使用履歴

Citrix Licensing Managerは、ツールがインストールされたライセンスサーバーで、使用状況履歴レポートを保存してエクスポートできます。使用状況履歴データの日付の範囲を指定し、CSVファイルにエクスポートできます。CSVファイルにより、超過使用のライセンス数を含む日単位での使用状況情報が提供されます。

また、データを保持する期間を表示して指定することもできます。

Historical-usage

使用状況履歴データのエクスポート

  1. ライセンスサーバーでホストされているCitrix Licensing Managerにログオンします。ライセンスサーバーにアクセスできるシステムのブラウザーにこのURLを入力します。実際のライセンスサーバーのホスト名を使用します。

    http://License-Server-Hostname:8083/

  2. メニューを使用して、製品とエディション、ライセンスモデル、データ範囲(より広範囲であるほど望ましい)を選択し、履歴を収集します。

    [すべて] がカスタマーサクセスサービス日のデフォルトオプションです。複数のカスタマーサクセスサービスの日付がある場合、[すべて] を選択できます。カスタマーサクセスサービス日を選択すると、エクスポートされるデータが特定のライセンスプールに限定され、使用中のライセンスの総数が正確に反映されません。

    CSSのデフォルトオプション

  3. 選択後、[Export] をクリックすると、ダウンロードダイアログボックスが開きます。
  4. [Save] メニューを使用して、[Save As] を選択し、エクスポートされた.CSVファイルを保存します。
  5. 保存期間を変更するには、[Change] を選択し、メニューで変更を加えます。

このデータの保有期間は、デフォルトで1年です。

使用履歴