ライセンスサーバーVPXのトラブルシューティング

Active Directoryの統合

ライセンスサーバーVPXをActive Directoryに統合する場合に最も発生しやすいエラーは、以下のとおりです:

  • エラー:ユーザーが見つかりません
    • 使用されているドメインユーザーアカウントが対象ドメインに見つかりません。
    • 信頼されたドメインはサポートされません。ユーザーが任意の信頼されたドメイン/親ドメインに属し、対象ドメインの一部ではない場合、このエラーが表示されることがあります。
  • エラー:ユーザーにアクセス権がありません
    • ドメインユーザーがマシンをActive Directoryに参加させるための適切な権限を持っていることを確認してください。
    • 詳しくは、Microsoft社のサポート文書を参照してください。
  • エラー:ドメインにアクセスできません
    • ドメイン名を修正するか、ドメインがライセンスサーバーVPXからアクセスできるかどうかを確認し、ネットワーク関連の問題を修正してください。
  • エラー:ユーザーにドメインに参加させるための権限がありません
    • アカウントにマシンをActive Directoryに参加させるために必要な権限があることを確認してください。

詳しくは、記事を参照してください。

その他のエラーについては、詳細に関する記事を参照してください。

keytabの作成

keytabの作成中に問題が発生した場合は、以下の手順に従って再試行してください:

  1. ktpass.exeコマンドを実行する場合、昇格された権限があることを確認してください。管理者としてコマンドプロンプトを実行します。
  2. ユーザーアカウント制御(UAC)の制限が最小限であることを確認します。
  3. パスワードのすべての要件が満たされていることを確認します。たとえば、パスワードフィルターが対象ドメインのパスワード文字を禁止していないかや、サポートされている文字数内で指定しているかを確認する必要があります。
  4. -mapuser引数で使用されるアカウントにドメインを追加して、コマンドを再試行します。ユーザープリンシパル名(account@domain.com)または下位レベルのログオン名(domain\username)を使用します。
  5. 使用されているアカウントが、信頼されたドメインまたは親ドメインではなく、対象ドメインのメンバーであることを確認します。
  6. -target引数をコマンドに追加し、ドメインを渡します。
    1. -mapuser引数で使用されるアカウントが、この目的のためだけに作成されたサービスアカウントであることを確認してください。
    2. アカウントの名、姓、サービスアカウント名に間違いがないことを確認します。
    3. マッピング中に一意性が確認できるように、アカウント名をライセンスサーバーVPX名と同じ名前にすることをお勧めします。

詳しくは、ktpassコマンドの記事を参照してください。

証明書を手動でインストール

DirectorまたはStudio管理者がインストール中生成された自己署名証明書を使用しない場合、この手順を使用します。

ライセンスサーバーへのCRTファイルとKEYファイルのインストール:

VPX - ライセンス管理コンソール:

  1. Citrixライセンスサーバーを停止します。etc/init.d/citrixlicensing stop
  2. 上記の手順で作成したserver.crtとserver.keyを/opt/citrix/licensing/LS/conf/にコピーします。
  3. Citrixライセンスサーバーを開始します。etc/init.d/citrixlicensing start

VPX - Web Services for Licensing:

  1. サービスを停止します。etc/init.d/ citrixwebservicesforlicensing stop
  2. 上記の手順で作成したserver.crtとserver.keyを/opt/citrix/licensing/WebServicesForLicensing/Apache/conf/にコピーします。
  3. サービスを開始します。etc/init.d/ citrixwebservicesforlicensing start

Citrix Licensing Manager、Customer Experience Improvement Program(CEIP)、およびCall Homeで使用するプロキシサーバーの構成

Citrix Licensing Manager、CEIP、およびCall Homeでプロキシを使用できます。プロキシサーバーを構成する場合、ライセンスをダウンロードしてCall Homeデータをプロキシサーバーを介して送信する必要があります。

重要:

外部向けのWeb通信が必要なCitrixライセンスコンポーネントは、Windows自動プロキシ検出を使用してネットワークプロキシ設定を継承できます。認証されたプロキシはサポートされていません。詳しくは、WinHTTP AutoProxy Functionsを参照してください。

プロキシサーバーを手動で構成する

/opt/citrix/licensing/WebServicesForLicensing/のSimpleLicenseServiceConfig.xmlファイルを編集します。

xmlの行を次の形式でファイルに追加します:<Proxy>proxy server name:port number</Proxy> .xmlタグは大文字と小文字を区別します。

ライセンスサーバーVPXのトラブルシューティング