設定

画面の上部にある [設定] の歯車アイコンをクリックして、設定を表示します。設定には3種類あります:

  • アカウント
  • サーバー設定
  • 使用状況と統計情報

アカウント

この画面を使用して、以下を実行できます:

ライセンスサーバーを管理するためのユーザーとグループのアクセス権の構成。

アカウント

Citrix Licensing Managerでは、ローカルのWindowsユーザーとグループ、およびActive Directoryユーザーとグループを使用できます。ここで構成したユーザーは、Citrix Licensing ManagerおよびCitrixライセンス管理コンソールにアクセスできます。

Active Directoryのユーザーおよびグループは、Active Directory/ネットワーク認証システムの一部です。Active Directoryのユーザーおよびグループをサポートするには、WindowsライセンスサーバーがMicrosoft Active Directoryドメインに参加していて、Citrix Licensing Managerを実行していることを確認してください。

ユーザーはローカルの役割で構成されています。管理者として作成されたすべてのユーザーは、次の操作を実行できます:

  • 管理コンソールの表示言語を選択する。
  • システム情報を表示する。
  • ユーザーアカウントを追加および削除する。
  • ライセンスサーバーのポートを構成する。
  • ベンダーデーモンを構成する。
  • Web Services for Licensingポートを構成する。
  • ライセンスを設定して追加する。

Citrix Licensing Managerをインストールすると、デフォルトの管理者アカウントが作成されます。インストールが完了したら、管理者アカウントを使ってライセンス管理コンソールにログオンし、ほかのユーザーを設定します。

サーバー設定

この画面を使用して、以下を実行できます:

  • ライセンスサーバー、ベンダーデーモン、Web Services for Licensingポートを構成する。
  • カスタマーサクセスサービスの更新ライセンスの操作を構成する。
  • 追加猶予期間を有効または無効にする。
  • 管理コンソールの表示言語を選択する。

Server-configuration

ポート番号の構成

次の3つのデフォルトポートを編集できます:

  • ライセンスサーバー。このポート番号はLicense Server Managerが使用します。製品間の内部通信、ベンダーデーモンの起動、およびチェックイン/チェックアウト要求のベンダーデーモンへの転送を行います。デフォルトのポート番号は、27000です。

  • ベンダーデーモン。このポートはCITRIXベンダーデーモンが使用します。ベンダーデーモンは、ライセンスの割り当て処理など、ライセンスサーバーの中核処理を行います。デフォルトのポート番号は、7279です。ただし、ファイアウォールを使用する場合、またはほかの用途でこのポートを使用している場合は、ポートを変更できます。

  • Web Services for Licensing。Web Services for Licensingが使用するポートです。Web Services for LicensingはCitrix Licensing Managerをホストしているため、Citrix Licensing Managerに接続するユーザーはこのポートを使用します。DirectorとStudioはこのポートを使用して、Web Services for Licensingを使用するライセンスサーバーと通信します。デフォルトのポート番号は、8083です。

カスタマーサクセスサービスの更新を確認してインストールする

有効にすると、Citrix Licensing Managerは毎週Citrix.com Webサービスにアクセスし、利用可能なカスタマーサクセスサービス更新ライセンスがあるかを確認します。

構成方法に従って、Citrix Licensing Managerはカスタマーサクセスサービス更新ライセンスを自動または手動で確認し、ライセンスが見つかると通知またはインストールします。

  1. Citrix Licensing Managerで、UIの上のバーにある設定アイコンを選択します。
  2. 通知方法と、更新ライセンスを自動的にインストールするかどうかを選択し、[保存] を選択します。

カスタマーサクセスサービス更新ライセンスの自動チェックが失敗する場合、ファイアウォールの設定を確認するか、プロキシを構成してください。この機能を動作させるには、ライセンスサーバーがhttps://citrixservices.citrix.comにアクセスできる必要があります。

  • カスタマーサクセスサービス更新ライセンスを自動的にチェックし、使用可能な場合通知します: Citrix Licensing Managerは通知を表示します。リンクをクリックして、利用可能な更新をダウンロードし、インストールします。ライセンスサーバーでStudioおよびDirectorの管理が構成されている場合は、同じ通知がStudioおよびDirectorでも表示されます。
  • カスタマーサクセスサービス更新ライセンスを自動的にチェックし、使用可能な場合インストールします: Citrix Licensing Managerが毎週更新ライセンスをチェックし、使用可能な場合、自動的にインストールします。更新がインストールされたという通知は、数日間表示されます。
  • カスタマーサクセスサービス更新ライセンスを手動でチェックします: [ライセンスの更新] タブで、[使用可能な更新のチェック]を選択します。[ライセンスの更新] タブでは、最近30日間にインストールされたライセンスの一覧をいつでも表示できます。

追加猶予期間

通常のライセンス消費制限に達したときに、15日間の追加猶予期間を開始するか指定します。詳しくは、「製品の技術概要」の「追加猶予期間」を参照してください。

デフォルトの変更と言語の表示

Citrix Licensing Managerで表示するデフォルトの言語を変更できます。このデフォルトの設定は、その管理コンソールを使用するすべてのユーザーに適用されます。設定可能な言語は以下のとおりです:

  • 簡体字中国語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • 日本語
  • スペイン語

使用状況と統計情報

この画面を使用して、以下を実行できます:

  • 使用統計をシトリックスと共有するよう構成する。
  • 8桁のコードを使用してライセンスサーバーをCitrix Cloudに登録して、ライセンスサーバーがCitrix Cloud(ビルド27000)に登録されているかを確認する。
  • ライセンスサーバーをCitrix Cloudに登録する方法を参照して、ライセンスサーバーがCitrix Cloud(ビルド25000および26000)に登録されているかを確認する。
  • アップロードファイルのステータスを確認する。アップロードに失敗すると、問題を解決するための提案を含めた情報が表示されます。
  • シトリックスへのデータのアップロードを強制。
  • 使用履歴情報を保有する期間を設定する。デフォルトでは180日です。

共有使用状況と統計情報

Citrix Licensing CEIPおよびCall Homeの使用状況および分析プログラムは、製品に関するエクスペリエンスを向上させるために設計され、お客様の許可によってデータを収集するプログラムです。匿名または実名でプログラムに参加したり、参加を拒否することができます。

重要

Citrix Service Providerプログラムでは、CEIPとCall Homeが必須です。Citrix Service Providerライセンスをインストールしている場合、設定の変更はできますが、CEIPとCall Homeを無効にすることはできません。

ビルド27000:

ビルド26000および25000で追加された機能に加えて、[設定] 画面の [使用状況と統計情報] セクションでは、短いコードによるアクティブ化機能でCitrixライセンスサーバーを簡単にCitrix Cloudに登録できます。

登録:

  1. [使用状況と統計情報]画面で [登録] をクリックすると、8文字の英数字コードが生成されます。 Usage-statistics-register
  2. [詳細の表示] を選択すると、使用中のライセンスサーバーのバージョン、MAC ID、ホスト名、IPアドレスを表示できます。
  3. [登録] をクリックすると、Citrix Cloudのログオンページに移動します。
  4. 有効なCitrix Cloud資格情報を入力して、Citrix Cloudメニューで [ライセンスと使用状況] を選択します。
  5. [ライセンス割り当て済みの展開]>[登録] タブに移動し、上記の8文字の英数字コードを貼り付け、[続行] をクリックします。
  6. 登録の詳細を確認してから、[登録] をクリックします。

ライセンスサーバーがCitrix Cloudに正常に登録されました。Citrix CloudのUIで詳細を確認できます。

登録の削除:

Citrix Cloudからライセンスサーバーの削除が必要な場合があります。たとえば、ライセンスサーバーを会社Aに登録した後、会社Aが別の組織に統合されたケースなどです。ライセンス使用状況データを1つのCitrixカスタマーアカウントに統合する必要がある場合、登録を削除してから、新しいCitrix Cloudアカウントに登録します。

  1. [使用状況と統計情報]画面で、[登録を削除] をクリックします。 Usage-statistics-remove-register
  2. [登録を削除]確認モーダルで、[登録を削除] をクリックします。

登録は、Citrix Cloudから削除されます。

ビルド26000:

ビルド25000では機能が追加されただけでなく、[設定] 画面の [使用状況と統計情報] セクションで [Upload now] を使用できるようになりました。CEIPを有効にすると、[Upload now] でシトリックスへのデータのアップロードを強制できます。アップロードから次のアップロードまで5分間空けます。

usage-statistics-25000

ビルド25000:

この画面には、ライセンスサーバーをCitrix Cloudに登録するための手順が含まれています。手順の完了後、画面に登録されたことが表示されます。

ライセンスサーバーをCitrix Cloudに登録すると、Call Homeのライセンス使用状況情報を収集して保存し、そのデータをCitrix Cloudに定期的に送信します。

usage-statistics-25000

ビルド24100:

Usage-statistics

アップロード情報

このセクションでは、CEIP、Call Home、またはCitrix Service Providerの最新アップロードのステータスを示します。アップロードが失敗した場合、Citrix Licensing Managerはトラブルシューティング情報を表示します。

ビルド26000以降、日次アップロードまで待つことなくシトリックスへのデータのアップロードを強制できます。制限は、次のアップロードまで5分間空ける必要があるということだけです。

Upload-information

使用状況履歴の保有

ライセンスサーバーの使用状況情報を保有する日数を設定します。