クライアント側IME

概要

2バイト文字(中国語、日本語、韓国語などの文字)は、入力システム(IME)から入力する必要があります。クライアント側IME機能は、WindowsネイティブのCJK IMEなど、クライアント側でCitrix Receiverと互換性がある任意のIMEを使用して、これらの文字を入力する方法を提供します。

インストール

この機能は、Linux VDAをインストールするときに自動でインストールされます。

用途

通常どおりにXenDesktopまたはXenAppのセッションを開きます。

クライアント側IMEの使用を開始するには、クライアント側での必要に応じて入力方式を変更します。

既知の問題

  • クライアント側IMEを使用してGoogleスプレッドシートのセルに文字を入力するには、まずスプレッドシート内のセルをダブルクリックする必要があります。
  • クライアント側IMEは[パスワード]フィールドで自動で無効になりません。
  • IMEユーザーインターフェイスは、入力領域ではカーソルに追従しません。
  • クライアント側IMEはSUSE 11ディストリビューションではサポートされていません。

クライアント側IME