インストール、アップグレード、およびアンインストール

クラスター化されたサーバーへのCitrixライセンスサーバーのインストール

この手順で使用するドライブ文字、パス、および変数は次のとおりです:

  • Dは、製品メディアのドライブです。
  • Cは、指定したノードのローカルハードドライブです。
  • Fは、クラスターの共有ドライブリソースです(これがインストール先ドライブです。つまり、各ノードで使用されるインストールファイルを格納する場所です)。

重要

  • NetBiosの制限により、クライアントのアクセスポイント名は15文字以上にできません。
  • 非英語版プラットフォームのクラスターノード上でライセンスサーバーをインストールするときに、[構成]ページの[クラスターグループ]の一覧にシステムデフォルトのクラスターグループが表示されることがあります。この問題が発生した場合は、非デフォルトのクラスターグループを選択してインストールを続行してください。
  1. 別個の非コアクラスターリソースグループを作成します。リソースグループには、ドライブ文字およびライセンスファイルの取得時に使用されるのと同じホスト名のクライアントアクセスポイントを割り当てられた接続ストレージが必要です。フェイルオーバークラスターマネージャーとWindows Server 2012で [Roles] を、Windows Server 2016で [Roles] > [Configure Role] を使用します。次に、メニューで [Other Server] の種類を選択します。クラスターの1次ノードがすべてのクラスターリソースを所有していることを確認します。
  2. ライセンスサーバーのインストーラー(CitrixLicensing.exe)を管理者として実行します。
  3. [インストールの場所]ページで、クラスターの共有ドライブのドライブ文字を指定します。デフォルトのインストール先は、F:\Program Files\Citrix\Licensingです。
  4. 1次ノードへのインストールでは、[クラスターの最後のノード]チェックボックスがオフになっていることを確認します。
  5. 手順1.で作成したリソースグループのリソースを2次ノードに移動します。
  6. 2次ノードで、CitrixLicensing.exeを管理者として実行します。
  7. 手順3.を行います。クラスターには3つ以上のノードをインストールできます。クラスターには3つ以上のノードをインストールできます。追加する各ノードで手順3.を行います。
  8. クラスターの最後のノードにライセンスサーバーをインストールするときに、[クラスターの最後のノード]チェックボックスをオンにします。最後のノードでポートを構成します。
  9. ライセンスファイルをインポートするには、Citrix Licensing Managerを使用します。それ以外の場合は、コンソールで次の手順に従ってライセンスファイルをインポートします。詳しくは、「ライセンスのインストール」を参照してください。

    1. http://client access point name:web service portからライセンス管理コンソールを開きます。ここで、<client access point name>は、クラスターの名前です。<web service port>は、コンソールWebサーバーのポート番号です(デフォルトは8082)。

    2. [管理] をクリックし、[ベンダーデーモン構成] タブをクリックします。

    3. [ライセンスのインポート] を選択します。

    4. citrix.comのリンクをクリックします。

    5. My Accountのページが開いたら、ユーザーIDとパスワードを入力します。

    6. [All Licensing Tools] を選択します。

    7. メインメニューから、[Allocate] を選択します。

    8. 画面の指示に従って、ライセンスを割り当ててライセンスファイルを生成します。ダウンロードするライセンスを選択して[Download]をクリックし、生成されたライセンスファイルをクラスターの共有ドライブF:\Program Files\Citrix\Licensing\MyFiles\に保存します。

    9. ライセンス管理コンソールの [ライセンスファイルのインポート] ページに戻り、[参照]をクリックしてライセンスファイルを指定します。

    10. [ライセンスサーバー上のライセンスファイルを上書きする] を選択します。

    11. [ライセンスのインポート] を選択します。

  10. ライセンスファイルを再読み込みします。

    1. [ベンダーデーモン構成] タブを選択します。

    2. CITRIXベンダーデーモン行の [管理] を選択します。

    3. [ライセンスファイルの再読み込み] を選択します。

管理コンソールやコマンドの使用

通常の環境で使用するライセンス管理コンソール機能は、すべてクラスター環境でも使用可能です。これらの機能には、管理コンソールとライセンス管理コマンドを実行する機能が含まれます。

ライセンス管理コンソールを開くには、Webブラウザーで次のアドレスを指定します:

https://*client access point name*:*web service port*

ここで、<client access point name>はクライアントアクセスポイントの名前を示し、<web service port>はクラスター通信で使用されるポート番号を示します。デフォルトのポート番号は8082です。

ライセンス管理コマンドでは、クラスター環境でのライセンスファイルの場所を -c@<client access point name>のように指定できます。次に例を示します。

lmreread -c @client access point name -all

クラスター化されたライセンスサーバーのアップグレード

Version 11.12.1よりも古いライセンスサーバーがインストールされている場合は、それをアンインストールしてから最新のバージョンをインストールします。古いバージョンのライセンスサーバーは、Microsoft社の最新のクラスターガイドラインに準拠していません。このバージョンのライセンスサーバーは、Windows Server 2008以降をサポートするために必要な機能を備えています。

クラスター化されたライセンスサーバーのアンインストール

クラスター環境で動作するライセンスサーバーをアンインストールするには、アクティブノードで[コントロールパネル]の[プログラムと機能]を使用します。

1次ノードにすべてのリソースが含まれていることを確認します。

  1. クラスターの1次ノードで [コントロールパネル]、[プログラムと機能]の順に選択します。
  2. Citrixライセンスサーバーを削除します。
  3. フェイルオーバークラスターマネージャーを使用して、Citrix Licensingリソースグループのリソースを2次ノードに移動します。
  4. 2次ノードからCitrixライセンスサーバーを削除します。残りの各ノードについて手順3と4を繰り返し、手順5に進みます。
  5. 共有ドライブから残りのファイルを削除します。 注:ライセンスサーバーをアンインストールしても、共有ドライブ上のライセンスファイルおよびオプションファイルは削除されません。

トラブルシューティングについては、「トラブルシューティング」を参照してください。