Citrix Provisioningライセンスガイド

新しいライセンスのインストール

ライセンスは、自動または手動のいずれかの方法でインストールできます。ライセンスの自動割り当てには、ライセンスサーバー経由でのcitrix.comパブリックドメインへのアクセスが必要です。

次のセクションには、ライセンスをインストールする方法が記載されています:

はじめに

  • Provisioningサーバーを正常に運用するには、ライセンスサーバーに接続する必要があります。常に最新の機能を使用できるように、最新のCitrixライセンスサーバーを使用してください。Citrixでは、猶予期間に関連するライセンスの競合を避けるため、Citrix Provisioningのアップグレード前にライセンスサーバーをアップグレードすることをお勧めします。

自動インストール

  1. citrix.comからCitrix Virtual Apps and Desktops製品インストーラーをダウンロードして、インストールを開始します。

  2. 管理者または管理者グループのメンバーとして [License Server] を選択します。ライセンスサーバーの最新バージョンが既にインストールされている場合は、手順5に進みます。

  3. インストーラーの指示に従って、インストール先フォルダーを受け入れます。

  4. Citrix Licensing Managerを起動して、Citrixカスタマーエクスペリエンス向上プログラムに参加するかどうか選択します。

  5. ライセンスサーバーにログオンします。

  6. [スタート]メニューから、[すべてのプログラム]>[Citrix]>[Citrix Licensing Manager] の順に選択します。または、リモートマシン上のWebブラウザーに「https://licenseservername:8083」を入力してライセンスサーバー名を指定します。

  7. [ライセンスのインストール] をクリックします。

    CVADインストールライセンス

  8. [ライセンスのアクセスコードを使用] をクリックして、ライセンスアクセスコード(シトリックスからのメールに記載)を入力し、[ライセンスの表示] を選択します。ライセンス使用権が表示されるので、インストールするライセンスと個数を選択します。

  9. 詳細の一覧で製品を選択したらインストールする使用権の数を入力し、[インストール] をクリックします。

  10. 新しくダウンロードしたライセンスを表示するには、[ダッシュボード] タブをクリックします。

    CVADダッシュボード

  11. Provisioningサーバーにログオンし、Provisioning Servicesコンソールを開きます。

  12. Citrix Provisioning構成ウィザードを起動し、ライセンスサーバーのIPアドレスを指定し、ライセンスの種類(クラウドまたはオンプレミス)を指定します。

  13. ウィザードの手順を完了して、必要なサービスを再起動します。これで、Provisioningサーバーのライセンスが割り当てられました。

手動インストール

ライセンスサーバーがwww.citrix.comに接続できない場合は、Citrix Manage Licensesポータルを使用してライセンスを割り当て、ライセンスファイルをダウンロードしてアプライアンスにアップロードします。

  1. Webブラウザーで、http://www.citrix.comにアクセスします。

  2. [Sign In]>[My Account] をクリックしてユーザーIDとパスワードを入力します。

  3. [Manage Licenses] を選択します。

    CVAD管理ライセンス

  4. 割り当てるライセンスを選択します。ランディングページには、30日以内の新規ライセンスと有効期限が近いライセンスのみが表示されます。[Find a license by…] 検索を使用すると、検索条件の内1つを使用してすべてのライセンスを検索できます。次に、[Filter by] メニューを使用して、特定のタイプのライセンスに表示を絞り込みます。[Quick find: All active] を選択すると、すべてのライセンスを表示できます。

  5. [Select an action] メニューで [Allocate licenses] を選択します。

  6. ホスト名(大文字小文字を区別)と割り当てるライセンス数を入力し、[Create license file] をクリックします。

  7. [Yes, create license file] を選択します。

  8. [Download license file] を選択し、ライセンスサーバーまたはアプライアンスからアクセス可能な場所にファイルを保存します。

  9. ライセンスサーバーにログオンします。

  10. [スタート]メニューから、[すべてのプログラム]>[Citrix]>[Citrix Licensing Manager] の順に選択します。または、リモートマシン上のWebブラウザーに次のURLを入力してライセンスサーバー名https://licenseservername:8083を指定します。

  11. [ライセンスのインストール] をクリックします。

    CVAD管理ライセンス

  12. [ダウンロードしたライセンスファイルを使用] をクリックしてファイルを選択します(同じ名前の以前のファイルを置き換える場合はチェックボックスをオンにします)。

  13. [インポート] をクリックします。ライセンスの情報がCitrix Licensing Managerに表示されます。ライセンスファイルがライセンスサーバーに問題なくアップロードされたら、メッセージが表示されます。

  14. [ダッシュボード] タブをクリックして、新しくダウンロードされたライセンスを表示します。

  15. Provisioningサーバーにログオンし、Provisioning Servicesコンソールを開きます。

  16. Citrix Provisioning構成ウィザードを起動し、ライセンスサーバーのIPアドレスを指定し、ライセンスの種類(クラウドまたはオンプレミス)を指定します。

  17. ウィザードの手順を完了して、必要なサービスを再起動します。これで、Provisioningサーバーのライセンスが割り当てられました。

    構成ウィザード

ライセンスの更新

Citrix Licensing Managerを使用して、更新されたライセンスをライセンスサーバーに自動的にインストールします。ライセンスの自動更新を行うには、ライセンスサーバー経由でcitrix.comパブリックドメインにアクセスする必要があります。

ライセンスファイルのカスタマーサクセスサービス契約を更新するには、『更新ガイド』を参照してください。

次のセクションには、ライセンスを更新する方法が記載されています:

ライセンスの更新 - 自動による方法

  1. Citrix Licensing Managerで、画面の右上にある[Settings] アイコンをクリックします。

  2. 更新ライセンスの通知の方法と自動インストール方法について、以下のオプションから選択します:

    • カスタマーサクセスサービス更新ライセンスを自動的にチェックし、使用可能な場合通知します: Citrix Licensing Managerは通知を表示します。リンクをクリックして、利用可能な更新をダウンロードし、インストールします。ライセンスサーバーでStudioおよびDirectorの管理が構成されている場合は、同じ通知がStudioおよびDirectorでも表示されます。
    • カスタマーサクセスサービス更新ライセンスを自動的にチェックし、使用可能な場合インストールします: Citrix Licensing Managerが毎週更新ライセンスをチェックし、使用可能な場合、自動的にインストールします。更新がインストールされたという通知は、数日間表示されます。
    • カスタマーサクセスサービス更新ライセンスを手動でチェックします: [Update Licenses]タブで、[Available Renewals]を選択します。[Update Licenses]タブでは、最近30日間にインストールされたライセンスの一覧をいつでも表示できます。

    注:

    カスタマーサクセスサービス更新ライセンスの自動チェックが失敗する場合、ファイアウォールの設定を確認するか、プロキシを構成してください。 この機能を動作させるには、ライセンスサーバーがhttps://citrixservices.citrix.comにアクセスできる必要があります。詳しくは、導入にある「プロキシサーバーを手動で構成する」を参照してください。

ライセンスの更新 - 手動による方法

  1. ライセンスサーバーの[スタート]メニューから、[すべてのプログラム]>[Citrix]>[Citrix Licensing Manager] の順に選択します。または、リモートマシン上のWebブラウザーに次のURLを入力してライセンスサーバー名https://licenseservername:8083を指定します。

  2. [ライセンスの更新] タブに移動します。

    CVAD更新ライセンスの手順

    注:

    この画面には、過去30日間にインストールされたライセンスが一覧表示されます。更新されたライセンスが表示されない場合は、[利用可能なライセンスの確認] リンクを使用して新しいライセンスを確認します。

  3. 更新されたカスタマーサクセスサービスライセンスが利用可能になると、ライセンスの一覧、数量、およびカスタマーサクセスサービスの日付が画面に表示されます。

  4. [ダウンロードしてインストール] ボタンを使用して、ライセンスをダウンロードしてインストールします。これで、更新されたライセンスがライセンスサーバーにインストールされました。

Citrix Cloudのライセンスの種類

PVS\_CCLD\_CCSというライセンスの種類(Citrix Provisioning for Apps and Desktops)は、Citrix CloudのVirtual Apps and Desktopsサービスの顧客に、従来のProvisioningライセンス使用権を提供します。このライセンスの種類は、プロビジョニング済みのターゲットデバイスにサービスを提供するデスクトップオペレーティングシステムとサーバーオペレーティングシステムの両方に適用されます。このライセンスの種類は、既存のオンプレミスのCitrix Provisioning for DesktopsおよびCitrix Provisioning for Datacentersのライセンスに代わるものです。

注:

Citrix Cloudライセンスは、既存のオンプレミスのCitrix Provisioning for DesktopsおよびProvisioning for Datacentersに置き換わります。Citrixライセンスをバンドルする場合、このライセンスにはオンプレミスライセンスと同じライセンス取得優先権があります。

オンプレミスのアップグレード機能は、Citrix Cloudライセンスには適用されません。各Citrix Provisioningターゲットデバイスは、オペレーティングシステムの種類(データセンターやデスクトップなど)に関係なく、1つのCitrix Cloudライセンスをチェックアウトします。

Citrix CloudのCitrix Provisioningライセンスオプションが、さまざまなライセンスの種類(オンプレミスまたはCitrix Cloud)を決定します。Citrix Provisioningでライセンスサーバーを使用する場合、最初のセットアップでCloudオプションが選択されていると、Citrix Cloudライセンスが使用されます。Citrix Provisioningのセットアップ時に [オンプレミス] が選択されている場合、オンプレミスライセンスが使用されます。

Citrix Provisioningライセンスガイド