MDX Toolkit

Mobile Device Experience(MDX)Toolkitは、モバイルデバイスの使い心地や操作性を強化し、Citrix Endpoint Managementと共にアプリを安全に展開することができる、アプリコンテナテクノロジです。このために、次の情報をアプリに追加します。

  • モバイルアプリの管理(プロビジョニング、カスタム認証、アプリ単位での無効化、データ包含ポリシー、データの暗号化、アプリ単位での仮想プライベートネットワークなど)をサポートするためのコード。
  • 署名済みのセキュリティ証明書
  • ポリシー情報およびそのほかのEndpoint Management設定

MDX Toolkitは、組織内で作成されたアプリまたはサードパーティにより作成されたモバイルアプリを安全に対処させることができます。

最新の情報

  • Appleは、2020年12月から、UIWebView APIを使用してパブリックアプリストアにWebコンテンツを埋め込むアプリのサポートを終了することを発表しました。この変更は、完全トンネルモードでマイクロVPNを使用するように構成されたSecure WebやSecure MailなどのCitrix業務用モバイルアプリに直接影響します。 この情報の一部として、すべてのCitrix業務用モバイルアプリのWKWebviewのサポートが、20.11.Xのリリースで使用可能であると発表されています。

    Note:

    WKWebview does not support the Tunneled – Full VPN tunneling method. Customers using Tunneled – Web SSO (Secure Browse) as their microVPN will not be affected. Admins must switch tunneling methods to Tunneled – Web SSO (Secure Browse).

  • モバイルアプリケーション管理(MAM)SDKは、iOSおよびAndroidプラットフォームがカバーできないMDX機能の領域で代わりに使用されます。

  • MDX Toolkitは、2022年7月に製品終了(EOL)になる予定です。エンタープライズアプリケーションの管理を続行するには、MAM SDKを使用する必要があります。

    MAM SDKについて詳しくは、デバイス管理に関するCitrix開発者向けドキュメントを参照してください。詳細については、こちらのCitrixブログの記事でも確認できます。

    Citrixダウンロードページにサインオンして、SDKをダウンロードできます。

MDX Toolkit