Linux Virtual Delivery Agent

ファイルのコピーと貼り付け

ユーザーは、セッションとローカルクライアントの間でファイルをコピーして貼り付けることができます。この機能には、Citrix Virtual Apps and Desktops 2006以降およびWindows向けCitrix Workspaceアプリ1903以降が必要です。コピーと貼り付け機能は、右クリックメニューまたはキーボードショートカットを使用します。

ファイルを正常にコピーして貼り付けるには、次のことを確認してください:

  • ファイルの最大数が20を超えていない。
  • 最大ファイルサイズが200MBを超えていない。

サポートされるプラットフォーム

ファイルのコピーと貼り付け機能は、次の場合に使用できます:

  • RHEL 7.9
  • SLES 12.5
  • Ubuntu 18.04
  • Debian 10

関連ポリシー

以下は、この機能の構成に関連したクリップボードポリシーです。クリップボードポリシーについて詳しくは、「ポリシーサポート一覧」を参照してください。

  • クライアントクリップボードリダイレクト
  • クリップボード選択更新モード
  • プライマリ選択更新モード

注:

ファイルのコピーと貼り付け機能を無効にするには、Citrix Studioで [クライアントクリップボードリダイレクト] ポリシーを [禁止] に設定します。

制限事項

  • 切り取りはサポートされていません。ファイルの切り取り要求はコピーとして扱われます。
  • ドラッグアンドドロップはサポートされていません。
  • ディレクトリのコピーはサポートされていません。
ファイルのコピーと貼り付け