ライセンスサーバー11.15

Citrixライセンスサーバーバージョン11.15はWindowsのみで、ライセンスサーバーVPXではサポートされません。

シトリックス製品の各環境では、少なくとも1つのライセンスサーバーが動作している必要があります。ライセンスサーバーとは、ライセンスの格納および管理を行うコンピューターを指し、ほかの機能と兼用したり、ライセンスサーバー専用として動作したりできます。シトリックス製品にユーザーが接続を試みると、製品がライセンスサーバーにライセンスを要求します。

シトリックス製品が動作するサーバーがライセンスサーバーと通信し、必要なライセンスを取得します。

licensing-overview

ユーザーがシトリックス製品に接続すると、ライセンスサーバーからライセンスが取得されます。つまり、シトリックス製品がユーザーやクライアントデバイスからの接続を受け入れるためのライセンスを、ライセンスサーバーに要求します。ライセンスサーバーからライセンスが正しくチェックアウトされると、ユーザーの接続が受け入れられ、シトリックス製品を使用できるようになります。

製品の展開環境の規模により、ライセンスサーバーとほかの製品サーバーを1つのコンピューターで兼用したり、専用のライセンスサーバーや複数のライセンスサーバーを運用したりできます。

ライセンスファイルは、ライセンスする製品に関連したライセンスサーバーに必要です。製品はその特定のライセンスサーバーと通信できるよう構成する必要があります。Citrix Licensing Managerおよびライセンス管理コンソールは、ライセンスサーバー上のライセンスを管理し、監視するためのユーザーインターフェイスです。この管理コンソールでは、ライセンスの使用状況やアラートを確認したり、ライセンスファイルをインポートしたり、使用履歴レポートを作成したり、ライセンスサーバーの設定を管理したりできます。

ライセンスサーバー11.15

In this article