ライセンスサーバーVPX

ライセンスサーバーVPXは、Linuxベースの自己完結型仮想アプライアンスで、これを使用すればCitrix環境にライセンスシステムを展開できます。

Citrixライセンスサーバードキュメントの「ライセンスサーバーVPX」セクションには、ライセンスサーバーVPX特有の情報が含まれます。残りのライセンスのドキュメントセットには、Windowsのみ、またはWindowsおよびVPXに適用される記事が含まれます。

制限事項

以下の機能は、ライセンスサーバーVPXではサポートされません。

  • 追加猶予期間。
  • Citrix Licensing Manager:
    • Active Directoryを構成してkeytabファイルをインストールした場合のみ、ライセンスサーバーVPXでCitrix Licensing Managerを利用できます。
    • 追加猶予期間を有効または無効にする。
    • ライセンスサーバーのポート(デフォルト27000)、ベンダーデーモンのポート(デフォルト2729)を変更する。
    • ライセンスサーバーのバージョンを画面の一番上のバーに表示します。下方向矢印をクリックすると、ホスト名、イーサネットアドレス、およびIPvrアドレスが表示されます。
    • ライセンス使用状況のダッシュボード。
  • アップグレード - 「異なるライセンスサーバーVPXで使用するデータベースのエクスポート」を参照。
  • クラスター化されたサーバー。
  • Linux iptablesコマンドを使用してライセンスサーバーVPXのデフォルトのポートを変更する。
ライセンスサーバーVPX