは協力して、Citrix Virtual Apps and Desktops環境でSkype for Businessクライアントを配信する「バージョン2」アーキテクチャを開発しました。これが、2015年12月のRealTime Optimization Pack 2.0リリースおよびSkype for Businessクライアントの関連更新プログラムにつながりました。それまでは、VDIプラグインと呼ばれるCitrix Receiver for Windowsプラグインによる「バージョン1」ソリューションがMicrosoftによって提供されていました。

Lync 2013クライアントバージョン15.0.4859.1002(2016年9月導入)には、Lync VDIプラグインをRealTime Media Engine 2.2と使用するための拡張機能が含まれています。この拡張機能は移行を容易にします。次の手順で移行します。

  1. Citrix Virtual Desktopsサーバー上のLync/Skype for BusinessクライアントおよびユーザーのWindowsデバイス上のLync VDIプラグインにすべての最新の更新を適用します。移行は両方のコンポーネントに最新の更新が適用されている場合のみサポートされています。クライアントがSkype for Business UIモードで実行されていることを確認します。Optimization Pack 2.3はこのモードのみをサポートします。
  2. エンドポイントで、RealTime Media Engine 2.3をLync VDIプラグインと同時に展開します。この時点で、Lync VDIプラグインはまだオーディオ/ビデオ通信で使用されています。
  3. Citrix Virtual Desktopsサーバーで、Skype for Businessに対応したRealTime Connectorを展開します。これによって、システムは、オーディオ/ビデオ通話にRealTime Optimization Packを使用するよう切り替わります。
  4. Lync VDIプラグインをWindowsデバイスからアンインストールします。