CEIPの構成

Citrixのカスタマーエクスペリエンス向上プログラム(CEIP)に参加すると、匿名の統計および使用状況情報が、Citrix製品の品質およびパフォーマンスを向上させる目的で送信されます。この匿名データのコピーは、より迅速かつ効率的に分析するためにGoogle Analytics(GA)にも送信されます。

レジストリ設定

デフォルトでは、ユーザーはLinux VDAのインストール時にCEIPに自動で参加します。Linux VDAのインストールからおよそ7日後に、初回データアップロードが行われます。このデフォルト設定はレジストリで変更できます。

  • CEIPSwitch

CEIPを有効または無効にするレジストリ設定(デフォルトは0):

場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\CEIP

名前: CEIPSwitch

値のデータ: 1 = 無効、0 = 有効

未指定の場合、CEIPは有効です。

クライアント上で次のコマンドを実行してCEIPを無効にできます:

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Citrix\CEIP" -v "CEIPSwitch" -d "1"
  • GASwitch

GAを有効または無効にするレジストリ設定(デフォルトは0):

場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\CEIP

名前:GASwitch

値のデータ: 1 = 無効、0 = 有効

未指定の場合、GAは有効です。

クライアント上で次のコマンドを実行してGAを無効にできます:

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Citrix\CEIP" -v "GASwitch" -d "1"
  • DataPersistPath

データ永続パス(デフォルトは/var/xdl/ceip)を制御するレジストリ設定:

場所: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Citrix\CEIP

名前: DataPersistPath

値のデータ: 文字列

次のコマンドを実行してこのパスを設定できます。

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKEY_LOCAL_MACHINE\ SOFTWARE\Citrix\CEIP" -v "DataPersistPath" -d "your_path"

存在していないかアクセスできないパスを構成すると、データはデフォルトパスに保存されます。

Linux VDAから収集されたCEIPデータ

次の表では、収集された匿名の情報の種類の例を紹介します。データでは、お客様を特定するすべての詳細は含まれません。

データポイント キー名 説明
マシンのグローバル一意識別子 machine_guid データの発生元のマシンを識別
ADソリューション ad_solution マシンのドメイン参加方式を示すテキスト文字列
Linuxカーネルのバージョン kernel_version マシンのカーネルバージョンを示すテキスト文字列
LVDAバージョン vda_version インストールされているLinux VDAのバージョンを示すテキスト文字列。
LVDAの更新または新規のインストール update_or_fresh_install 現在のLinux VDAパッケージが新規インストールであるのか更新であるのかを示すテキスト文字列
LVDAのインストール方法 install_method 現在のLinux VDAパッケージがMCS、PVS、簡単インストール、または手動インストールのいずれかでインストールされたかを示すテキスト文字列
HDX 3D Proが有効かどうか hdx_3d_pro マシンでHDX 3D Proが有効かどうかを示すテキスト文字列
VDIモードが有効化かどうか vdi_mode VDIモードが有効かどうかを示すテキスト文字列
システムのロケール system_locale このマシンのロケールを示すテキスト文字列
LVDAキーサービスの前回再起動時間 ctxhdx ctxvda dd-hh:mm:ss形式(例:10-17:22:19)によるctxhdxおよびctxvdaサービスの前回再起動時間
GPUの種類 gpu_type マシンのGPUの種類
CPUコア cpu_cores マシンのCPUコア数を示す整数
CPU周波数 cpu_frequency CPUの周波数(MHz)を示す浮動小数点数
物理メモリサイズ memory_size 物理メモリのサイズ(KB)を示す整数
起動されたセッション数 session_launch このデータポイントを収集した時点でマシン上にあった起動された(ログオン済みまたは接続済み)セッションの数を示す整数
Linux OSの名前およびバージョン os_name_version マシンのLinux OSの名前とバージョンを示すテキスト文字列
セッションキー session_key データの発生元のセッションを識別
リソースの種類 resource_type 起動されたセッションのリソースの種類を示すテキスト文字列: デスクトップまたは<appname>
アクティブセッション時間 active_session_time セッションのアクティブ時間の保存に使用。セッションは切断や再接続がありえるため、単一のセッションのアクティブ時間が複数になることがあります
セッション継続時間 session_duration_time ログオンからログオフまでのセッションの継続時間の保存に使用
Receiverクライアントの種類 receiver_type セッションの起動に使用されたCitrix Workspaceアプリの種類を示す整数
Receiverクライアントのバージョン receiver_version セッションの起動に使用されたCitrix Workspaceアプリのバージョンを示すテキスト文字列
印刷回数 printing_count セッションで印刷機能を使用した回数を示す整数
USBリダイレクト回数 usb_redirecting_count セッションでUSBデバイスを使用した回数を示す整数
Gfxプロバイダーの種類 gfx_provider_type セッションのグラフィックプロバイダーの種類を示すテキスト文字列
シャドウの回数 shadow_count セッションがシャドウされた回数を示す整数
ユーザーが選択した言語 ctxism_select ユーザーが選択したすべての言語を含む、合成された長い文字列
スマートカードリダイレクトカウント scard_redirecting_count セッションログオンやセッション中のスマートカード使用など、セッションでスマートカードリダイレクトが使用された回数を示す整数