障害回復 - バックアップと冗長性

シトリックス製品を重要な基幹業務で使用する場合は、バックアップ用のライセンスサーバーを設定した方がよい場合があります。シトリックスからライセンスのバックアップコピーを取得することも可能ですが、多くのライセンスをダウンロードするには時間がかかることがあります。ライセンスサーバーの障害時に備えて、ライセンスのコピーをネットワーク上の共有フォルダーに保存したり、バックアップ用のライセンスサーバーを設定したりできます。

障害回復サイトに使用するライセンスと同じライセンスを実稼働環境でも使用できます。

  • 実稼働環境とは別に障害回復環境を構成および管理します。
  • ライセンスのチェックアウトで、実稼働用とバックアップ用のライセンスサーバーを同時に使用しないでください。
  • 一度に1つのライセンスサーバーのみにアクセスできるようにします。
  • 障害回復環境のライセンスサーバーと実稼働環境のライセンスサーバーは、同じホスト名を使用する必要があります。

ライセンスサーバーがメンテナンス作業のためにオフラインになったら

標準の30日間の猶予期間を設定すると、ライセンスサーバーのメンテナンスをサポートするため、パフォーマンスが低下したりサービスが不能状態になったりすることなく、システムが機能し続けることができます。

ライセンスサーバーが回復不能な場合はどうすればよいですか

ライセンスファイルのバックアップコピーがある場合は、30日以内に次の作業を行います:

  1. 環境内の既存のサーバーの名前を元のライセンスサーバーと同じホスト名に変更します。
  2. ライセンスサーバーのコンポーネントとバックアップライセンスファイルをインストールして、環境のライセンスを再取得します。

ライセンスサーバーが回復不能で、ライセンスファイルのバックアップコピーがすぐに利用できない場合はどうすればよいですか

ライセンスファイルのバックアップコピーがすぐに利用できない場合は、30日以内にwww.citrix.comの[My Account]>[Manage Licenses]ポータルにアクセスしてください。環境のライセンスを再取得するには、次の手順を実行します:

  1. ライセンスファイルをダウンロードします。
  2. 環境内の既存のサーバーの名前を元のライセンスサーバーと同じホスト名に変更します。
  3. ライセンスサーバーコンポーネントとダウンロードしたライセンスファイルをインストールします。

ライセンスサーバーが回復不能で、環境内の既存のサーバーの名前を変更できない場合はどうすればよいですか

環境内の既存のサーバーの名前を変更できない場合は、30日以内に環境のライセンスを再取得します。以下を実行します:

  1. 環境内の別のサーバーを指定します。
  2. ライセンスサーバーのコンポーネントをインストールします。
  3. www.citrix.comの[My Account]>[Manage Licenses]ポータルにアクセスします。
  4. ライセンスファイルを返却し、選択した新しいサーバーのホスト名を使用して再取得します。
  5. ライセンスファイルをダウンロードしてインストールします。

ライセンスサーバーに障害が発生すると、パフォーマンスが低下したりサービスが不能状態になったりしますか

いいえ。30日間の猶予期間があるため、パフォーマンスの低下やユーザーへのサービスが不能状態になることを回避できます。

冗長性の設定

基幹業務に使用される環境でなければ、通常は冗長性の設定は不要です。小規模や、業務への影響が少ない環境では、ネットワーク上またはネットワーク外に格納されているライセンスサーバーのコピーを作成して、ライセンスサーバーをバックアップすることができます。

基幹業務環境でのライセンスサーバーの冗長性は、次の方法で確保できます:

  • クラスター化されたライセンスサーバーを作成します。クラスタリングとライセンスについて詳しくは、「ライセンスサーバーのクラスター化」を参照してください。
  • XenServer 5.6以降の高可用性機能を使用します。
  • ライセンスサーバーおよびライセンスサーバー上のファイルを複製します。バックアップ用のライセンスサーバーに元のライセンスサーバーと同じ名前を付けて、ネットワークに接続せずに保管します。
  • ネットワーク上のバックアップ用のライセンスサーバーに別の名前を付けて保管します。この場合、アクティブなライセンスサーバーの障害時にバックアップ用のライセンスサーバーを使用するには、サーバー名を元のライセンスサーバーの名前に変更する必要があります。
  • ネットワークアプライアンスを使用します。単一のライセンスサーバーでライセンス要求を処理する場合は、サーバーやネットワークの障害を検出するネットワークアプライアンスを使用してバックアップライセンスサーバーにトラフィックが転送されるように構成します。

どの方法を採用しても、猶予期間内にバックアップ用のライセンスサーバーに切り替えれば、ユーザーは製品の使用を継続できます。詳しくは、「猶予期間」を参照してください。

次の重要事項に気をつけてください:

  • ライセンスファイルは、割り当て時に指定したサーバー名を参照するため、同じバインド情報を持つサーバー以外のサーバーでは使用できません。同じバインド情報とは、元のライセンスサーバーと同じサーバー名や完全修飾ドメイン名またはMACアドレス(ポータルではイーサネットアドレスと表示される場合があります)を指します。
  • 同じ名前のライセンスサーバーを、同一ネットワーク内で同時にアクティブにすることはできません。
  • ライセンスを追加するときは、元のライセンスサーバーとバックアップ用のライセンスサーバーの両方にライセンスファイルをコピーしてください。