Citrix Licensing Manager

重要:

Citrix Licensing Managerは、Windows向けライセンスサーバーで自動的に実行します。Active Directoryを構成してkeytabファイルをインストールすると、ライセンスサーバーVPXでCitrix Licensing Managerを利用できます。

Citrix Licensing Managerを使用すると、使い方が簡単なWebインターフェイスを使用してライセンスサーバーの次の機能を実行できます。

  • Citrixへのデータのアップロードを強制。
  • 個別の製品、ライセンスモデル、カスタマーサクセスサービス(Subscription Advantage)の日付を選択できるため、データを簡単にエクスポートできます。
  • Web Services For Licensingポート(デフォルト8083)を変更します。
  • 保有期間を選択して、履歴データの保持を構成します。デフォルトのデータ保持期間は1年です。
  • ライセンスアクセスコードまたはダウンロードしたファイルを使用して、ライセンスファイルをライセンスサーバーに簡単にインストールできます。
  • インストール後のライセンスの詳細を表示します。
  • Citrixカスタマーエクスペリエンス(CEIP)とCall Homeを構成します。
  • 失敗したcitrix.comおよびカスタマーエクスペリエンス向上プログラムへのアップロードを再試行します。
  • Subscription Advantage(別名カスタマーサクセスサービス)の更新ライセンスの操作を構成します。更新ライセンスを自動で確認するか手動で確認するか、更新ライセンスの通知またはインストールされたライセンスの通知が必要かを指定します。
  • ツールがインストールされたライセンスサーバーVPXで、使用状況履歴レポートを保存してエクスポート。使用状況履歴データの日付の範囲を指定し、CSVファイルにエクスポートできます。CSVファイルにより、超過使用のライセンス数を含む日単位での使用状況情報が提供されます。
  • ライセンスの可用性、有効期限、およびそのほかの条件についての重要な通知。Citrix Licensing Manager画面上部にあるベルアイコンを使って通知を表示します。

設定

画面の上部にある [設定] の歯車アイコンをクリックして、設定を表示します。この画面を使用して [サーバーの構成] で以下の項目を設定します:

VPXのCitrix Licensing Managerの設定

設定 - VPXのCitrix Licensing Managerでのアップロード

Citrixライセンスサーバー11.16.6ビルド33500のCEIPデータ要素

         
LSInfo GUID      
  DateSampleStopUTC      
  DateSampleStop      
  SARenewalCheckOption      
  EncoreSamplingPeriod      
  EncoreRetentionTime      
  EncoreEnabled      
  UDUseDomain      
  OptFileNoLogStatus      
  OptFileComplianceConfig      
  UDUserNameCase      
  UDDeviceNameCase      
Inventory 機能 ID    
    UDBinFileCreatedUTC    
    UDReportGenerationUTC    
    EventLog TimeLapse  
      UpgradeV2  
      Corruption  
      FirstCreation  
      RemoveUser  
      RemoveDevice  
    SADate DateSampleStartUTC  
      DateSampleStopUTC  
      CountUsedMax  
      Active  
      CountInstalled  
      Pool DateExpiration
        VendorStr
        CountInstalled
        CountOverdraft
StartupCounts LPE ID    
    Count    

Citrixライセンスサーバー11.16.6ビルド33500のCall Homeデータ要素

         
LSInfo GUID      
  DateSampleStopUTC      
  完全修飾ドメイン名      
  DateSampleStop      
  SARenewalCheckOption      
  EncoreSamplingPeriod      
  EncoreRetentionTime      
  EncoreEnabled      
  UDUseDomain      
  OptFileNoLogStatus      
  OptFileComplianceConfig      
  UDUserNameCase      
  UDDeviceNameCase      
Inventory 機能 ID    
    UDBinFileCreatedUTC    
    UDReportGenerationUTC    
    EventLog TimeLapse  
      UpgradeV2  
      Corruption  
      FirstCreation  
      RemoveUser  
      RemoveDevice  
    SADate DateSampleStartUTC  
      DateSampleStopUTC  
      CountUsedMax  
      Active  
      CountInstalled  
      Pool Serial
        DateExpiration
        VendorStr
        CountInstalled
        CountOverdraft
StartupCounts LPE ID    
    Count    
SerialNumbers Serial ID    
    SADate    
    SN    

Citrixライセンスサーバー11.16.6ビルド33500のコンプライアンスデータ要素

       
LSInfo GUID    
Inventory 機能 ID  
    SADate CountUsedMax
      Serial
StartupCounts LPE ID  
    Count  

使用履歴

Citrix Licensing Managerは、ツールがインストールされたライセンスサーバーVPXで、使用状況履歴レポートを保存してエクスポートできます。使用状況履歴データの日付の範囲を指定し、CSVファイルにエクスポートできます。CSVファイルにより、超過使用のライセンス数を含む日単位での使用状況情報が提供されます。

また、データを保持する期間を表示して指定することもできます。

VPXのCitrix Licensing Managerでの使用履歴

ライセンスのインストール

考慮事項 - Citrix Licensing Managerを使用してライセンスを割り当ておよびダウンロードする場合は、以下の点に注意してください:

  • ライセンスサーバーでは、プロキシサーバーを使用したインターネットアクセスまたは構成が必要です。
  • [割り当てとダウンロード]をクリックした後でキャンセルすることはできません。シトリックス社のWebサイトで[割り当てとダウンロード]の処理が失敗した場合は、My Accountを使用してください。
  • Citrix Licensing Managerは、大半のライセンスアクセスコードを割り当てることができますが、ライセンスファイルを再ダウンロードしたり再割り当てしたりすることはできません。citrix.comでライセンスを返却してから、Citrix Licensing Managerで再度ライセンスを割り当てることは可能です。再ダウンロードはMy Accountから行えます。
  • ライセンスサーバーの名前を変更する場合は、変更前のライセンスサーバー名で割り当てたライセンスファイルを再割り当てる必要があります。
  • Citrix Licensing Managerでは、次のライセンス取得方法のオプションを選択できます:
    • ライセンスアクセスコードを使用
    • ダウンロードしたライセンスファイルを使用

VPXのCitrix Licensing Managerを使用したライセンスのインストール

[ライセンスアクセスコードを使用する]を選択する場合:

  1. [ライセンスアクセスコードを使用] をクリックして、ライセンスアクセスコード(Citrixからメールで送付)を入力し、[ライセンスの表示] を選択します。ライセンス使用権が表示されるので、インストールするライセンスと個数を選択します。
  2. 詳細の一覧で製品を選択したらインストールする使用権の数を入力し、[インストール] をクリックします。複数の製品を選択するには、製品を1つ選択して[インストール]をクリックし、次の製品を選択して[インストール]をクリックします。選択した順番で処理が行われます。ライセンスアクセスコードを入力してすべてのライセンスをインストールすると、そのライセンスアクセスコードは使用できなくなります。そのコードで追加のライセンス処理が必要な場合は、My Accountにログオンしてください。

VPXのCitrix Licensing Managerでアクセスコードを使用したライセンスのインストール

[ダウンロードしたライセンスファイルを使用する]を選択する場合:

  1. [ダウンロードしたライセンスファイルを使用] をクリックしてファイルを選択します(同じ名前の以前のファイルを置き換える場合はチェックボックスをオンにします)。
  2. [インポート] をクリックします。ライセンスの情報がCitrix Licensing Managerに表示されます。
  3. ライセンスファイルがライセンスサーバーに問題なくアップロードされたら、メッセージが表示されます。

VPXのCitrix Licensing Managerでダウンロードファイルを使用したライセンスのインストール

注:

ライセンスファイルのアップロードで問題が発生した場合は、ファイル名の特殊文字をすべて削除し、拡張子が.lic(すべて小文字)であることを確認してください。

ライセンスの更新

利用可能なSubscription Advantage(カスタマーサクセスサービス)の更新ライセンスをチェックできます。ライセンスが利用可能になると、ライセンスの名前、数、Subscription Advantageの日付の一覧がこの画面に表示されます。ライセンスはダウンロードしてインストールすることができます。この画面には、過去30日間にインストールされたライセンスが一覧表示されます。

VPXのCitrix Licensing Managerを使用したライセンスの更新

Citrix Licensing Manager