サービス

ここでは次のことについて説明します:

  • Web Services for Licensing
  • Citrixライセンス管理サービス
  • Citrix Licensing Windows Management Instrumentation(WMI)

Web Services for Licensing

Studio、Director、ライセンス管理PowerShellスナップインは、次の操作のためにWeb Services for Licensingを使用します:

  • ライセンスサーバーと通信し、ユーザーを管理する
  • ライセンスを割り当ててインストールする
  • ライセンスサーバーの正常性、ライセンスの使用状況、他のアラートメッセージを表示する

Citrix Licensing Managerもこれを使用します。

Citrixライセンス管理サービス

ライセンス管理サービスによって、より適切に容量を計画しライセンスを管理できます。このサービスで、以下の禁止された状況を回避することもできます:

  • 障害回復(DR:Disaster Recovery)環境外でのライセンスの重複
  • 新しい製品バージョンで以前のライセンスを使用
  • 破棄されたライセンスの使用

このサービスは、Citrix Insight Servicesの管理者に、障害回復(DR:Disaster Recovery)環境の重複ライセンスについてもアラートを送ります。Citrix Insight Servicesについて詳しくは、「Citrix Insight Services」を参照してください。

ライセンス管理サービスは、ライセンスサーバーに組み込まれた製品テレメトリを使用して、データをCitrix Insight Servicesに送信します。ライセンス管理サービスは、Windowsサービスではありません。最初のアップロードは、ライセンスサーバーを最初に起動または再起動した約5分後に実行され、以降、アップロードは日に一度実行されます。ビルド24100では、最初に起動または再起動した1週間後に実行され、以降、週に一度実行されますライセンスサーバーを再インストールすると、スケジュールがリセットされます。アップロードに失敗した場合、アップロードが成功するまで、またはライセンス管理サービスが無効になるまで、24時間以内に再試行されます。シトリックスは、ユーザーにライセンス環境情報を提供し、サポートするために、アップロードを使用することがあります。「コマンドラインを使用したライセンス管理サービスの無効化または有効化」を参照してください。

重要

ライセンスサーバーのインストールには、ユーザーがライセンス管理サービスを承認し、ライセンス管理サービスの使用に同意する必要があります。インストール後、いつでもライセンス管理サービスを無効にできます。

ライセンス管理サービスは、以下の情報を収集します:

  • ライセンスのシリアル番号
  • ライセンスのサーバーGUID
  • 使用ライセンス数
  • 機能名
  • 製品バージョン

Citrix Licensing WMI

WMIサービス経由で、Citrix Licensing WMIクラスにアクセスできます。名前空間(ROOT\CitrixLicensing)のクラス(特にCitrix_GT_License_Pool)が、ライセンス使用状況および使用可能な数の情報を提供します。ライセンスサーバーに頻繁に(15分ごとを超えて)クエリを実行すると、パフォーマンスにマイナスの影響を及ぼすことがあります。