トラブルシューティング

クラスター化されたライセンスサーバーのトラブルシューティング

重要

ライセンスサービスのいずれかが起動に失敗すると、クラスターはライセンスサーバーがオフライン状態であることを検出して、サービスの再起動をデフォルトで3回試行します。3回とも再起動に失敗すると、2次ノードにフェイルオーバーして、2次ノード上でサービスの起動を試行します。2次ノードでも再起動に失敗した場合、このプロセスが無限ループに陥ることがあります。この問題が発生すると、シトリックス製品が動作するコンピューターは猶予期間に入ります。猶予期間中、クライアントユーザーからの接続は影響を受けません。

クラスター化されたライセンスサーバーのトラブルシューティングには、次のことを行います:

  • リソースをほかのノードに移動しても、同様の問題が発生するかどうかを確認します。
  • Microsoftクラスターサーバーの [ネットワーク名をコンピューター名として使う] チェックボックスがオンになっていることを確認します。https://support.microsoft.com/kb/198893を参照してください。
  • インストールに失敗した場合、クラスター環境でのインストール時にユーザーアカウント制御(UAC)を有効にしないようにします。
  • Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、およびWindows Server 2016の場合:
  1. [フェールオーバークラスターの管理] ウィンドウの左ペインでクラスターを選択します。中央ペインにクラスターの概要情報が表示されます。
  2. [クラスターコアリソース] をクリックしてセクションを展開します。
  3. クラスターリソースがすべてオンラインであることを確認します(緑色の矢印が表示されます)。

評価版ライセンスの警告メッセージ

ライセンスサーバー上の評価版ライセンスファイルを新しいライセンスファイルに置き換えても、ユーザーがシトリックス製品にログオンするときに、ライセンスの有効期間が切れたことを示す次のエラーメッセージが表示され続けることがあります。「警告:次のシトリックス製品では評価版ライセンスが使用されています。このライセンスは、あと…日で試用期限が切れます。」

この問題を解決するには、次の手順に従います。

  1. 古い評価版のライセンスファイルをライセンスサーバーから削除します(シトリックスドキュメントの「ライセンスファイルの削除」を参照)。
  2. ライセンスサーバーのCitrix Licensingサービスを再起動します。
  3. ライセンスの検証が必要なシトリックス製品が動作するサーバーで架空のライセンスサーバーを参照する設定に変更し、それから実際のライセンスサーバーを参照する設定に戻します。これらの設定の変更について詳しくは、各製品のドキュメントを参照してください。
  4. 問題が解決しない場合は、製品サーバー(Delivery Controllerなど)を再起動します。