Thinwireのプログレッシブ表示

低帯域幅または高遅延の接続では、セッションのインタラクティブ性が低下する可能性があります。たとえば、2Mbps未満の帯域幅の接続または200ミリ秒を超える遅延が発生する接続では、Webページのスクロールが遅くなったり、応答しなかったり、不安定になったりすることがあります。キーボードとマウスの操作が、グラフィックの更新よりも遅れることがあります。

バージョン7.17までは、セッションを表示品質に設定する、または色深度を低く(16ビットまたは8ビットグラフィック)設定することで、ポリシー設定を使用して帯域幅消費を軽減できました。ただし、弱い接続状態であることをユーザーが知っている必要がありました。HDX Thinwireでは、ネットワークの状態に基づいて静的な画像の品質を動的に調整することはできませんでした。

バージョン7.18では、使用可能な帯域幅が2Mbpsを下回る、またはネットワーク遅延が200ミリ秒を超えると、HDX Thinwireはデフォルトでプログレッシブ更新モードに切り替わります。このモードでは:

  • すべての静止画像は大幅に圧縮されます。
  • テキストの品質が低下します。

たとえば、プログレッシブ更新モードが有効な次のグラフィックでは、文字Feに青いアーティファクトがあり、イメージは大きく圧縮されています。このアプローチにより、帯域幅消費が大幅に軽減され、画像とテキストをより迅速に受信でき、セッションのインタラクティブ性が向上します。

ローカライズされた画像

セッションとの通信が停止すると、劣化した画像やテキストが徐々にシャープになり、劣化がなくなります。たとえば、次のグラフィックでは、文字に青のアーティファクトがなくなっており、画像が元の品質で表示されています。

ローカライズされた画像

画像の場合、ランダムにブロック単位でシャープ化します。テキストの場合、個々の文字や単語の一部がシャープ化します。シャープ化のプロセスは数フレームにわたって行われます。この方法により、単一の大きなシャープ化フレームによる遅延を回避します。

遷移画像(ビデオ)は、アダプティブ表示またはSelective H.264で管理されたままです。

プログレッシブモードの動作

デフォルトでは、[表示品質] ポリシー設定が [高][中](デフォルト)、または [低] の場合、プログレッシブモードはスタンバイ状態です。

プログレッシブモードは、次の場合に強制的にオフ(使用されない)になります。

  • [表示品質][常に無損失] または [操作時は低品質] である
  • [単純なグラフィックスの優先色深度] が[8 ビット]である
  • [圧縮にビデオコーデックを使用する][画面全体に使用](全画面のH.264が望ましい場合)である

プログレッシブモードがスタンバイ状態である場合、デフォルトでは次のいずれかの状況によって有効になります。

  • 使用可能な帯域幅が2 Mbpsを下回っている
  • ネットワーク遅延が200ミリ秒を上回っている

モードの切り替えが発生した後は、悪いネットワーク状況が瞬間的であっても、そのモードが最低10秒間継続されます。

プログレッシブモードの動作の変更

プログレッシブモードの動作を変更するには、次のコマンドを実行します:

sudo /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg create -k "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\CurrentControlSet\Control\Citrix\Thinwire" -t "REG_DWORD" -v "ProgressiveDisplay" -d "<value>" --force

<value>が

0 = 常時オフ(いかなる場合でも使用しないでください)

1 = 自動(ネットワーク状態、デフォルト値に基づいてオンとオフを切り替える)

2 = 常時オン

自動モード(1)の場合、次のコマンドのいずれかを実行して、プログレッシブモードが切り替わるしきい値を変更できます。

sudo /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg  create -k "HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Citrix\Thinwire" -t "REG_DWORD" -v "ProgressiveDisplayBandwidthThreshold" -d "<value>" --force

<value>が<threshold in Kbps>(デフォルト = 2,048)

例:帯域幅が4Mbpsを下回ると、プログレッシブモードがオンに切り替わります

sudo /opt/Citrix/VDA/bin/ctxreg  create -k "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\CurrentControlSet\Control\Citrix\Thinwire" -t "REG_DWORD" -v "ProgressiveDisplayLatencyThreshold" -d "<value>" --force

値が<threshold in ms>(デフォルト = 200)

例:ネットワーク遅延が100ミリ秒を下回ると、プログレッシブモードがオンに切り替わります。

Thinwireのプログレッシブ表示