多言語入力のサポート

Linux VDAバージョン1.4以降では、公開アプリケーションのサポートが追加されています。ユーザーは、Linuxデスクトップ環境がなくても、必要なLinuxアプリケーションにアクセスできます。

ただし、言語バーはLinuxデスクトップ環境と高度に統合されているため、Linux VDAのネイティブ言語バーは公開アプリケーションでは使用できませんでした。その結果、中国語、日本語、韓国語など、IMEが必要な言語でテキストを入力できませんでした。さらに、ユーザーがアプリケーションセッション中にキーボードレイアウトを切り替えることもできませんでした。

これらの問題に対処するために、この機能で、テキスト入力に対応した公開アプリケーション用の言語バーを提供します。言語バーを使用すると、サーバー側のIMEを選択したり、アプリケーションセッション中にキーボードレイアウトを切り替えることができます。

構成

ctxregユーティリティを使用して、この機能を有効または無効にすることができます(デフォルトでは無効)。特定のLinux VDAサーバーの機能設定は、そのVDAに公開されているすべてのアプリケーションに適用されます。

構成キーは「HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\LanguageBar」で、種類はDWORDです。

この機能を有効にするには、次のコマンドを実行します。

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\LanguageBar" -v "Enabled" -d "0x00000001"

この機能を無効にするには、次のコマンドを実行します:

/opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg update -k "HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\LanguageBar" -v "Enabled" -d "0x00000000"

用途

使い方は簡単です。

  1. 本機能を有効にします。
  2. テキスト入力に対応できる公開アプリケーションにアクセスします。言語バーが、アプリケーションと共にセッションに表示されます。
  3. ドロップダウンメニューから、[地域と言語] を選択して希望の言語(入力ソース)を追加します。

    ローカライズされた画像

  4. ドロップダウンメニューからIMEまたはキーボードレイアウトを選択します。
  5. 選択したIMEまたはキーボードレイアウトを使用して言語を入力します。

    注:

    • VDA側の言語バーでキーボードレイアウトを変更する場合、クライアント側(Citrix Receiverが実行されている)でも同じキーボードレイアウトが使用されていることを確認してください。
    • [地域と言語] ダイアログボックスで設定を行うには、accountsserviceパッケージをバージョン0.6.37以降にアップグレードする必要があります。

    ローカライズされた画像

多言語入力のサポート

In this article